私の闇の奥

藤永茂訳コンラッド著『闇の奥』の解説から始まりました

ロジャバ革命を世界の革命に

2017-07-12 23:21:20 | 日記・エッセイ・コラム
 シリア北部でロジャバ革命を推進しているクルド人たちを米国と西欧がどのように扱うか、ロジャバ革命の掲げる聖火が列強の残忍な打算の暴力によって無残に吹き消されてしまうのか、それともシリアに発して、世界中にリレーされて行くのか。イラクとシリアにまたがったイスラム國(IS)の終焉はシリア戦争の山場ではありません。米国側がロジャバをどうするかが、というよりも、ロジャバ革命がどうなるかがシリア戦争の山場です。
 米国はイラクに侵攻してサダム・フセイン政権を打倒し、北イラクにクルド人の自治地域とその政府(Kurdish Regional Government, KRG)を作りました。その現在の大統領で第一党クルド民主党(KDP)の党首であるマスウード・バルザニは米国勢力の傀儡であり、トルコのエルドアン大統領とも親密な関係にあります。この北イラクのクルド人自治地域はシリア北部のロジャバと呼ばれる地域と東西に続いていて、その境のイラク側のシンジャル山周辺はヤズディ教徒たちの昔からの居住地域です。2014年8月初め、ISがシンジャル地域のヤズディ教徒に襲い掛かり、虐殺、女性略奪など悪逆の限りを尽くした顛末は、去る3月に二つの記事『シンジャルのヤズディ教徒に何が起きているか』(1)、(2)で取り上げました。このヤズディ教徒たちはKRGの管轄下にあったわけですが、KRGの軍隊は襲撃してきたIS軍に何の抵抗も示さず地域から撤退しました。その2ヶ月前、数千のIS軍は数万のイラク国軍を蹴散らしてイラク第二の大都市モスルを占領し、戦車など重火器を含む膨大な量の兵器を手に入れましたが、その当時、KRGもISもエルドアン大統領のトルコと米国の両方と密に接触していたことは、今では、確立された歴史的事実ですから、シンジャルとモスルで起こったことは、筋書き通りに事が運ばれたという事であったのでしょう。これに続いて2014年9月には、IS軍はトルコとの国境に接するシリア北部の小都市コバニに殺到しますが、その地域からアサド大統領のシリア政府軍は2012年7月に自主的に撤退していて、コバニはロジャバ革命の活力の中心でした。そのことを考えると、ISのコバニ攻撃は、本質的にはトルコのエルドアン大統領の注文であったのでは、という推測が成立します。トルコ領内の米軍基地から進発した米空軍戦闘機による対IS空爆が功を奏してクルド人民防衛隊(YPG/YPJ)が遂にISを撃退したというストーリーは正しくありません。コバニ戦勝の理由は何よりもまず、クルド人兵士たちの熾烈堅固な闘志にありました。そもそもコバニの死闘の進行中にも、米空軍による IS爆撃は、むしろ、シリア国土のインフラ破壊に効果を上げているという報道が飛び交っていたのを記憶しています。
 2017年6月25日付けのブログ記事『ISの最後の謎が解けた(2)』で紹介したディラー・ディリク(Dilar Dirik) というクルド人女性の最近の力作論考に
Radical Democracy: The First Line Against Fascism
があります。その書き出しにコバニの戦勝への言及があり、2014年10月、一人のYPJ女性兵士アリン・ミルカンの自爆行為がクルド人側の究極の勝利への転機となったと書いてあります。

https://revolutionarystrategicstudies.wordpress.com/2017/04/02/radical-democracy-the-first-line-against-fascism/

It was Arîn Mîrkan, a young, revolutionary, free Kurdish woman, who would become the symbol of Kobane’s victory — the city that broke the myth of the undefeatable fascism of ISIS. A fighter of the Women’s Defense Units (YPJ), Arîn Mîrkan detonated herself in October 2014 near the strategically critical Mishtenur Hill to rescue her comrades and to capture the position from ISIS. This eventually shifted the battle in favor of the People’s Defense Forces (YPG/YPJ) and other co-operating armed groups, pushing ISIS onto the defensive. After months of tireless fighting, which moved the US-led coalition to provide aerial military support, Kobane was free.

クルド人民防衛隊(YPG/YPJ)がコバニ戦で示した驚くべき戦闘力は、トルコと米国の予期しなかったことで、エルドアン大統領にとっては誠に苦々しい失望でしたが、米国(CIAとペンタゴン)はYPG/YPJを新しい代理地上軍として追加採用することを思いつきます。いわゆる穏健派反政府軍と過激IS軍に勇猛なクルド人民防衛隊を加えた三本立ての代理地上軍を操って“独裁アサド政権”の打倒とシリア国土の分断を米国は狙ったのでした。これは私の独断的見解ではありません。コバニ攻防戦終結の直後から現在にいたるまで、類似の見解は多数の人々によって表明されています。直後に現れた論考の一例を下に掲げておきます:

https://syria360.wordpress.com/2014/11/16/the-war-in-rojava-kobanis-fall-is-a-prerequisite-to-an-invasion-of-syria/

 2017年4月3日付けの星条旗新聞(Stars and Stripes)は、コバニ近傍に米国空軍基地が建設されたことをアッケラカンに報じています。国際法上は勿論のこと、ロジャバのクルド人たちもコバニがシリアの領土内にあることを認めているのですから、これは明白で大々的な国際法違反です。その新聞記事の中にはシリアの他の部分にも米空軍基地が建設されているとあり、その数は現在7箇所に及んでいます。米国はそこから戦闘爆撃機を発進させ、クルド人民防衛隊に必要な武器弾薬を与えてISの首都ラッカの攻略作戦を進めています。

https://www.stripes.com/news/us-expands-air-base-in-northern-syria-for-use-in-battle-for-raqqa-1.461874#.WWS22KOKVBy

 米欧がやりたいこと、やろうとしていることは見え透いています。ラッカの攻略作戦の任務を実際に担い、死傷者を出しているのは主としてクルド人民防衛隊(YPG/YPJ)ですが、表向きにはYPG/YPJはthe Syrian Democratic Forces (SDF、シリア民主軍)という反政府勢力の一部ということになっていますから、クルド人民防衛隊の犠牲において占領したラッカ一帯の地域は、SDFという反政府組織に属すると米欧は主張するでしょう。では、米欧はロジャバ地域をどう処理しようとするか? それは、マスウード・バルザニのKRGの支配下にロジャバをそっくり吸収してしまうことです。そのステージを用意するために、バルザニ大統領は北イラクのクルド人の自治地域を正式にクルド人の独立国家とする運動を積極的に推進しています。その具体的な第一歩として、去る6月7日、バルザニは住民投票の実施日を9月25日に設定したと発表しました。このバルザニの動きに対して、マスコミは、イラク政府も、自国内に大きなクルド人人口を抱えるイラン、シリア、トルコも反対の立場を取っていると報じていますが、この時点でのバルザニのこの動きには、背後にトルコと米国があるのでは、と私は推察します。
 獄中の指導者オジャランの思想に基づいたロジャバ革命を推進する北部シリアのクルド人とバルザニのKRGの支配下にあるクルド人との間には、分裂があります。クルド人の間での亀裂です。これについては、以前に(2016年11月19日)の記事で書いた通りです。私の見解は8ヶ月経った今も全く変わりません。
 ただ、この数ヶ月の間にロジャバ革命の理念に賛同し、その支持行動を実践する人々の数が、クルド語の圏内でも圏外でも、大幅に増加しているのは注目に値します。バルザニがクルド独立国家の住民投票を通じて鼓舞しようとしている旧来の民族意識、国家意識は、ロジャバ革命の理念においては、むしろ排除すべきものとされています。バルザニ系の報道機関は、米軍の支持のもとにシリア北部で占領地域を拡大しているクルド人民防衛隊(YPG/YPJ)が非クルド民族に対して民族的差別を行なっているというニュースを流すことがありますが、これは為にする誤報であると思われます。むしろ、ラッカの周辺でクルド人民防衛隊によってISの支配から解放されたアラブ人たちの間にもロジャバ革命の理念への共鳴者が急増している兆候が見えます。
 このブログ記事の初めに言及した『シンジャルのヤズディ教徒に何が起きているか』(2)(2017年3月31日)を次のような文章で締めくくりました:
**********
・・・・・ネット上で拾うことの出来るいくつかの記事を読むと、ロジャバ革命が高く掲げる理念の素晴らしさとその実現の可能性をヤズディの高齢の女性たちまでが理解し、彼女らの真の敵が誰であるかをしっかりと承知し始めているようです。米国の武力支援を得て、ロジャバの人民防衛隊(YPG,YPJ)がIS支配の恐怖から解放しているラッカ周辺の非クルド人地域のアラブ人たちも、ロジャバのクルド人たちに接し、彼らが実際に彼らのロジャバ革命の理念に従ってあらゆる人々に(もちろんヤズディ教徒たちを含めて)何らの差別もなく接することから、誰もが平和に日々の生活を営むことの出来る可能性を積極的に信じ始めているのです。
 もっと端的に言えば、こうです:ロジャバ革命を推し進めるクルド人たちは、クルド民族の独立国家の設立を目指してはいないのです。如何なる宗教伝統、文化伝統、言語伝統をもつ人々も、お互いの立場を尊重しながら隣人として生活共同体を形成できると信じるのがロジャバ革命の理念です。イスラム教シーア派もイスラム教スンニ派もキリスト教徒もヤズディ教徒も、誰かが誰かを制圧する、あるいは、虐殺抹殺しようとすることなしに生活することが可能だとするのがロジャバ革命の理念です。男性による女性の抑圧も基本的な改正を要する人間関係です。上に述べたように、米欧もエルドアンのトルコもISが撤退した後のラッカ地域をロジャバのクルド人勢力下に置くつもりは全くありません。しかし、ラッカ地域のアラブ人たち自身がロジャバ革命の理念に惚れ込み、それに従って政治的に行動するようになったらどうなるでしょうか?
 現在、マスウード・バルザニ大統領とその政党KDPが支配しているイラク北部のクルド自治地域の政府は、一般的な呼称としてKRG(Kurdistan Regional Government )と呼ばれていて、政府とその下のクルド人たちは、バグダッドのイラク政府が弱体化してクルド人の長年の夢であるクルド人の独立国家が実現することを望んでいることでしょう。そして、上述したように、これはトルコと米欧の思惑の枠内に抵抗なく収容されうる一つの選択肢と考えられます。クルド民族による独立国設立を目指すマスウード・バルザニ大統領の勢力とオジャランを思想的指導者と仰いでクルド民族の独立国家の設立を目指していないロジャバ革命のクルド人勢力とは、こうして、深刻な対立関係にあります。このクルド民族内の対立関係がシリア問題、ひいては、中東問題のこれからのピボットになって行くと私は考えます。私の心底からの願いは、今翻訳中の小冊子のタイトルの通り、ロジャバ革命という小さな鍵が中東平和、世界平和への大きな扉を開けてくれることです。すでにヤズディ教徒のクルド人に伝染したように、オジャバ革命の理念がイラク北部のクルド自治地域のクルド人たちの間にも広がって、現在のトルコ、シリア、イラク、イランの国境線がそのままに保たれたまま、三千万人を数える世界最大の“少数民族”クルド人が多数派住民である平和共存の広大な地域が中東に出現して、そのついでに、世界核戦争の危険性も次第に消えてゆく、これが私の大きな夢です。
**********
 確かに、これは大きな夢です。この夢の前に立ちはだかる高い障壁の数々が、ISの首都ラッカの陥落の後に、具体的な形をとって、我々の前にその姿を現すでしょう。とりわけ、ロジャバのクルド人たち、トルコのクルド人たちの苦難は深刻さを増すばかりでしょう。リビングルームのソファに座ったままでロジャバ革命に声援を送っている私のような人間はどうすればよいのか?
 世界の左翼的論客の中には、ロジャバの人民防衛隊(YPG,YPJ)が米国から重火器を含む大量の武器弾薬の供給を受け、約千人の米軍特殊部隊兵員とともに地上作戦を展開し、支配地内の数カ所に米空軍基地の建設を許していることを非難する向きもあるようです。それはロジャバ革命を帝国主義の元凶(米国)に売り渡す行為であり、革命の精神を全く裏切る(sell out)ことだというわけです。しかし、私は、自らの生命を賭して戦っているロジャバのクルド人たちに、もっと身を寄せて考えるべきだと思います。彼ら彼女らが立ち向かっている悪の巨大さに想いを馳せ、改めてクルド人女性ディラー・ディリク(Dilar Dirik) の声に耳を傾けましょう:
**********
For the people whose families were being massacred by ISIS, the ease with which Western leftists seemed to advocate for the rejection of military aid in favor of romantic notions of revolutionary purity, were incomprehensible to say the least. Advocacy of unconditional anti-imperialism, detached from real human existence and concrete realities, is a luxury that those far removed from the trauma of war can afford.
「イスラム國兵によって家族を虐殺されつつあった人々にとって、革命の純粋性というロマンティックな観念を掲げて米国からの軍事援助の拒否を鼓吹するかのような人々の口の軽さは、何としても理解に苦しむところであった。生身の人間の存在と生の現実から遊離した、無条件な反帝国主義を唱えるのは、戦争のトラウマから遠く離れたところにいる人間たちだけが享受できる贅沢だ。」

https://revolutionarystrategicstudies.wordpress.com/2017/04/02/radical-democracy-the-first-line-against-fascism/

**********

藤永茂(2017年7月12日)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バナ・アベド、シリアのアン... | トップ | ロジャバ革命記念日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お元気ですか。 (池辺幸惠)
2017-07-15 04:10:35
先生、おひさしぶりです。相変わらず真実の扉を開けてくださって感謝しています。安倍政権の化けの皮がようやく剥がれてきています。facebookのコメントに先生の名前を書いたので、その文をここにコピーさせていただきます。どうぞお許しくださいませ。
===========================
 安倍政権は、前川さんをはじめ文科省の46人だった? 安倍政権にとって物申す煙たい人たちを、天下りさせたとして揃って首切ってますからね。他の省庁でもそのくらいの天下りは当たり前にしてきてたのに文科省だけをそれも官邸が取り上げたのは醜い魂胆ありです。それに生活のために面従腹背の人もまだいるでしょうし、長いものに巻かれろ組みもね。官僚もまたしがない一兵士なのですよ、それに政府で働いてるのが得意満面という俗物も多いでしょうし。そんな中、前川さんみたいに本当に高邁な精神を持って自ら動いている方は本当に稀だと思います。また、そういう信頼できる方だから文科省の中で次官にまでなれたのでしょう。
 しかし、エリートとされる官僚で一番問題なのは、特に外務省や財務省のエリートたちのほとんどはアメリカでしっかり教育を受けてきていてアメリカの言うなりになっている方が多いことですね。日本でなくアメリカのために働らくのをよしとする歪んだエリート意識、いえば奴隷・隷属意識です。
  例えば小田実とか、鶴見俊輔、藤永茂さん・・・みたいに反骨の精神構造の人たちは懐柔されず帰ってきて、アメリカの資本主義の巨悪を暴いてますが、大抵は留学でアメリカに従順になるように飼いならされて帰ってきています。特に財務省・外務省はアメリカのためにアメリカからの課題をこなすことに懸命になるという、国を日本国民を忘れた外国かぶれのエリートさんたちに占められているようです。
  かと言って戦前の軍国レジームに戻したいという安倍政権がアメリカの言うなりと言うのも怪しいニセモノってことです。結局彼らの大和魂ったって、売国奴のウソっぱちってことです。美しい日本をと言いながらここまで日本を地に落として真っ黒にした張本人が、そんな愚かしい自分に気づいていない状況は、あまりに人材に貧困な日本の政治のあり方でしょう。政治家こそ、真に真っ当な正義の人・慈愛の人であるべきです。私心私欲のためでなく、世のため人のために働ける人、つまり権力を持つ人は北欧みたいに、高給取りでなくボランティア精神旺盛な人にすればいいのですよ。それには世界一高い供託金なんて民主主義だったら到底ありえないことです。国民を政治から遠ざけてきた悪の権化の自民党を今こそ解散させましょう。怖い軍国主義の日本会議も潰さねば、子や孫の未来が危ういです。私たち一人一人が声をあげ立ち上がる時です。
  http://blog.goo.ne.jp/goo1818sigeru
Unknown (グッキー)
2017-07-17 09:04:04
「革命、理想」
パンが無いよ~(効率的で公正な経済)
「自由、平等、博愛」
霞ばかり食べてられない。
革命、理想には効率的で公正な経済が共わなければ成らない。

安倍批判の声は大きいが、プラグマティックな思考が見当たらない。
ポデモス、アイスランド海賊党にはプラグマティックな思考が有る。

現在、一番求められて居るものは財政破綻という言葉に対抗できる経済理論。
左派が財政破綻という言葉に勝てれば簡単に政権を取ることが出来る。
学費無料も医療費無料も十分な福祉もすべて出来る。貧困も無くせる。

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。