本と旅とやきもの
内外の近代小説、個人海外旅行、陶磁器の鑑賞について触れていき、ブログ・コミュニティを広げたい。
 


Weblog / 

 例年であれば川端の菜の花を摘んでいる頃であるが、寒さのせいか生育に乏しい。ただ、山間部のこの地域と違って、陽当たりのいい平野部では今が盛りのようだ。
 
 大量に採った菜の花は茹でてから冷凍している。味噌汁の具にもパスタの具材にもなる。菜の花の次の採集はツクシ。ハカマを取るのが面倒だから油いためで一度だけ味わう。次はワラビ採り。発がん性があるというは本当かねぇ。

 残念ながらフキノトウをゲットしたことはない。よその畑の周りにあるが、勝手に入って、ほじくるわけにはいかない。まァ、道の駅に行けば、十数個入って250円だから買うに限る。天ぷらとふき味噌で早春を味わった。
 以前は川セリやクレソンも採れたがいつの間にか見かけなくなった。

 採集の最後はコシアブラである。東北ではポピュラーな山菜だが、九州ではほとんど知られていなかった(最近はJA系販売所で売られている)。誰も採らなかったからいくらでも確保できたが、美味しい天ぷらも食傷気味になる。

 ハイ、春の山の菜の話でした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« なんとかルー... 春が勝る »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL