本と旅とやきもの
内外の近代小説、個人海外旅行、陶磁器の鑑賞について触れていき、ブログ・コミュニティを広げたい。
 


Weblog / 

 以前読んだ時代小説に、「暦の上では秋だが、まだ暑い」という一文があった。定型化した表現であるが、舞台は江戸時代である。
 9月9日の重陽の節句は旧暦7月19日になる。暑いわけだ。秋分の日の9月23日でも、旧暦では8月4日になる。新暦では秋だろうが、旧暦ではまだまだ暑くて当然だ。

 別の作家の時代小説では「ふきのとうとたらの芽がザルにある」という文があった。正確な表現は忘れたが、ザルの中に両方が入っていたことは間違いない。
 ふきのとうとたらの芽は同じ春の山菜だが、採集する時期が早春と晩春ほどの差異がある。一緒くたにするのはいささか乱暴だと思う。

 どちらも筆がすべったのだろう。担当の編集者も気がつかなかったか。筋書の流れという大局とは無関係だが、こだわったことでした。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 外国名の略語 植物関連の本 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL