本と旅とやきもの
内外の近代小説、個人海外旅行、陶磁器の鑑賞について触れていき、ブログ・コミュニティを広げたい。
 


Weblog / 

 昨日、年配者の生き方に必要な「かきくけこ」について書いた。
 インターネットで検索すると、この「カ行」を頭文字とする法則めいたものが結構あった。日本語は少ない音節により同音異義が多いのだ。例えば「か」では快活、甲斐性、覚悟など精神論に使えそうな語彙だけでも相当数ある。
 
 さて、その「かきくけこ」のいくつか引用する。和語のものもあった。
 コミュニケーションの心がけとして、感謝、気遣い、苦言、謙虚、言葉遣い。
 
 成功するためのものとして、書いてみる、期限を決める、口に出す、計画を立てる、行動する。
 
 エッチなときに興奮させる女性の「かきくけこ」というものもあった。
 感じちゃう、緊張しちゃう」口でしてほしい、結構やばいかも、このままでいたいな。
 
 おあとがよろしいようで。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 市民講座で 女と女性 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL