本と旅とやきもの
内外の近代小説、個人海外旅行、陶磁器の鑑賞について触れていき、ブログ・コミュニティを広げたい。
 


Weblog / 

 どこのテレビ局でも、殺人の容疑者(法律では被疑者)について、リポーターはその近所の人たちにインタビューしている。あれ、必要とは思えない。
 
 「奥さんとよく買い物をしていましたよ」生活をしているのだから当たり前だろう。
 「おとなしい人です」、「挨拶をしますよ」、「子どもを可愛がっていますよ」こんな容疑者の人物像の情報が視聴者になんの役に立つのか。もっとも、リポーターが「どんな感じの人でしたか」と訊くからそんなコメントになるのでしょう。
 よもや「人殺しをする人だと思っていました」と答えるわけはないではないか。
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« ネコの世話 徒然草から »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL