歌う。講談師 川本三栄子 の応援ブログ 

「大和路らぷそでぃ」でおなじみ奈良県出身の歌手。また講談・浪曲等の「語り芸」でも活躍中。全国に向かって応援しています。

10月30日(日) 奈良県立美術館での講談2日目

2016-10-31 07:48:55 | 日記
10月30日(日)、奈良県立美術館での王寺町イベント風景を紹介します。
最初に達磨寺住職と王寺町学芸員の対談が、達磨寺の由緒について対談形式でお話がありました。
引き続いて川本三栄子さんが、王寺町に関係深い講談「聖徳太子と雪丸」を演じました。
「大和路らぷそでぃ」を出囃子代わりに、歌いながら登場、そして講談。
対談でも説明のあったお話を含めて、巧みな話芸で解り易く楽しく、満席の会場は一気に盛り上がりました。
なお、美術館では、~広島へ折鶴を届けよう~と、折鶴を作るコーナ」があり、川本三栄子さんが広島へ届けるそうです。
今回のイベントは美術館の「企画展 雪舟・世阿弥・珠光…中世の美と伝統の広がり」に連動するもので、
来場者の方々は本イベントの前後に企画展を鑑賞されていました。











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 全国組織 "仏教壮年会" で講... »

あわせて読む