大人に負けるな!

弱者のままで、世界を変えることはできない

多くの謎が残るSTAP騒動

2014-12-28 14:25:51 | 市民には何も知らされていない

理研から提出されたSTAP幹細胞の

 全ゲノム解析結果について

 第三者委員会は

 ES細胞由来だろうという結論を出しました

 http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20141226_1/

 

 

 

何者かが 故意に

 複数回にわたって

 ESを混入させた可能性が高いとしています

 

 また 現在の理研に在籍していない

 笹井氏や若山氏、小保方氏らの責任を

 強く問う内容となっています

 

つまり 理研にとって

 好都合な結果にまとめられたということです

 

ゲノム解析の結果を解釈するのは人間なので

 バイアスがかかる可能性は どうしても残ります

 

もともと 解析されたサンプルは

 全て若山研マウスから作成されたものなので

 ゲノムが酷似していることは想定内です

その中から 一致する部分を探し出すことは

そう困難ではありません

 

理研自身が選んだサンプルのみを解析し

 対照群との比較が行われなかったことも残念でした

 ゲノム解析には費用がかかるので

 やむをえない部分はありますが。。。

 

報告書を見ても

 「両者の遺伝的背景の相違によると判断された上記第6、第11、第12 染色体の SNPs クラスターを除外し、残った 1,290SNPsを用いて比較」

 「STAP 幹細胞 GLS には第 8 染色体のトリソミーがあったが、GOF マウスおよび ES細胞 GOF-ES にはなかった」

 

 などなど

 不一致はけっこう無視して結論を出している様子も見られます

 これでは いわゆる「聖書の暗号」効果が働く可能性を拭いきれません

 

 この結論を否定するわけではありませんが

 鵜呑みにもできないということです

 

 ES混入説が事実だとしても

 やはり謎は残されています

 

 以前に若山研で作成されたESと

 小保方研に残っていたESのゲノムは

 3種のSTAP幹細胞のうちの1つと

 近い特徴を持っていました

 

 しかし 若山研によると

 このESは小保方氏がやってきた時点で

 すでに研究所に無かったとされるもので

 どのような経緯で小保方研に渡ったのか

 詳細は謎のままになっています

 

 また 残り2種のSTAP幹細胞は

 若山研に残っていたESと特徴が一致します

 

 それを混入しえた状況だったとすると

 小保方氏が混入目的で自らESを保有し続ける必要は無かったはずです

 また 証拠を隠滅せず

 「ES」のラベルまで貼って

 堂々と職場のフリーザーに保管していたのも不自然です

 

 また 小保方氏が

 ES混入を知っていたとしたなら

 「必ず失敗すると分かっている」

 STAP再現実験への参加を強く希望し

 わざわざ恥の上塗りをしたことも理解できません

 

疑われた時点で

保有しているESを破棄し

体調不良を理由に退職すれば済んだはずです

 

 再現実験を辞退した若山氏は

 小保方氏とは比較にならないレベルの

 ESのエキスパートです

 度重なるESの混入があったなら

 なぜ 彼が

 それを一度として見抜けなかったのかも 謎です

 

 STAP(とされる)細胞とESでは

 見た目の大きさも 形も 全く違います

 若山氏ほどの経験があれば

 顕微鏡で一度確認するだけでも

 ES混入を認識できたはずです

 

 たまたま 毎回確認を怠っていたとしても

 たった一度確認しただけで

 混入を見抜かれるリスクがあるなら

 最も疑われる立場の小保方氏が

 それを実行したと考えるのも不自然です

 

 何より

 STAP現象の決定的証拠とされる

 胎盤の生成について

 第三者委員会では

 

「論文の図の説明には 2 つの矢印があって、胎盤と卵黄嚢とされているが、専門家の意見によれば 2 つとも卵黄嚢である可能性が高い」

 

としていますが

 この専門家が誰なのかは不明で

 胎盤とされた細胞組織の分析結果も不明のままでした

 記者会見でも 誰も突っ込みませんでした

 

 。。。ここは核心中の核心なので

 もっと徹底的に究明すべきでしょう

 

 卵黄嚢の発光が

 既知のES現象であるなら

 論文共著者「全員」が 胎盤と見間違え

 ネイチャーの審査員までも見落としているのは

 あまりにも不自然です

 その場合 関係者のほぼ全員が

 捏造に関与したことになります

 

 それとも 小保方氏が

 胎盤と卵黄嚢を全員区別できないことまで見越して

 ESを混入させたのでしょうか?

 そうだとしたら 小保方氏は

 ノーベル賞級の学者たちを専門分野でだませる

 超超超天才詐欺師です笑

 。。。それほどのIQがあるにしては

 基本的なデータの不備が多すぎます

 

何より 最大の謎は

 ES混入によって

 誰に どんなメリットがあったかです

 

 最も疑われる立場の

 小保方氏と若山氏は

 この件で名誉を大いに傷つけられました

 特に 小保方氏は

 事実上引退に追い込まれています

 

 小保方氏(あるいは若山氏)は

 STAP細胞が絶対に再現できないことを承知の上で

 わざわざ論文を発表し

 墓穴を掘ったのでしょうか?

 

 著者の中に犯人がいるという説は

 動機面で成立しないのです

 今回の報告でも 犯人は不明としています

 

 何より 推定無罪の原則からしても

 安易に特定の誰かを犯人扱いすることは

 慎まなくてはなりません

 

なお 今回の報告では

 若山氏や小保方氏だけでなく

 誰でもESを混入しうる状況であったことが

 明らかになりました

 あなたも容疑者なのです笑

 

そうなると ESを混入したのは

 論文共著者の誰でもなく

 この騒動によって被害を受けることのない

 第三者である可能性も出てきました

 

 その場合の動機は

 著者の誰かを陥れることだと考えれば

 どうにか説明がつきます

 

 もっとも これ以上の究明が行われる可能性は

 ほぼありませんが。。。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マララさん ノーベル平和賞... | トップ | ライオンから獲物を横取りす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。