大人に負けるな!

弱者のままで、世界を変えることはできない

ピューリッツァー賞写真も児童ポルノ?

2009-06-30 01:01:30 | 市民には何も知らされていない
この写真は、ナパーム弾で大やけどを負った9歳の少女キム・フックが、全裸で逃げ惑っているシーンを捉えた、あまりにも有名な写真です。

「戦争の恐怖」と題され、翌1973年、ピューリッツァー賞を獲得しました。

ヌードを即ポルノと解釈するならば、この写真は児童ポルノ以外の何ものでもありません。

この写真を「性的な目的で保有していない」ことを証明するのは、現実的には誰にも不可能です。

ピューリッツァー賞写真を持っていて、逮捕される可能性がある社会は、暗黒社会以外の何ものでもありません。

ヌードとポルノは別個に考えるのが現実的でしょう。

ポルノ規制の対象は、とりあえずただの半裸・全裸写真は除き

「児童の性行為」に絞るべきではないでしょうか。




よくわかる改正児童買春・児童ポルノ禁止法
森山 真弓,野田 聖子
ぎょうせい

このアイテムの詳細を見る




解説 児童買春・児童ポルノ処罰法
園田 寿
日本評論社

このアイテムの詳細を見る




幼い娼婦だった私へ
ソマリー マム
文藝春秋

このアイテムの詳細を見る



少女売買 インドに売られたネパールの少女たち
長谷川 まり子
光文社

このアイテムの詳細を見る



絶対貧困
石井光太
光文社

このアイテムの詳細を見る



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チビデブ男子が絶対に選んで... | トップ | 世界年金基金を創設せよ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (むの)
2010-08-13 23:31:10
まさにこのような写真を一般大衆の眼から遠ざけようというのが規制推進派の真の目的です。
「青少年育成」なんぞただの口実に過ぎません。

「はだしのゲン」を学校図書館から撤去させようと躍起になっている某ブログ主の言い分も
「あの作品は子供にふさわしくない」
ですから。
自由党と民主党が無駄に合体 (変態迷惑野郎)
2014-06-19 07:51:00
自由民主党ってあざとい団体って思って良いでしょうか?自由と言う言葉の意味を履き違えてる人達に…?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。