沖縄の話 Jom Jelajahi Malaysia!

沖縄の歴史と文化、培われた知恵を学ぶブログです。

ピョンヤン

2016-10-17 15:38:31 | 交通





北朝鮮の地下鉄。

ピョンヤンは、朝鮮半島西北部、大同江(テドンガン)の中流域準平原の北端高台にあり、人口320万人の朝鮮半島最古の都市といわれる街である。
現在は北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の政治・経済・教育・文化の中心地で、戦後金日成主席を中心とする朝鮮労働党政権下、緑豊かな近代都市に変身している。
全国人口の12%近くがピョンヤン(平壌)に集中しており、都心部は混雑を呈している。











日本では考えられない地下鉄の特徴を有している。
まず地下鉄は囚人も投入して1973年に作られた。
またこの地下鉄は秘密の地価軍事施設を結ぶ目的もあり、政府高官専用の秘密路線もあるといわれている。また核攻撃や戦争時の緊急シェルターとして機能するよう、地下深くに建設されている。

駅名も地名ではなく、北朝鮮の革命思想のテーマにちなんで名づけられている。
地下駅は大きな壁画やシャンデリアで飾られ、大理石も使用されている。
ここでも革命思想に関する壁画が飾られており、これらは人民へのイデオロギー及び文化教育という目的も兼ねている。

外国人が乗車できるのは、1駅間だけである。
そのため、外国人が地下鉄に乗る事は薦める事はできない。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バレンシア | トップ | 急ぐなか落ち着け »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。