沖縄の話 Jom Jelajahi Malaysia!

沖縄の歴史と文化、培われた知恵を学ぶブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

意地が出たら手を引け、手が出たら意地を引け

2016-10-18 08:45:02 | 人の言葉


かっとなったら手(暴力)を引き、手が出そうになったら怒りを静めよという教え。
糸満の白銀堂由来にまつわる黄金言葉

昔、沖縄の美殿という男が薩摩(現在の鹿児島県)の児玉という男から金を借りたが、返済日になっても返せずに切り殺されそうになる。
そこで美殿はこの諺を言い、少し待ってくれるように頼む。
その後、薩摩に帰った児玉は、妻が男と寝ている姿を見つけ、かっとなって刀に手をかける。
だが美殿の言葉を思い出し、よく見るとなんと男は男装をした母であった!
再び沖縄を訪れた児玉は、美殿に借金の帳消しを申し出るが受け入れられず、結局お金は洞窟に埋める事になった。
そこが後に「白銀堂」と名付けられたという。



『白銀堂に関するインターネットのサイト』


沖縄の民話

白銀堂の紹介

糸満の聖地

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シドニー | トップ | 先に行き、後で言え »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。