沖縄の話 Jom Jelajahi Malaysia!

沖縄の歴史と文化、培われた知恵を学ぶブログです。

デリー

2016-10-12 15:13:43 | 交通





インドの地下鉄。

デリーは、インド亜大陸北部。
デカン高原上、ガンジス川支流にあたるジャムナ川西岸にあたる人口1226万人の商工業都市で、インドの政治経済の中心地。
紀元前1世紀の王ラジャ・ディルによって築かれた都市であり、都市名となった。
1912年カルカッタからニューデリー建設を前提としてイギリス総督府が移転し、1931年に隣接してニューデリーが建設されて正式に首都となった。
オールドデリー(old:古いという意味)は道路が狭く、象牙商や宝石商などの家屋が密集しており、ムガル朝のモスクや宮殿が多いが、ニューデリーは近代的な都市計画によって設計され、広い道路や高級住宅が目立っている。


















デリーは1980年代に人口が倍増して1200万人を超え、これに伴い交通問題が深刻化した。
その為地下鉄が建設された。
1990年代から始まり、2021年までに4段階に分けて建設されている。
現在は第3段階にあたり、2016年末の竣工を予定している。

①駅の入り口はテロ対策の為に、X線危険物検知装置があり、所持品検査やボディーチェックが行われる。
②車内には高齢者用・身体障害者用・女性用の優先席がある
③車内には車内警備員(公安係)が1人乗務している
④構内では飲食・喫煙・ゴミ捨て・写真撮影・可燃物の持込が禁止されている

《インドといえば!》

インドの芸術 ダンサー











ヒンドゥー教の神様





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンガポール | トップ | 宇宙飛行士記念博物館 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。