沖縄の話 Jom Jelajahi Malaysia!

沖縄の歴史と文化、培われた知恵を学ぶブログです。

ソウル

2016-10-17 20:21:09 | 交通







韓国の地下鉄。

人口966万人のソウルは、百済・高麗の時代から栄え、李氏朝鮮の開祖、李成桂が風水上の吉地として都を置いて以来、首都として韓国の政治・経済・文化の中心地となった。
繊維・化学・機械などの工業が盛んで、外港である仁川とは鉄道・高速道路で結ばれている。
李王朝時代の5つの門や城壁、王宮、寺院など壮麗な宮殿や史跡が現在も保存され、ソウルで最も重要な観光資源となっている。
明洞・南大門や東大門市場などでの買い物も観光客に人気が高い。
1988年のオリンピック開催で急速に近代都市に生まれ変わった。





ソウル市は東西に流れる漢江(はんがん)を中心とする都市である。

ソウル市では交通カードを利用する事により、ソウル市の統合運賃制に参加する事業体にまたがって乗車する場合に、乗車・降車駅間の距離の合計で運賃が算出される制度を採用している。


















<韓国といえば!>

ソウル オリンピック スタジアム









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焦ると失敗する | トップ | シドニー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。