独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

北朝鮮ミサイル 稲田防衛相「特異な高度ではなかった」迎撃困難な「ロフテッド軌道」ではないとの認識

2017年04月05日 | 政治社会問題
北朝鮮ミサイル 稲田防衛相「特異な高度ではなかった」迎撃困難な「ロフテッド軌道」ではないとの認識
産経新聞 4/5(水) 10:31配信

 防衛省は5日、北朝鮮東岸の新浦付近から同日午前6時42分ごろ、1発の弾道ミサイルが北東に向けて発射され、約60キロ飛翔して東岸沖の日本海に落下したとみられると発表した。

 稲田朋美防衛相は弾道ミサイルの軌道について「詳細は分析中だが、特異な高度ではまったくなかったと認識している」と強調し、通常よりも高い高度に打ち上げて迎撃を難しくする「ロフテッド軌道」ではないとの認識を示した。

 弾道ミサイルの種類については「所要の情報をもとに総合的、専門的な分析を慎重に行う必要があり、詳細は分析中だ」と述べるにとどめた。防衛省で記者団の取材に応じた。

 また、発射の意図について稲田氏は、現在実施されている米韓合同軍事演習などを念頭に「何らかの訓練、弾道ミサイル開発活動の一環の可能性がある」と語り、「わが国および地域の安全保障に対する明らかな挑発行為で、断じて許すことはできない」と北朝鮮を強く非難した。

 防衛省・自衛隊は、稲田氏による「引き続き、情報収集・警戒監視に万全を期せ」との指示に基づき、幹部会議を開くなどして対応にあたっている。



敵地攻撃能力のない二ホん、、、、


ヤラれたらオシマイ、、、、、、、

反撃能力がないのだから防衛などできる訳がないが<<イカンイカン~~断じて許せない~~情報収集と~~>>コンナことをホザイている政府。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 籠池泰典氏「まるで別人」同... | トップ | 「戦前回帰」批判当たらず=... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む