独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

遺伝の「優性」「劣性」使うのやめます 学会が用語改訂

2017年09月07日 | 政治社会問題
奇妙な日本語をあててるので論理思考の妨げになることが多い。術語=テクニカルワードの日本語訳は汎ゆる分野で適切はない日本語に変換されてる、、、何十年も前の感覚で。


遺伝の「優性」「劣性」使うのやめます 学会が用語改訂
9/6(水) 19:11配信 朝日新聞デジタル
 遺伝の法則の「優性」「劣性」は使いません――。誤解や偏見につながりかねなかったり、分かりにくかったりする用語を、日本遺伝学会が改訂した。用語集としてまとめ、今月中旬、一般向けに発売する。

 メンデルの遺伝学の訳語として使われてきた「優性」「劣性」は、遺伝子の特徴の現れやすさを示すにすぎないが、優れている、劣っているという語感があり、誤解されやすい。「劣性遺伝病」と診断された人はマイナスイメージを抱き、不安になりがちだ。日本人類遺伝学会とも協議して見直しを進め、「優性」は「顕性」、「劣性」は「潜性」と言い換える。

 他にも、「バリエーション」の訳語の一つだった「変異」は「多様性」に。遺伝情報の多様性が一人一人違う特徴となるという基本的な考え方が伝わるようにする。色の見え方は人によって多様だという認識から「色覚異常」や「色盲」は「色覚多様性」とした。

 学会長の小林武彦東京大教授は「改訂した用語の普及に努める。教科書の用語も変えてほしいと文部科学省に要望書も出す予定だ」と話す。用語集「遺伝単」(エヌ・ティー・エス)は税抜き2800円。(編集委員・瀬川茂子)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レオパレス21が抱える、オー... | トップ | 巨匠ダリのDNA鑑定、霊媒師は... »
最近の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事