独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

独下院選、メルケル首相の4選確実 新興極右が第3党に

2017年09月25日 | 政治社会問題
メルケルのクソババアは、難民おいで~~などとほざきドイツの治安を悪化させた。

そして非難が高まると手のひら返しで難民申請を厳しくして<<25万円と航空券やるから帰れと政策変更>>すでに11万人を送り返している<<莫大な血税を使う>>

トンデモナイクソババアで政治家として資質がない。

ドイツ人はナチスのトラウマで妙な正義感を仮装している。



独下院選、メルケル首相の4選確実 新興極右が第3党に
9/25(月) 3:13配信 AFP=時事
独下院選、メルケル首相の4選確実 新興極右が第3党に
ドイツ連邦議会(下院)総選挙の出口調査結果が発表され、支持者らを前に演説する同国首相でキリスト教民主同盟党首のアンゲラ・メルケル氏(中央、2017年9月24日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】ドイツ連邦議会(下院)総選挙の投票が、24日行われた。アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)首相率いる保守系与党のキリスト教民主同盟(CDU)・キリスト教社会同盟(CSU)が勝利し、メルケル首相の4選が確実になった。一方で極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が初議席を獲得し、メルケル氏の勝利に影を落としている。

【写真21枚】「オクトーバーフェスト」開幕、雨天でも大盛況 ドイツ

 出口調査によると、過去12年間首相を務めてきたメルケル氏のCDU・CSUの得票率は約33%になると予想されている。

 これに続くのがマルティン・シュルツ(Martin Schulz)氏を首相候補に据えた社会民主党(SPD)だが、CDU・CSUに大差をつけられ20~21%にとどまる見通し。

 同国既存体制への爆弾的存在になるのが、反イスラム・反移民を掲げるAfDで、約13%の得票率を収めて第3党になるとみられている。【翻訳編集】 AFPBB News
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「奴らは遠からず姿消す」ト... | トップ | 脱デフレ達成できず=景気は... »
最近の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事