独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

「ウソつきババア」連呼で逮捕…86歳女が近所の61歳女性に7年間

2017年04月06日 | 政治社会問題


「ウソつきババア」連呼で逮捕…86歳女が近所の61歳女性に7年間
スポーツ報知 4/6(木) 6:05配信

 兵庫県警西宮署は5日、近所の女性(61)の自宅周辺で、大声で「うそつきばばあ」と言うなどの嫌がらせを繰り返したとして県迷惑防止条例違反の疑いで兵庫県西宮市愛宕山の無職・宮地当子(まさこ)容疑者(86)を逮捕した。「言ったことに間違いない」と容疑を認めているが「相手から嫌がらせを受けていた」と供述している。同署では約7年間にわたり、嫌がらせをしていたとみて調べている。

 逮捕容疑は今年1月10日頃から2月16日頃までの間、被害者の女性が自宅から出勤する際、大声で「うそつきばばあ」「謝れ」と言うなどの嫌がらせを繰り返した疑い。

 同署によると、約7年前、被害女性が自治会の役員をしていた際、宮地容疑者の自宅の前にごみ置き場が設定されたことが、嫌がらせの発端とみられる。ごみ置き場は輪番制だったとみられるが、宮地容疑者は納得せず、嫌がらせによる報復に出た模様だ。

 被害女性は数年前から家族とともに西宮署に被害を相談をしていたが、立件には至らなかった。昨年7月に改正条例が施行され、迷惑行為の適用範囲が広がっため、逮捕につながったという。

 宮地容疑者宅は閑静な住宅密集地。「今年も正月三が日を除くほぼ毎日、嫌がらせがあった」という近隣住民の声もあったという。現在、ごみ置き場は宮地容疑者宅前に置かれていないという。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴルフレッスンプロ、1000人... | トップ | ゼネコン31社、半数に農水... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む