独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

10億円をくれてやる。 こうした安倍政権の失政が、 このような事態を引き起こしている。

2016年12月31日 | 政治社会問題
戦えない 自民党。

http://blog.goo.ne.jp/wagasato/e/624841c07ef3c454e83d7a3ab5ed79ce?fm=rss

10億円をくれてやる。

こうした安倍政権の失政が、

このような事態を引き起こしている。

 

ウイーン条約に違反した、このような行為を

韓国当局が取り締まれないならば、

日本政府は釜山の日本総領事館員を、

抗議の意味で 日本本国に、引き揚げさせねばならない。



2016 12 31 撤去の少女像、再び設置 釜山の日本総領事館前【岩淸水・保管記事】





撤去の少女像、再び設置 釜山の日本総領事館前

2016年12月31日 00時42分

韓国南部・釜山の大学生や市民団体が30日午後、日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦問題を象徴する「少女像」を設置した。31日夜、像の除幕式を行う。日本政府は像を設置させないよう韓国政府や釜山市に繰り返し求めてきた。

韓国外交省は30日夜、「外国公館への国際儀礼や慣行を考える必要がある。我が政府や当該機関が慰安婦問題の歴史の教訓を記憶する適切な場所について知恵を絞ることを期待する」とのコメントを発表した。「日韓合意を着実に履行するという我が政府の立場に変わりはない」とも記し、少女像の設置を歓迎しない立場を示唆したが、撤去については言及を避けた。

 韓国政府は、日韓外交を維持する必要に迫られる一方、対日批判で燃え上がった世論との間で板挟みに陥っている状態だ。
(記事の全文は、こちら をクリックしてご覧ください。)



2016 08 03 マイナーチェンジ【わが郷・日記】 少女芝居の プロデューサー。 【わが郷】

あたかも日本の為に戦っている様な言辞をするが、実際はチンピラみたいな工作員の嫌がらせに屈して、10億円もの大金を婆さん達を通じて、敵の放った間諜共に支払う。馬鹿なのか。政治家になり、国会議員をやっているくらいだから、ものの善し悪しの判断は出来るはずだ。靖国参拝を控えるなどと、脅しに屈しつづけたから、相手はつけあがってきた。民進党などの野党勢力が、朝鮮系などの特ア勢力なのは、ネット等の普及で知れ渡ってきた。

だが、ネットの自称保守派の論調が甘いのに後押しされて、自民党の諸君はその職責から逃げている。

庶民には自民党議員諸君の身元調査を徹底する。そのような余裕はない。そこで、氏名だとか言動で推量する。ならば自民党議員の半分以上も、やはり特アの朝鮮だとか台湾系なのだろう。つまり、国会は特ア朝鮮系などの、茶飲み芝居の誤魔化しばかり。敵であるはずの、野田政府が為した、消費税増勢、TPPへの参加、そしてガラクタのオスプレイなどの購入。これらの悪政を、安倍自民党も追認したままだ。是こそが、国会では茶番ばかりと云われる所以なのだ。

沖縄の米軍をたたき出して、日本国内の工作員の後ろ盾を取り除く。

まさかの事、時期米国大統領のトランプ氏が、このように表現するわけにも行かぬ。

それで、「経費負担が無ければ、米軍は引き上げる。」等と云っただけのこと。この好機を捕らえて、日本国の軍事的な自立をいっそう進める。これに取り組めない、愚図で屁垂れな自民党だから、韓国の若い工作員ごときに、虚仮にされてしまうのだ。

サンフランシスコ講和条約 サンフランシスコ講和条約

偽計と暴力によってなされた取り決めなんか、当たり前の常識から判断すれば、無効なのに決まっている。台湾だとか朝鮮半島は、米穀の穀潰しどもに奪われたままだが、1972年に沖縄の施政権は取りもどした。つまり、広範な大衆の戦いによって、サンフランシスコ講和条約で米国の施政権下に組み込まれていた、その沖縄を取り返した。ところが、当時の佐藤栄作首相は、米軍が沖縄に居座ることを許し、そのうえ日本国の核武装を放棄すると約束してしまった。故に、それからの日本政府は、講和条約に縛られるだけではなく、無様な非核の誓いを自ら信仰することとなった。

だらけた自民党政治が、韓国ごときに舐められる。そのような状況を作ってきた。

非戦闘員の多く住む、広島と長崎に原子爆弾を落された。そして東京などの大都市では、木造家屋を焼き尽くして、無辜の住民を焼き殺す。そのような国際法違反の攻撃で、多くの人々が酷くも殺されてしまった。そして、歴代の戦後ニホン政府は、この非道を非難することもなく、のうのうと国会議員という重責の中で昼寝をしているだけだった。このようなだらしない有様につけ込まれた。たかが大学生だとか、そこいらへんのチンピラアンちゃんだとかネエちゃんの、その程度の工作員に虚仮にされる。故にニホンの政治は、四流だと馬鹿にされる。馬鹿にされるから、余計に侮日の工作が増大する。

民進党代表の蓮舫は、台湾との二重国籍を長年放置してきた。

このような工作員の議員は、国会から放逐せねばならない。

それが出来ない自民党政治は情けない。

そして、蓮舫が民進党代表だから、政治がしやすいなどと惚けたことを云う。外国の工作員なんか、トットと国会から摘みだす。その上でないと、まともな国会運営は出来ない。しかし、蓮舫のような屑がいるから、自民党の悪が霞んでくる。こうした温湯のなかで、講和条約の鳥かごの中で、自民党議員の頭も茹で上がっている。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 除夜の鐘「うるさい」と苦情... | トップ |   石像損壊疑いで、年明けに... »
最近の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事