独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

対馬沖と沖ノ島沖で領海侵入 中国公船が立て続けに

2017年07月16日 | 政治社会問題
長崎県の対馬沖と福岡県の沖ノ島沖の領海に、中国の公船が立て続けに侵入しました。どちらの海域も領海侵入は初めてです。

 海上保安庁によりますと、15日正午ごろ、中国海警局の船1隻が対馬の沖合の日本の領海に侵入し、約30分にわたって領海内を航行したということです。その4時間後には、同じ船が別の船とともに沖ノ島の沖合の領海に侵入しました。どちらの海域も、中国の公船が領海に侵入したのを確認したのは初めてです。
【関連記事】
警告に応じず領海侵入する中国船 海保が映像公開
“領海侵入”に中国大使「魚が捕れる場所だった」
中国海軍の艦船が領海侵入 津軽海峡では初めて
北に独自制裁へ 「領海侵入なら船体没収」新法検討
稲田防衛大臣が米で講演 中国の領海侵入を批判




先日は、中国の情報収集軍艦が堂々と津軽海峡を抜けていった!!

最早、尖閣上陸は時間の問題で、さらに、沖縄どころか二ホン本土も侵略の具体的な対象だ。




翁長や蓮舫民進党、共産党や福島瑞穂社民党などは<<熱烈歓迎の旗を持ち出迎えるだろう>>
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国公船の航行 領海内で初確認 | トップ | <蓮舫代表>戸籍公開、危惧... »
最近の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事