独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

物価上昇率、日銀下方修正へ…「2%」達成遠く

2017年07月14日 | 社畜奴隷の二ホン、、世界で稀な勤勉な馬ヵ


小学生でもわかる、、、、

庶民の懐が潤い、初めてインフレ傾向となる。

庶民のインカムを激減させて、、物価上げるなどナンセンスということなど子供でも分かることだ!!!

こういう馬ヵ政府は先進国で日本だけ、、、、


物価上昇率、日銀下方修正へ…「2%」達成遠く
7/13(木) 15:15配信 読売新聞
 日本銀行は、2017年度の物価上昇率の見通しを下方修正する方向で調整に入った。

 景気回復で人手不足感が強まり、賃金は上昇しているものの、消費者の節約志向は根強く、価格に転嫁できない企業が多いためだ。4月に示した「1・4%」から、1%強に引き下げる公算が大きい。

 日銀は、19~20日に開く金融政策決定会合後に公表する「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、最新の物価見通しを示す。

 消費者物価の上昇率は、値動きの大きな生鮮食品を除く「総合」で、0・4%(5月分)にとどまっている。原油価格の上昇が一服していることから、今後も大幅な上昇は見込めない状況だ。

 決定会合で投票権を持つ9人の政策委員(正副総裁と審議委員6人)の大半は、「物価が上昇していく基調は変わらないが、本格的な上昇には時間がかかる」との判断に傾いている。黒田東彦(はるひこ)総裁の任期である18年4月までに、目標とする「2%」を達成するのは極めて難しくなった。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日社説「蓮舫氏の戸籍公開... | トップ | 「年商10億円の女性社長」“偽... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む