独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

正恩氏立ち会いICBM発射の映像公開 北朝鮮メディア

2017年07月29日 | 政治社会問題


先日は北が飢饉で飢えてるので助けるべきなどと国連が言い出した。

そして国連はミサイル発射には黙り、、、、

国連が世界に戦争の種を巻いてるビジネスと普通の知能が有るなら分かる。


 北朝鮮が28日夜に発射した弾道ミサイルについて、北朝鮮メディアは29日午前、金正恩委員長が立ち会って「ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験に成功した」と報じました。

 日本政府によりますと、弾道ミサイルは28日午後11時42分ごろ、北朝鮮中部の舞坪里(ムピョンリ)付近から発射され、過去最長となる約45分間飛んで、北海道の西側、日本のEEZ(排他的経済水域)内に落下したとみられます。高度は3500キロに達したということです。アメリカ政府はICBMと断定しました。
 一方、北朝鮮の朝鮮中央通信は29日午前、「ICBM『火星14』の2回目の試射に成功した」と報じました。金正恩委員長が視察し、「我々がICBMの試射を行ったのはアメリカに重大な警告を送るためだ」と述べたということです。また、「ICBMの信頼性が再度、実証され、任意の地域、場所から任意の時間に奇襲発射できる能力が誇示された」とし、「アメリカ本土全域が射程内にあることが実証された」と伝えています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出川哲朗が「抱かれたくない... | トップ | 国際政治学者だから気づいた... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む