独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

苦境の大塚家具 創業者の父が娘、久美子社長にアドバイス「今なら間に合う」

2017年09月30日 | 日記
大塚と安家具屋は、そもそも客層が異なる。

これを娘が理解しなかった。

仮に、安いのと張り合うなら<<別のブランドを作るべきだったな>>

中古家具も同じで、別ブランドで店をセパレートスべきだった。

娘さんは海外留学も有り才女らしいが<<商い、、〉〉は学問が出来るだけでは無理なんじゃよ、、商売人の勘センスが要る。




苦境の大塚家具 創業者の父が娘、久美子社長にアドバイス「今なら間に合う」〈週刊朝日〉
9/30(土) 13:52配信 AERA dot.
苦境の大塚家具 創業者の父が娘、久美子社長にアドバイス「今なら間に合う」〈週刊朝日〉
大塚勝久(おおつか・かつひさ)/1943年、桐だんすの産地として有名な埼玉県春日部市の桐だんす職人の息子として生まれる。10代のころから父の店を手伝い、69年、社員24人の株式会社大塚家具センターを設立。15年7月には匠大塚株式会社を立ち上げた(撮影...
 大塚家具の創業者の大塚勝久・元会長(74)。1978年に東京に第1号店を出し、日本を代表する家具販売大手に成長させた。長女の久美子社長(49)との経営権を巡る争いで2015年に会社を去り、高級家具販売の匠大塚を立ち上げた。その勝久氏はいま、久美子氏の大塚家具に「頑張れ」とエールを送る。

【写真】匠大塚の本店にある高級テーブル用の一枚板の展示コーナーはこちら

 実は大塚家具は苦境に立たされている。2月に発表した2016年12月期決算は、創業以来最大となる45億円の赤字。17年12月期ではさらに上回る63億円の赤字になる見通しだ。「無借金経営」を維持していたが、長年積み上げてきた内部留保も急速に減少している。長女の苦境を創業者はどう見るのか。

「これはもう、つらいですよ。ここに来ている半分以上が、大塚家具のお客さまです。それがつらいです。お越しいただけるのありがたいんですが、大塚家具がダメになってしまうというのは非常にさびしいです。うちにいる社員もそう思ってますよ。お越しいただけてありがたいですが、さびしい。やっぱり、頑張ってもらいたいです」

 大塚家具が注力する中古家具を買い取って販売するリユース事業は、失敗だと指摘する。接客サービスについても「原点回帰」が必要だと訴える。

「ああいうリユースを始めるしかお客さまを求める方法がなかったんじゃないかと思いますが、一番やってはいけないことです。リユースは昔、(大塚家具に)いる時に、久美子と話したことあるんです。2020年の東京五輪が終わった後は、不景気になるだろうからそれも考えたほうがいい。その代わり、今まで大塚家具で売った商品だけ。そうすると買い替えしていただける。やるんだったら春日部に大きなリユースセンターを建てよう、と。そういう構想はありましたが、まだその時期ではないと思います。五輪前の今こそ富裕層がものを買う時なのに、どうして逆の方向に進んでしまうのでしょうか」

「接客方針も、商品の魅力をしっかり説明できる対面販売を重視していた、以前のやり方に戻すべきです。いつ久美子が決断するか。元に戻すしかないと思います。まだ今なら間に合うと思います」

 家具業界ではニトリとイケアに勢いがあり、価格競争が激しくなっている。

「私は競争相手ではないと思っていました。大塚家具に来られたお客さまによく説明して、今回はニトリさん、イケアさんで買っても、次は必ず来てくれるよと。そういう経営をしていましたから。でも大塚家具は競争の激しいところに入っていった。大塚家具しか持っていないものがあったのに。私の立ち上げた匠大塚は、大塚家具よりさらに上の価格帯だと見られています。そこがちょっと苦労してるところです」

 経営権を巡る争いも、一部の株主や金融機関に久美子氏は「利用された」とみている。争いをきっかけに、家族としてのコミュニケーションもなくなったという。

「経営権の争いで得をしたのは、外資系ファンドなどほんの一部。一番気の毒なことをしてしまったのは大塚家具のお客さま。大塚家具で買うことを自慢にして下さっていたのに、それが私は一番、申し訳ないと思う。社員もそうだと思います。でも、あれしか方法なかったんです、私は」

 大塚家具と匠大塚との業務提携や、経営復帰の可能性は否定する。一方で、久美子氏については、「親子ですから」と心配する表情を見せた。

「こうなってしまったら頑張っていただきたい。健康に気を付けてほしいです」

 いまは匠大塚の事業に集中しているという。百貨店との協業にも前向きだ。

「商品をそろえるのもなかなか難しかったです。『順調ですか』と聞かれますが、もう少し待っててください。ここまでするのが大変だったんです。これからどんどん、販促もしていきます。

 百貨店さんに家具を扱ってもらえるよう動いています。なぜかというと、百貨店さんに家具がないんです。我々の年代になると、やっぱり買うからには近くで買いたい。そうすると百貨店さんなんです。なんとか百貨店に家具売り場を戻してもらいたい。昔は競争してましたが、百貨店さんがやってくれないと、家具業界がダメになってしまいます」

 一代で築き上げた会社を離れたことは、こう振り返る。

「寝ずに働いてあそこまでしたわけですから、今でも悔しいです。あの時は、もうあれで終わりだなと思ってました。大塚家具の株は全部処分して、もう諦めて完全に切りました。ただ、辞める社員の受け皿のためにも、匠大塚を立ち上げました。家具業界を守るために、私も頑張るしかありません」
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不良タイヤで、、、フィリピン | トップ | ツバ吐かれ謝罪求め…韓国籍の... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事