独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

「二重国籍」問題の民進・蓮舫代表が戸籍謄本開示へ「子供が成人したので、速やかに対応したい」

2017年07月12日 | 政治社会問題
「二重国籍」問題の民進・蓮舫代表が戸籍謄本開示へ「子供が成人したので、速やかに対応したい」
7/12(水) 8:02配信 産経新聞
「二重国籍」問題の民進・蓮舫代表が戸籍謄本開示へ「子供が成人したので、速やかに対応したい」
記者会見する民進党の蓮舫代表=6日午後、国会内(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)
 民進党の蓮舫代表は11日、東京都議選の敗因を総括するための国会議員会議に出席し、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題をめぐり、日本国籍の選択宣言を証明するため「戸籍謄本をいつでも公開する用意がある」と述べた。蓮舫氏は家族のプライバシーを理由に謄本の公開を拒んできたが、会議では「懸念だった子供が成人したので、速やかに対応したい」と述べた。同日の党執行役員会でも同様の意向を示した。

 蓮舫氏は25日にも開く党両院議員総会で事実関係を説明したうえで、近く謄本を公開するとみられる。

 11日の同会議では、蓮舫氏が二重国籍問題の説明が不十分なことへの不満が噴出した。柚木道義衆院議員は「二重国籍問題が(党勢低迷の)最大の障害だ」と批判した。党内には執行部に都議選の結果責任を問う声があるが、蓮舫氏は批判の強い二重国籍問題にケジメをつけることで自身の続投に理解を求める考えだ。

 蓮舫氏は昨年10月の記者会見で、台湾籍の除籍手続きを進めたうえで、戸籍法に基づき日本国籍の選択宣言をしたと表明した。しかし宣言日が明記された戸籍謄本の公開を拒み、「証拠がなく問題が終わらない」などと批判されていた。





非表示設定にされました。 | 9分前
蓮舫(当時25歳)が朝日新聞に「在日の中国国籍です」と話しているのが見つかる。朝日新聞(1993年3月16日、夕刊)のインタビュー。

テレビ朝日「ステーションEYE」のニュースキャスターに抜擢された蓮舫氏はコメントを求められ、「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と語っている。つまり、17歳の時点で台湾籍を放棄していたという認識は嘘だったということになる。蓮舫氏は間違いなく在日の中国人として生きてきたのだ。

これまでずっと日本において外国人として生きてきた蓮舫氏は「華僑の代表として活動したい」などとメディアに話しておきながら、その一方で政治家としては「30年前に台湾籍を放棄して日本人になった」ともアピールしていた。

テレビ朝日は事実を知っていますよねw?

nic***** | 3分前
子供をテレビ番組でさらしておいていまさら「成人になったから」もないでしょう。そもそも最初からそれが理由だったのならそう言っておけばよさそうなもになのに、今頃になって言い出してなにがなんでも自分を正当化しようとするのはとても見苦しいですね。
0
1
返信0
hir***** | 3分前
そもそも二重国籍問題が言われたのは2016年の代表選 その頃は蓮舫さん子供達は18か19だろう 国籍の開示を求められて何が不都合なのか?一年後に子供達が成人に達したから?何とおかしな弁明なのだろうか。18 19は蓮舫さんの頭の中では幼児と同じらしい。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本、韓国女性家族副長官の... | トップ | 山口二郎氏が民進・蓮舫代表... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む