独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

骨の髄から腰抜けの二ホん外交

2017年04月06日 | 政治社会問題
菅官房長官「強い意志が韓国に知れ渡った」

フジテレビ系(FNN) 4/4(火) 7:20配信
「日韓合意の順守に向けた強い意志が、韓国にも知れ渡ったのではないか」と述べた。
3日午後4時すぎ、菅官房長官は「政権移行期であるからこそ、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行に直接、合意の順守を強く働きかけ、次の政権に継承してもらう必要がある」と述べた。
韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に、慰安婦像が設置されたことなどに対抗して、一時帰国させていた韓国駐在の長嶺大使らを4日に帰任させることについて、菅官房長官は「次期政権の誕生に十分備える必要がある」と述べた。
そのうえで、「わが国の日韓合意の順守に向けた強い意志が、韓国にも知れ渡ったのではないか」と強調した。
一方、長嶺大使らの一時帰国と同時に、中断を決めた韓国との通貨スワップ協議について、菅長官は「現時点で協議を再開する考えはない」と述べた。


腰抜け日本政府、、、、

最終判断は安倍がした!



長嶺大使と当面会わず=韓国政府が方針か―大統領代行

時事通信 4/5(水) 20:48配信

 【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは5日、長嶺安政駐韓大使による黄教安大統領代行(首相)との面会要請について、韓国政府が当面、応じない方針だと報じた。

 複数の韓国政府筋の話として伝えた。

 聯合によると、駐韓大使は通常、業務上の協議では外務次官らが対応するため、「格が合わない」という判断がある。また、釜山の日本総領事館前への少女像設置を受けて大使を一時帰国させた日本政府の対応に関し、韓国国内で「過剰な反応」との評価がある中で、黄代行が会えば、「弱腰」批判を免れない点も考慮したとみられる。 


ガースーの大馬鹿コメント。

韓国政府側は合わない!!と、公式見解をしている。

舐めまくられの腰抜け対応で、また、クソ韓国側が調子づいたのである!!



韓国大統領選挙候補、口をそろえて「韓日合意の廃棄・再交渉するべき」
中央日報日本語版 4/5(水) 14:06配信

長嶺安政駐韓日本大使が4日に帰任し、韓日慰安婦合意の履行を要求する考えを明らかにしたが、韓国の次期大統領候補らは全員、再協議あるいは廃棄を叫んでいて今後の葛藤が予想されている。

長嶺大使はこの日、韓国に到着後、金浦(キンポ)空港で「黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行らに直接会い、日韓合意の実施を強く求めていく」と明らかにした。菅義偉官房長官も長嶺大使の帰任について「韓国が政権移行期にある中で情報収集に力を入れ、次期政権の誕生に十分備える必要がある」とし、韓日合意は次期政権でも履行されるべきだとの考えを伝えた。

だが、次期大統領選候補はそれぞれ韓日合意に対して否定的な立場を鮮明にしている。共に民主党の文在寅(ムン・ジェイン)、自由韓国党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)、国民の党の安哲秀(アン・チョルス)、正しい政党の劉承ミン(ユ・スンミン)、正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)各候補は一様に韓日合意の廃棄ないし再協議を主張している。

文氏はことし1月、「朴槿恵(パク・クネ)政府の国政壟断の中で行われた慰安婦合意は10億円を受け取っただけで正式な謝罪さえ受けることができなかった無効合意」とし「慰安婦問題に対しては新しく交渉する必要がある」と明らかにした。洪氏は選挙戦の過程で金鎮太(キム・ジンテ)議員ら他の候補からの攻撃にも「慰安婦問題はナチのユダヤ人虐殺に匹敵するほどの反倫理的犯罪」とし「再交渉するものでも、交渉の対象でもない」として合意廃棄を主張した。

安氏は昨年、12・28合意1周年を迎え、フェイスブックを通じて「12・28合意は廃棄されるべき。政権交代を通じてこの問題を必ず解決する」と誓った。劉氏も先月5日、総合編成チャネル「チャネルA」に出演して「(日本が)再協議をしなければ一方的に交渉を破棄する」とし「歴史や主権の問題は最初から合意しないのが良い。誤った合意をするのは愚かなこと」と一喝していた。沈氏も先月1日、「政権交代したら最優先的に屈辱的かつ反歴史的な慰安婦交渉の真相を明らかにする国政調査を行う。合意破棄を公式宣言しなければならない」と主張した。



あれ程10億など払っても無駄で政権が変われば振り出しと皆がネットで指摘したとうりに成った。

本当に大馬鹿な日本政府、、、、マトモな思考もできない連中だ。

何度も繰り返す大馬鹿対応!!!




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「戦前回帰」批判当たらず=... | トップ | ゴルフレッスンプロ、1000人... »
最近の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事