独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

バフェット氏、3600億円超を慈善団体に寄付 12年目で過去最大に

2017年07月12日 | 政治社会問題
バフェット氏、3600億円超を慈善団体に寄付 12年目で過去最大に
7/11(火) 14:46配信 ロイター
バフェット氏、3600億円超を慈善団体に寄付 12年目で過去最大に
7月10日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は自ら率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの株式約31.7億ドル相当を5つの慈善団体に寄付した。ネブラスカ州オマハで5月撮影(2017年 ロイター/Rick Wilking)
[10日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(86)は10日、自ら率いる投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>の株式約31億7000万ドル(約3620億円)相当を、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団と、自身の一族が運営する4つの慈善団体に寄付した。ほぼ全財産を寄付する計画の一環で、2006年の開始から12年目となる今年の寄付額は過去最大となった。

母国ハンガリーがジョージ・ソロス氏を「敵視」、イスラエルも異例の同調

寄付したのはバークシャーのクラスB株1863万株で、10日時点の価格で1株170.25ドル。

2006年以降、5つの慈善団体への寄付は計275億4000万ドル(約3兆1440億円)に達した。このうちゲイツ財団への寄付は219億ドル。今年は24億2000万ドルがゲイツ財団向けだった。

このほか、バフェット氏の亡くなった最初の妻の名を冠したスーザン・トンプソン・バフェット財団や、自身の3人の子供がそれぞれ運営するハワード・G・バフェット財団、シャーウッド財団、ノボ財団にも寄付した。

バフェット氏は依然として約17%の株式を保有する。

フォーブス誌によれば、寄付後も世界で4番目の富豪であることに変わりないという。

同誌は寄付前のバフェット氏の純資産は763億ドルで、ビル・ゲイツ氏の894億ドル、アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏の848億ドル、スペインの実業家アマンシオ・オルテガ氏の818億ドルに続くと推定していた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)




本当に骨の髄から馬鹿な二ホンジン共のコメントだ。

こいつは身内財団寄付で相続税を回避(0となる)目的で息子などの財団に寄付している。

これがユダヤ方式だ!~!~

ここまで無知な二ホンジン共はオシマイだ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千林駅歩いて1分、住宅地に... | トップ | カワサキは本当に駄目だ、、、、 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む