独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

ソウル中心部に徴用工像=「実態知らせる」と労組幹部―韓国

2017年08月13日 | 朝鮮エベンキ族


ソウル中心部に徴用工像=「実態知らせる」と労組幹部―韓国
8/12(土) 16:08配信 時事通信
 【ソウル時事】太平洋戦争中、朝鮮半島から徴用された労働者を象徴する像(高さ約2メートル)が12日、韓国ソウル中心部の竜山駅前に設置され、除幕式が行われた。

 
 日本の植民地支配当時、竜山駅は徴用された労働者らの集結地で、韓国労働組合の二大中央組織、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)が中心となり、「過酷な歴史の現場だ」として設置計画を進めてきた。韓国労総の金周暎委員長はあいさつで、「日帝(日本帝国主義)の実態を広く知らせ、今からでも日本政府の公式な認定と謝罪を受け、再びこのような悲劇的歴史が繰り返されないようにするためだ」と述べた。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新作の反日映画「軍艦島」が... | トップ | 上原多香子が次々不義理 自殺... »
最近の画像もっと見る

朝鮮エベンキ族」カテゴリの最新記事