独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

東京モーターショー2017】カワサキ Z900RS、有名チューナーのカスタマイズモデルも展示

2017年10月26日 | モーターサイクルメーカーなど


結局日本のメーカーは<<目先を変えたモデルをウンコのようの排泄して>>クソコガネムシが買って転がす構造。

ハーレーやBMW(近年二ホンかぶれの4発出してるが)モトグッチ、ドカなど海外メーカーは、一つの信念の元<<継続生産して熟成させるということを歴史的にしている>>

日本メーカーが、目先の小手先でヤタラニューモデルを出してパーツなど継続供給しないで廃車にされる消耗品を生産しているのだ。

銭儲けで作ってるだけ。


車も同じ、、、、



【東京モーターショー2017】カワサキ Z900RS、有名チューナーのカスタマイズモデルも展示
10/25(水) 19:30配信 レスポンス
【東京モーターショー2017】カワサキ Z900RS、有名チューナーのカスタマイズモデルも展示
カワサキ Z900RS ドレミコレクション(東京モーターショー2017)
10月25日に東京モーターショー2017の会場でワールドプレミアされたカワサキ『Z900RS』。伝説的モデル『Z1』を復刻したスタイリングで人気を集めそうだが、カワサキのブースには早くも有名チューナーによるカスタマイズモデルが3台展示されている。

[関連写真]

カスタマイズに参加したのは、「モトコルセ」「ビトーR&D」「ドレミコレクション」。3ショップともにレースや、Z1 900のカスタマイズで培ったノウハウを惜しみなく注入しており、三車三様でつい見惚れてしまう仕上がりとなっている。

モトコルセは高級パーツを車体全体に散りばめプレミアム感を高めた仕上がり。一方のビトーR&Dは、一見Z1とも見て取れる仕様。そしてドレミコレクションは、昔のレーシングスタイルをそのまま再現した。

Z900RSは12月1日に国内発売が開始が決定している。発売と同時にカスタマイズシーンも大いに盛り上がりそうだ。

《レスポンス 阿部哲也》
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政府も目を付けている内部留... | トップ | 九条ねぎに中国産混ぜ、逮捕... »
最近の画像もっと見る

モーターサイクルメーカーなど」カテゴリの最新記事