独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

日本の韓国植民支配を美化したNBC解説者が降板

2018年02月12日 | 朝鮮エベンキ族
日本の韓国植民支配を美化したNBC解説者が降板
2/12(月) 11:53配信 中央日報日本語版
日本の韓国植民支配を美化したNBC解説者が降板
米NBC放送のコメンテーター、ジョシュア・ラモ氏。
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)主管放送局NBCが日本の植民地支配を美化した解説者ジョシュア・クーパー・ラモ氏を今後出演させないことにした。

NBC側は12日、ロイターに送ったメールで「ラモ氏は平昌でNBCのための本人の責務をすべて終え、我々の放送でさらなる役割はしない」と明らかにした。

NBCは9日の開会式の中継で日本選手団が入場すると、「韓国を1910年から1945年まで強制的に占領した国」と紹介し、「すべての韓国人は国の発展過程で日本が文化的・技術的・経済的に重要なモデルになったと話すだろう」と伝えた。

問題の発言をしたラモ氏は米国内のアジア専門家として2008年北京五輪の開会式でも特派員として活動した。現在キッシンジャー元米国務長官が運営するコンサルティング会社「キッシンジャー・アソシエーツ」の最高経営責任者(CEO)だ。

この事実が伝えられると、NBC側の謝罪を要求するコメントがネット上に登場し、すぐに1万人以上が加わった。組織委は問題の発言が出てくると、NBCに直ちに抗議した。NBCは11日午前、組織委を通じて公式的な謝罪メッセージを出し、約7500万人が視聴する自社の朝の生放送番組を通じて謝罪した。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英紙タイムズ「独島は日本の... | トップ | 吉田清治氏、北朝鮮に「謝罪... »
最近の画像もっと見る

朝鮮エベンキ族」カテゴリの最新記事