独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

日本人夫婦の遺体に複数の傷

2017年09月06日 | フィリピン永住生活、、天国か地獄かな
日本人夫婦の遺体に複数の傷
9/6(水) 10:26配信 ホウドウキョク
日本人夫婦の遺体に複数の傷
(写真:ホウドウキョク)
インドネシアのバリ島で4日に起きた住宅火災で、焼け跡から見つかった日本人夫婦の遺体には、刃物で刺されたような複数の傷があったことがわかった。
バリ島南部のジンバランで起きた住宅火災では、寝室から2人の遺体が見つかり、地元の警察の調べで、松葉紀男さん(76)と博子さん(73)夫妻と判明した。
近所に住む日本人は「日本語で『お父さん! お父さん!』って、ドアばんばんたたいて叫んでたから、驚いて(外に)出て。部屋が燃えているみたいだって言うから、上見たら真っ黒でしょ」と話した。
地元警察によると、遺体には、首や背中などに刃物で刺されたような傷があったことがわかった。
警察は、2人が事件に巻き込まれた疑いがあるとみて、死因や出火原因の特定を急いでいる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山尾氏も不倫か、週刊誌取材... | トップ | 特集】病気休暇中にプールで... »
最近の画像もっと見る

フィリピン永住生活、、天国か地獄かな」カテゴリの最新記事