独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

米の慰安婦像移設へ ブルックヘブン市、住民との係争回避?

2017年07月12日 | 社畜奴隷の二ホン、、世界で稀な勤勉な馬ヵ


米の慰安婦像移設へ ブルックヘブン市、住民との係争回避?
7/12(水) 7:55配信 産経新聞
 【ニューヨーク=上塚真由、ロサンゼルス=中村将】米南部ジョージア州ブルックヘブン市の公園に6月、米公有地で2例目の慰安婦像が設置された問題で、同市は近く、像を利用者が多い大規模な公園に移設することを決めたことが11日までに分かった。設置直後の移設決定は異例。像が設置された公園周辺の住民らが撤去などを求めて法的措置を検討しており、係争化を回避する市側の狙いが透けて見える。

 像が設置された公園は、住宅街にある芝が敷かれただけの広場。公園の維持費は周辺95世帯が管理組合を作り負担しているが、説明がないまま像設置が決まり、住民らは設置中止命令などを含め弁護士に相談していた。地元紙、リポーター・ニュースペーパーによれば、市は管理費を組合が負担していることを知らなかったという。

 同市によると、6月30日の除幕式には約300人が訪れ、駐車スペースの不足などから周辺が渋滞し、苦情が寄せられた。参加者の大半は韓国系だった。市は今月5日に移設を発表し、その理由について「法的措置」には触れず、「駐車場や利便性など像の見学者によりよい対応をするため」と説明。移設時期は「数週間内に」としている。

 市側が6月中旬に周辺住民に送ったメールには「他の公園も検討したが、この公園が欠点のない選択」と書かれていた。ずさんな計画への批判や、周辺住民との軋轢(あつれき)を避けるため、設置前から移設を計画していたとの指摘も上がっている。

 像の移設先の公園は、野球場やテニスコートなどを併設した市内有数の広さを誇る。2015年から春には市の「桜祭り」が行われており、日本からも在アトランタ日本総領事が招かれているだけに、日本側の反発は一層強まりそうだ。




日本民族の敗北は確定だ。


滅亡、、、、



腰抜け民族、、、、、、
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バカ野郎がウインカーレンズ... | トップ | 2月にも事故で同僚死亡 准... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む