独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

安倍首相公邸泊、ミサイル把握か=野党が指摘―衆院委

2017年08月31日 | 政治社会問題
骨の髄からバカ野党、、、、

北の動向などアメリカの偵察衛星で常時監視している。そして日本に情報が即座伝達される。

現在レベルは<<事前に察知しても広報しない>>以前、動向をアメリカも日本も情報を広報していたが、自体は深刻で、広報すれば北が別のアクションする可能性がある。

現況下<<アメリカと日本は、北を先制攻撃する>>作戦も考えている=状況はシフトしている。

即ち、北がミサイルを発射する直前に爆撃する作戦だ。

故に、現在、一々情報を公開しない<<作戦上の軍事機密としている>>

判ったか?

バカ野党とマスゴミども、、、



安倍首相公邸泊、ミサイル把握か=野党が指摘―衆院委
8/30(水) 18:15配信 時事通信
 「安倍晋三首相が公邸に宿泊したのは、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した前日だけだ」。

 民進党の後藤祐一衆院議員は30日の衆院安全保障委員会で、政府の初動態勢に関しこう指摘した。西村康稔官房副長官は「常日頃から緊張感を持って情報分析をしている結果だ」とかわしたが、後藤氏は北朝鮮に見抜かれるとして「普段から公邸に泊まった方がいい」と助言した。

 今月、首相が公邸に泊まったのは25、28両日のみ。いずれも翌早朝に北朝鮮がミサイルを発射しており、事前に兆候を察知していたとみられる。25日は夜の会合などを入れず、28日夜も公邸内で自民党役員らと会食したのみ。出席者の1人は「首相はあまり酒を飲まなかった」と話していた。 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モーターサイクル洗車、、糞... | トップ | ミャンマー脱出のロヒンギャ... »
最近の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事