独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

フィリピン原住民の運転手は考えた、、、、事業の苦労

2017年05月12日 | モーターサイクル整備関係


フィリピン原住民の運転手は考えた、、、、事業の苦労


昨日から書いてるが、、、、、


車両のリーフサス関係の問題で作業してたが<<一昨日、交換のボルトを俺が探してる間に>>担当の運転手が、リーフサスの支柱アタッチメントを勝手に溶接した。

該、前後に作動する必要がある!!!

構造を理解しない馬ヵ=これが原住民


今日は上記バカが来たので、グラインダーを出して<<該部分を削れと>>いうと、、、

昨日、作業屋に行き削り、フリーモーメントだというのだ!!@@


確認するとキレイに処理されている。


こいつ、、、自分がやったことがマズイと分析できた<<原住民にしてはマシな頭>>


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スズキのパーツが来た、、フ... | トップ | <福島原発事故>森林除染を... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む