独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

中国、南シナ海で新たな軍事施設建設=米シンクタンク

2017年06月30日 | 政治社会問題


中国、南シナ海で新たな軍事施設建設=米シンクタンク
6/30(金) 13:03配信 ロイター
中国、南シナ海で新たな軍事施設建設=米シンクタンク
 6月29日、米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)傘下のアジア海事透明性イニシアチブ(AMTI)は、中国が南シナ海で新たな軍事施設を建設したとことが衛星画像(写真)で明らかになったと発表した。写真はCSIS/AMTI DigitalGlobe提供。16日撮影(2017年 ロイター/Handout via REUTERS)
[ワシントン 29日 ロイター] - 米シンクタンク、戦略国際問題研究所(CSIS)傘下のアジア海事透明性イニシアチブ(AMTI)は29日、中国が南シナ海で新たな軍事施設を建設したとことが衛星画像で明らかになったと発表した。

画像では、スプラトリー(中国名・南沙)諸島のファイアリー・クロス(永暑)礁、ミスチーフ(美済)礁、スービ(渚碧)礁で、ミサイルを格納するシェルターとレーダー・通信施設が建設されているのが確認できるという。

AMTIによると、中国はファイアリー・クロス礁で既存の8つのミサイル・シェルターに加えて新たに4つのシェルターを建設。AMTIは以前、ミスチーフ礁、スービ礁にもそれぞれ8つのシェルターがあると明らかにしていた。

ロイターは2月、中国が3つの礁で長距離地対空ミサイルの格納庫を建設しており、近く建設が終了すると報じていた。

AMTIは、ミスチーフ礁では大型のアンテナ・アレイが設置されていると指摘。周辺監視能力を強化するとみられる。フィリピンが領有権を主張する地域に近いことから、同国にとって懸念となるとの見方を示した。

ファイアリー・クロス礁では大きなドームが最近建設され、また別のドームも建設中で、通信またはレーダーシステムとなる可能性があるという。ミスチーフ礁で新たに2つのドームが建設されている。

またAMTIは、ミスチーフ礁ではより小型のドームがミサイル・シェルター付近に設置され、「格納されるミサイルシステム向けのレーダーに接続される可能性がある」とした。

AMTIは「中国は、戦闘機や移動式ミサイル発射装置を含む軍事機材をスプラトリー諸島にいつでも配備できるようになった」と指摘した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)





鋭い分析コメント紹介

Kick it out

中国は本気でアメリカに取って代わって世界一の大国になる野望を持っている。

一帯一路が整備されると、世界中のモノとカネが中国を通るように考えている。
呑気な日本政府の今の外交能力の低い閣僚を見れば分かるように、何でもアメリカ頼みの日本がどうこう言っても止められないほど中国の力は強大になっている。
このままだと平和ボケした日本は数年後、中国に搾取(中国人ボスの下で奴隷のように働かされる)ようになるだろう。

自国の利益を求め、世界の秩序を乱す中国は非難されるべきだが、それを止められない日本政府が最も非難されるべき。



◎非常に鋭い分析です。

実現すれば、まさに中華思想の体現です。

連中の凄いところは長期的な世界戦略を計画できるところで日本のような目先でしか思考できない民族とは大違いです。

要するに戦略的なスケールは全く違うということです。

特徴は指導部が

1,日本では目先だけ=兵隊(国民は比較的勤勉で神経が細かい仕事ができる)

2,中国は、指導部が1000年の計画を立てる。

兵隊=国民は非常に質的バラツキがある(広大な国土と人口なので)これは当然の現象。


偽物マルクス主義共産党が、どこまで大陸を牽引できるか?

これはアメリカや欧州大陸も同じであり、何も変わらない<<政治が民主か?独裁か?>>であるが、実は、民主主義など欺瞞であることが先進国での既成政治批判として現出している!!


あれ~~~~

久しぶりに、真面目に、、、書いた、、、独眼竜です。

何年か前は、国際政治など論文形式で配信してましたが(ことごとく、強制閉鎖された=記事抹消されましたよ!!!、、、この件は、fc2の独眼竜ブログで自己紹介で明確に書いてあります)

近年は、興味がある記事を転載紹介が主です、、、論文を書くにはエネルギーがいるからです。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産婦人科の隣に「納骨堂」計... | トップ | 東南アジア移住などナンセン... »
最近の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事