独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

スズキの2輪事業は危機を脱したのか

2017年05月15日 | モーターサイクルメーカーなど


スズキの2輪事業は危機を脱したのか
ニュースイッチ 5/15(月) 12:02配信

スズキの2輪事業は危機を脱したのか
鈴木俊宏社長(左)と鈴木修会長
50cc原付きバイクの自前開発・生産を継続も…
 2017年度の4輪車世界販売が前期比約15万台増の307万1000台と初の300万台超えを狙うスズキ。一方、赤字の2輪車事業について鈴木修会長は「危機は脱した」と話す。ホンダとヤマハ発動機が提携した排気量50cc原付きバイクについても、スズキは自前での開発、生産を続けるという。

 ホンダとヤマハ発動機という日本の2輪車業界大手2社が生き残りに向け動きだしたのが昨年。排気量50ccのスクーターなど原付一種事業で業務提携に向け検討を始めた。主な内容は「ヤマハ発へのスクーターのOEM(相手先ブランド)供給」「商用スクーターの次期モデルの共同開発とヤマハ発へのOEM供給」「原付一種の電動2輪車の普及に向けた協業」の3点。一刻も早い事業の着手に向け、プロジェクトチームを立ち上げて協議を進めている。

 日本自動車工業会の調査によると、国内の原付一種の販売台数は80年が197万8426台だったのに対し、2015年は19万3842台と1割未満にまで減った。軽自動車など近距離交通手段の多様化や、高校生に免許を取らせない、買わせない、乗らせない、というバイクの『3ない運動』など規制強化などが要因だ。

 原付一種は日本の全2輪販売台数の5割以上を占めており、バイクライフのエントリー機種とされる2輪市場を再び盛り上げるためにも火を絶やすわけにはいかない。原付一種は日本と、欧州の一部の国のみで乗られている車種。ヤマハ発動機の柳弘之社長は、トヨタ自動車とスズキが提携検討を始めた際「競争と協調。そういう時代になったということだと思う」とコメントしたが、原付一種でも同様の認識を持っている。

 一方のスズキは昨年、マレーシアでの2輪車の製造から撤退した。赤字が続く2輪車事業の構造改革の一環で、「アジア全体で集約を検討する」(同社幹部)としている。

 スズキのアジアの2輪車製造拠点はインドネシアやタイ、ベトナム、中国などにある。2輪車事業の黒字化は中期経営計画の一丁目一番地。鈴木俊宏社長は19年度を最終年度とする同計画について「順調。社内の連携を強化し活性化させたい」と強調するが、2輪事業についてはさらなる構造改革が欠かせない。

 冒頭のスズキの鈴木会長の発言をどう読むか。したたかな鈴木会長だけに、50cc原付きバイク事業についても、まだサプライズがあるかもしれない。



スズキはマーケティング、企画が全然ダメだ、、、、

何年か前にはフィリピンで<<モペットにクラッチを付けたのがスズキから販売されてたが>>モペットの利点はノークラッチであり、わざわざクラッチ付きなど買う人間は居なかった。

また、150ccでD0HCのクラッチ付きを販売したが(走り屋仕様)高額で何台も売れなかった。


そして現在、ホンダを真似たモペットがホンダより高い値段で売られてるが<<買うやつは居ない>>ホンダと同等の値段でなくば、後発が売れるわけがない。

これを系列ディーラーに押し付けている。


また、ヴァンデット600が展示されてるが、、値段が最新型のカワサキNinja1000と同じ、、、、客はカワサキを買うわ。


スズキは、、、駄目だ、、、、


ビジネスモデルも、、1種類しかなく<<それもカワサキと同じでシールが違うだけ、、、そもそもカワサキのこのモデルも殆ど売れていない>>>>


こういう常態です。


これらの原因は、現地駐在員幹部が真摯に仕事をしないで遊んでるから。

アジアマーケットの分析を本社に真剣にあげない<<故に、スズキの爺さん社長など、アジアの二輪販売の愚行など知らない>>



さらに付け加えるが<<もっと酷いのがカワサキで100~125CCクラスの原住民が買う主流モペットは皆無で>>最早、事業として成り立たない状況だ。

その代わり、インドあたりで作ったエリミネーター200CCなどをなんでも販売のバイク屋で売っている、、、一部のマニアしか買わない。また、インドのバジャで作らせたスポーツバイク130~180CCを販売している。


そういう事で、ホンダとヤマハが(ヤマハは特にスクーターが好評)売れているが、何と言ってもホンダ。


しかし、近年、ホンダのフルコピーは支那で生産されホンダの半額以下で売られ,質がよく、3年保証、巨大なディーラーが有り、すべてのパーツがスタンバイなど<<最早、プライベートユースならシナ製で十分で>>さらに、面白いバイク、、企画がたくさんあり爆発的に売れている。

20年前には考えられない、クオリティが高い製品が半額以下で売られているのだ。


事業用バイクもホンダのフルコピーが、、ここ何年かで性能を上げている。


おそらく5年もすると日本ブランドと同等の耐久力になるだろう(値段は半額)


最早、白物家電、PCなどアジア勢に駆逐されたが、モーターサイクルも駆逐されるだろう。


日本ブランドにあぐらをかく、、、こういう姿勢ではどうしようもない。



欧米勢と日本車の大きな違いは?

欧米勢は本当に好きな連中が作る。

日本の連中は金儲けとして作る。

故に、日本の製品は単なる工業製品であり愛着、哲学などない単なる消耗品。

分かるかな?

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カワサキの欠陥のひとつ、、... | トップ | 小池氏、20億円クルーザー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む