独眼竜国際ジャーナルの ヒデと明美の愛のブログ

ヒデと明美が日々の愛の生活を書き留めます。

家庭を守り、社会を守り、国家を守り、世界を守る愛の鞭。

靖国神社 現役閣僚参拝せず

2017年08月15日 | 政治社会問題
3万人の兵隊を殺した無謀なインパール作戦を強行した<<牟田口廉也>>は、さっさと日本に帰国して70歳過ぎまで生きたそうだが、こういう残虐な上層部が日本軍の本性である!!

この牟田口廉也は3万人も兵士を無駄死にさせてが責任を取らなかった。

こいつはまさか靖国に祀られてるんじゃないだろうな!!

日本軍の上層部などはソビエト軍と同じで兵隊など鉄砲玉くらいしか考えていない。

この体質が現在の社畜日本に引き継がれている。

政治屋と企業上層部は楽して左団扇。

現場社員は疲弊、、、一般国民など現在でも家畜同然だ。




靖国神社 現役閣僚参拝せず
8/15(火) 18:38配信 Fuji News Network

Fuji News Network
[ 前の映像 | 次の映像 ]
安倍首相は、東京の靖国神社への参拝を2017年も見送り、閣僚も全員が参拝しなかった。
靖国神社には15日、自民党の小泉筆頭副幹事長や稲田元防衛相、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバーらが参拝した。
また、柴山総裁特別補佐が参拝し、「自民党総裁 安倍晋三」の名前で、玉串料を納めたが、安倍首相本人は参拝せず、閣僚も、参拝を続けてきた野田聖子総務相をはじめ、全員が参拝を見送った。
自民党政権下で、終戦記念日に閣僚が靖国に参拝しないのは、外交問題化した1985年以降初めてで、背景には、北朝鮮情勢が緊迫する中、中国や韓国との摩擦を避ける意向もあったとみられている。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電動工具盗「300件超」 ... | トップ | 「病は気から」の仕組み、マ... »
最近の画像もっと見る

政治社会問題」カテゴリの最新記事