大衆文化評論家指田文夫の「さすらい日乗」

さすらいはアントニオーニの映画『さすらい』で、日乗は永井荷風の『断腸亭日乗』です。多くのジャンルをさすらいます。

ワイダと石原慎太郎

2016年10月13日 | 映画

ポーランドの映画監督のワイダが亡くなった、90歳。『灰とダイヤモンド』は、非常にパセテックな作品で、大いに感激したものである。

今や東京都の問題の諸悪の根源の石原慎太郎とどういう関係があるか、と言うと同じオムニバス映画を監督したことがあるのだ。

              

 

フランス映画『二十歳の恋』で、ワイダの他、トリフォー等が監督として参加したが、日本の監督が石原慎太郎だったのである。

高校生の私も、1964年ごろに新宿にあった日活国際名画座で見たが、当然各国はバラバラな作風で、それほど大した作品とは思えなかった。

ワイダのものは、あのチブルスキーが主演で、若い世代との違和感を表現するもので、それなりに見せた。

石原慎太郎のは、小松川の女子高校生殺しを題材としたもので、後の大島渚の『絞首刑』と同じである。

ただ、非常に暗い作品で、女子学生の田村奈巳の美しさのみの作品だった。

このワイダと同じ作品を石原慎太郎が監督したということは、1960年代の初めでは、一応石原慎太郎は、若い世代を代表する「前衛的」な人間とみなされていたということである。

今から考えると、到底信じがたいが。

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『古川ロッパとエロ・グロ・... | トップ | 『るつぼ』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
田村奈巳 (弓子)
2016-10-14 18:29:27
ニューオオタニに向かっておられた姿をお見かけしたことありました。
当時流行りのメイクと、ファッション。華奢で楚々とした風情で素敵でした。

小松川女子高校生事件は衝撃的でした。
当時二部に通っていたり、二部でなくても部活で遅くなりがちの生徒の保護者は
しばらくの間は、学校近くまで迎えに行ったの内容の新聞を読んだ事あります。
田村奈己は (さすらい日乗)
2016-10-15 18:08:08
結構人気がありました。去年亡くなった、私の先輩のYも、よく好きだと言っていました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。