大衆文化評論家指田文夫の「さすらい日乗」

さすらいはアントニオーニの映画『さすらい』で、日乗は永井荷風の『断腸亭日乗』です。多くのジャンルをさすらいます。

『冬の嵐』

2017年03月06日 | 映画

冒頭でコインロッカーからカバンを出した女性が、車に戻ると後ろの席にいた男に首を絞められ、指を切られる。

そこから全く関係なく、ニューヨークの売れない女優のメアリー・ステインバージェンが女優のオーディションに出かけることの話に飛ぶ。夫は賛成しないが、メアリーは喜んで出ていき、なんと受かってしまう。その相手の男は、『時計仕掛けのオレンジ』等でいつも不気味な役の多いロディ・マクドーウエルであり、この男の細かい演技は凄い。

カナダ近くの非常に寒いエリアで大雪が吹いている中、大きな屋敷に連れて行かれる。

そこには、DR・ルイスという車椅子の精神病理学者がいて、彼のカメラで、演技が撮影される。屋敷は、博士と執事のロディのみで、電話も吹雪で通ぜず、この舞台は、ゴシック・ロマン、ミステリィーの通常の例の閉ざされた部屋での芝居になる。

監督は、アーサー・ペンで、彼は舞台の演出もしているので、3人の芝居は非常に良くできている。

一度、メアリーは恐怖から部屋から逃げ出すが、すぐに捕まり連れ戻されてしまい、そこで二人は真相を話す。

精神病理医だったルイスは、大金持ちの姉妹の妹の相談を受け、遺産を独り占めしようとした姉を脅迫して金を取ったが、殺し屋に殺されてしまった。殺し屋は、本当に殺した証拠に指を切ったというのだ。

そして、ある朝起きると、メアリーの左薬指も落とされている。何とかニューヨークに電話して夫に知らせ、警察も来るが、屋根裏部屋に妹の死体があるとメアリーは警官に言うが、行くとない。

すべてロディーがやっているのだ。夫と弟が車で探すが、証言が少なく、屋根のある橋、金魚をおまけに暮れるガソリンスタンドなどで、なかなか屋敷に来られない。

この辺は、マキノ正博のいう「ダレ場」であり、最後のクライマックスを盛り上げるための作為である。

最後については書かないが、アメリカ映画では主人公は死なないので、その通りになる。

いろいろと驚かせる仕掛けがあり、二度目だがやはりびっくりする。その意味では、ネタばれしても、面白い映画は面白いという証拠である。

イマジカBS

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鈴木清順死去、93歳 | トップ | 『海峡を越えた野球少年』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事