天火同人【王樹金老師大道思想顕彰会専属ブログ】

このブログは中国その他の古典や大道文化に関するブログです。特に王樹金老師に関係のある大道思想を公開してまいります。

中岡俊哉著 密教念力入門について

2012-06-07 09:49:39 | 東洋思想
 家を整理していたらば、はるか昔に買った本』中岡俊哉著「密教念力入門」がでてきました。先天大道(一般的な別の名称ででています。)に関する奇妙な記載があったので此処ではっきりと否定しておきます。
 要旨
①先天大道は怪しげな呪術や祈祷だけに主眼をおき仏教本来の仏心の教をおろそかにしている。
②心眼力によって悪人を金縛りに出来る。(あやしげな祈祷によって480キロ離れた悪人を金縛りにした。)
③いけにえに牛一頭を祭壇に捧げる。

このようなことが書かれていました。私は少なからず王老師に入門をしてから、先天大道に縁がありました。王老師は先天大道の中でも前人と言う最高幹部のうちの一人だからです。確かに先天大道では朝昼晩と祈祷を行ないますが、仏道を極めようとする志と毎日の反省をする懺悔の祈祷であり、断じて怪しげな物ではありません。心眼力の教えは存在はするけれど人を金縛りにするようなものでは断じてありません。先天大道の祭壇(正式な名称は先天仏堂といいます。)は動物の血を嫌うので断じて動物をいけにえにすることがありません。(殺生を禁じていますので熱心な人は肉食をしないくらいです。)このようなわけで此処に書かれていることは事実無根であると言えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三点(三尖対)対について

2012-05-11 20:39:30 | 内家拳
 太極拳や形意拳などで重要な秘訣に三点対鼻先指先足先を一体とすることですが、一般的な本を読むとこの三つのポイントを中心線上に置くと説明してあります。よく王樹金先生の型はデブだからこの秘訣ができていないという話を聞きます。これなどは口訣を知らないからで、先生は実はきれいにこの規則を守っています。このことで変な風に言われるのは残念です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心法についてその2

2012-04-29 19:43:43 | 東洋思想
さて心法の続きですが重要な言葉として  私慾掃盡 天理流行という言葉があります。天の理合によって私欲を洗い流すということですが、そのためには精進潔斎をして身を清めることが不可欠であり、更に口訣を運用してはじめて習得できるものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウィッキペディアの訂正

2012-04-29 13:52:59 | 王樹金老師
私の知る限り○壇の○雲樵先生とは晩年は交流はありませんでした。先方のほうで強烈な王老師に対する中傷誹謗を行なっていたのであえて交流を避けていたようです。私などは抗議するべきだといったのですが「ほって於けばいい。」の一点張りでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心法について

2012-04-25 15:59:25 | 東洋思想
最近王樹金老師のウィッキペディアを見たらば伝えている技の内容の記載がありました。おおむね異論がないものの不思議に思ったのが私に伝授された心法に関する記載が一切見受けられませんでした。王老師の技はすべてがこの心法に則って構成されており、心法を理解すると僅かな動きで相手が崩れてしまいます。少々不思議に思うのですが、他には伝わっていないのかもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先天大道の祈祷

2012-01-22 20:26:07 | 胡散臭さもまた楽しい。
 台湾では天恩宮などの先天大道の寺も存在するので以下に紹介する祈祷の仕方を覚えておくと便利です。
明名上帝五個
諸天神聖三個
弥勒祖師三個
南海古佛三個
活佛師尊一個
月恵菩薩一個
師尊一個
師母一個
点伝師一個
引保師一個
前賢大衆一個

私は王老師の家に住んでいた時に朝昼晩と仏壇の前でこの祈祷をおこなったのはなつかしいおもいでです。(最初はこのやり方で本当はもっと本格的なやり方があり、今ではそのやり方で朝と晩に祈祷をしています。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先天大道の用語(呼び名)

2012-01-21 22:47:31 | 東洋思想
本道ぬ0における用語[呼び名]は甚だ多いのですが、簡単に聖と凡の両方面の見地からここに簡単に記載します。

神仏方面
①明名上帝[すなわち無生老母)
②弥勒先祖[すなわち弥勒菩薩)
③南海古佛[すなわち観音菩薩)
④済公活佛(すなわち活佛師尊)

人の世の方面
①師尊[本道の師匠で最も目上の上司。)
②点伝師[師匠に代わって伝道するものはみな点伝師。)
③引保師(求道者を引き入れる人と神仏の加護を保証する人はみな引保師である)
④前人あるいは前賢[早くにこの道に入った先輩は皆前人と呼ぶ。)           
⑤弟子[師尊の自称あるいはしばしばその弟子。)
6後学 [点伝師引保師から前人まで・。)
⑦壇主{各壇の主をこう呼ぶ。)
⑧道親[道にかかわりを持つ人は男女を問わずこう呼ぶ】{暫訂仏規] 

注:王樹金老師は先天大道の地位は前人になります。                                                                                                           9
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奉天承運とは何か

2011-10-13 13:07:05 | 胡散臭さもまた楽しい。
奉天承運について義誠国術館のホームページの掲示板にて説明したので御一読ください。
 http://www13.plala.or.jp/gisei/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地山謙について

2011-10-13 12:42:06 | 胡散臭さもまた楽しい。
 易経64卦のなかで最も重要視されるのが地山謙です。山のような深い徳をもって地のように身を低くするという意味で謙遜をもってすべての事柄が好転するといいます。以前に義誠国術館のホームページのコラムに書かせていただきましたので御一読ください。http://www13.plala.or.jp/gisei/
 易経でこの卦がもっともじゅうようしされるのうなずけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元享利貞

2011-07-14 01:22:52 | 東洋思想
易経の言葉に元享利貞があります。
元は宇宙の根元を意味し、根元から派生した炁が生きとし生ける者に働きかけることを享といいます。天から炁を通して恵みを受けることそれからふけた恵みに感謝をもって他に恵みを与えることを利といい、人に恵みを与えて陰徳を積み上げることを貞といいます。季節にたとえると植物が生長し始める春を元としエネルギー十分に与えられる時期を夏とし、エネルギーによって成熟しきった秋を利とし更にかれて行く冬を貞とします。人は天によって育まれ、人に慈愛を施すことによって陰徳が積まれます。武道の修行も最終的には天からのエネルギーを感じ、それを駆使して修行を貫徹することだと思います。日々感謝と隠匿を心がけて武道の修行に励みたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解脱とは

2011-06-11 22:25:10 | 胡散臭さもまた楽しい。
解脱とは、仏語でいうところの「一切のありさまを離れる。」ということで俗にいう」一切を見破るということです。世情の酸っぱい、あまいy、苦い、辛いということに加えてしょっちゅう静かに念じこれは本性上の見方でなければなりません、ことが来りて即応じことが離れてきれいな状態になります。自分を離れて本性を見出すということは隔たりのあることではありません、強大な国土はみな私の所有ではありませんし、妻や子はいつも集まるわけではありません。金銀百万金は不安をもって番をし、ただ天命のの本性は修めれば神となり捨てれば亡霊となります。苦楽はすべて自分で探すもので、これを実行すれば解脱から離れられません。[一を貫く道の教え」疑問解答下巻44]
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天人一貫とは何か

2011-06-03 11:30:28 | 胡散臭さもまた楽しい。


宇宙は一つの大きな天であり、人は一つの小さな天です。言い換えるならば人は小さな宇宙でありまた宇宙には理と気と象があり、また人にも理と気と象があります。人の骨肉その他は象であり、呼吸と体全体を流れる気は、気であり、全身を支配する本性は理です。
人の気と宇宙の気は互いに通じ合い、人の本性と宇宙の理は、互いに合い通じます。

理は、万物を全体の本性であり、本性とは人がそれぞれ備えている理です。理は宇宙を掌握し 本性は人の体を掌握しています・宇宙の気が理に勝てば宇宙の万物はすぐに中和を失い、人の理が、気にさえぎれば人の行いはすぐに中和を失います。このことを天人一貫の理といいます。
【1を貫く道の教疑問解答下巻28】
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

外功とは

2011-05-18 17:53:02 | 東洋思想

外功とは何ですか。
現代は三期末劫(注末法の世)に当たっていて一を貫く天道は、機運に応じて世の降りて、道の仲間は、各々が善を勧めて人を一人前にする責任を負っています。人を救い世間に利益をもたらす行いをし、あらゆる人を善に向かわせ、世の中を禍から救う心を有し善を信じるように広く感化して、しきたりに則り道を求めさせます。この種の功徳を、外功といいます。

36外功を行う時どのようなやり方が適当か分かりません。
外功を行う時売名行為の心があってはいけないし、口汚い言葉や怒りを表してはならず、若し功を行なうとき名声を得ようと画策するならば修練を云々することは出来ません。本性ががさつで立腹したりする人が伝道してもこれは修道の人とは言えません。すべての修業は,三教の聖訓を尊重することであり、全力を尽くして実行することです。
凡そ善書を書き写したり、仏堂を設立したり、道義を宣伝したり人の妙智慧を覚醒させることは、すばらしい功徳です。一人を感化して一人前にし九祖の所へ極楽往生させ,善書を写すことは、布施よりも優れています。三教の聖人も、ただこの業をしたに過ぎません。
 また義理の上から災害者や遭難者などの急を救って、被災者を助け災難を取り除いて、
小さい事柄では一人で出資をし、大きな事柄では資金を集めて、彼らは、役に立つ金銭の功徳を行なっています。何時でもどこでも、おだやかな言葉と優しい顔つきで,色々と諭し導いて 父に対して慈悲を説き子に対しては孝行を話し、兄に対しては友好を説き、弟に対しては恭敬を説き。夫婦に対しては和睦を説き、友に対しては誠実を説きます。また役人に対しては、忠実で正しいということを説き、もし悪人に会ったらばこの人に足を洗わせ、また善人にあったらば道をきわめて精神を涵養することを勧めます。広く三教を実行し五つの恩に報い、このことは人を往生させる修行の法となります。【一を貫く道の教疑問解答】



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三曹済度とは何ですか。

2011-05-17 18:08:50 | 東洋思想
三曹済度とは何ですか。
一を貫く道の教が魂を救う範囲はきわめて広く上は天の川の星星や気天の諸々の仙人や、中は人間やありとあらゆる生物を救い上げ下はあの世の亡霊を救い上げます。これを三曹済度といいます。、【道の教疑問解答】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炁について

2011-05-12 10:48:14 | 東洋思想
皆様は炁という字をご存知ですか。中日大辞典を確認すると、気(道家の言葉)と解説してありました。天然の気を一般の字の気を使い、鍛錬によって磨かれた気を炁といいます。煉精化気 煉気化神 煉神還虚のとき正確には炁を用います。よく形から鍛錬して一点の炁にかえるといいますが、この場合の一点とは身体の意念の用い方を言うのであり、ここに口伝が存在します。また煉神還虚を行なうのに、素食【精進潔斎)が不可欠なことが分かりました。王樹金老師の技の奥義である煉神還虚は絶対に精進潔斎が必要なので、王老師の奥義を得たと行っている人がいますが、厳しい精進潔斎を行なったのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加