北の大地の かあちゃん日記

北の大地のように逞しく生きてます。
孫育ては大変 親代わりで日々奮闘してます!
膝に人工関節入れながら頑張ってます。

私の大好きなUSAドラマ

2016年10月19日 | USAドラマ

 スキャンダル5

ホワイトハウスを舞台にした、ラブサスペンスが禁断の第5章へ!

セレブのスキャンダルの封印に奔走する、オリヴィア・ポープの波乱に満ちた活躍を描く。

政界などのセレブのスキャンダルのもみ消しに全米一の腕前を自負する"フィクサー"、オリヴィア

(全米の女性のファッションリーダーになったケリー・ワシントン)。

しかし長く続くグラント大統領(トニー・ゴールドウィン)との愛人関係のため、

自身もスキャンダルの標的になりかねない、空前絶後のドラマティックヒロインだ。

全米ABCネットワークでの放送が2017年1月、第6シーズンに突入するロングランヒット作から、第5シーズンを日本初放送。
 ホワイトハウスを舞台にした大スケール、二転三転するサスペンス、スキャンダラスな人間関係が

猛スピードで展開し、はまると止まらなくなると評判。

製作総指揮を務めるションダ・ライムズ(『グレイズ・アナトミー』)は第5シーズンを

「オリヴィアとグラント以外の全員に何が起きてもおかしくないわ」と語る。リアルな挿話も多く、

米国が4年に1度の大統領選で盛り上がる今こそ、面白さは格別だ。

これ好きです。早い展開 毎回何かが起きる どう対処するんだろうとハラハラドキドキ感がいい


 クリミナル マインド FBI行動分析11

シリアルキラーの次なる犯行を防ぐべく、プロファイリングで犯人像を推理するFBIのエリートチーム《BAU》。

その活躍を描く大ヒット犯罪捜査ドラマ第11シーズン。

アーロン・"ホッチ"・ホッチナーを演じるトーマス・ギブソンが、シーズン12第2話を撮影中に製作者兼脚本家と論争になり、シーズン途中で解雇されたため、BAUはチームリーダーが不在になってしまった。デイモンが演じる役柄は直接ホッチの後任というわけではなく、シーズン12途中で誰がリーダーになるかが明らかになるようだシーズン11をもって降板したシェマー・ムーア演じるデレク・モーガンの後任として、『CSI:マイアミ』のエリック・デルコ役でおなじみのアダム・ロドリゲスがルーク・アルヴェスFBI特別捜査官役で新加入。さらには、シーズン11にも登場していたドクター・タラ・ルイス役のアイシャ・タイラーがレギュラーに昇格し、エミリー・プレンティス役のパジェット・ブリュースターがシーズン途中からレギュラーとして完全復帰することも決定している

私の大好きなホッチナーとモーガンがいなくなる これから どうなるの?空気がガラリと変わったら嫌だな


 ブラインドスポット タトゥーの女

NYのタイムズ・スクエアに置かれたボストンバッグの中から全身タトゥーに覆われた女性が現れる。

身元不明で記憶喪失の彼女の背中には、FBI捜査官カート・ウェラーの名前が彫られていた。

カートはこの事件の担当となり、彼女(ジェーン・ドウ:身元不明の女性のこと)の取り調べを行っていく。

体にある中国語のタトゥーを読み解くと、ある住所が浮かび上がり、2人はその場所に向かう。

男性と格闘する場面でのジェーンは身体に戦闘技術が身についている様子だった。

ジェーンは捜査を進めるうちに何者かからトレーニングを受けていた記憶が蘇っていく。彼女の使命は何なのか…。

展開も早いし 謎が多いので あれこれ想像しながら見てますが面白いです


 グレイス アナトミー12

恋に仕事に忙しいドクターたちの日常を描く全米大ヒットのメディカル・ドラマの第12シーズン。

本シーズンで記念すべき通算250話を迎える。

「グレイ+スローン記念病院」の外科医メレディスは、夫デレクが事故で脳死状態となり、

彼から生命維持装置を外すというつらい決断を下す。その後、仕事に復帰するものの

デレクのいない寂しさを抱えながら子育てと仕事の忙しい日々を送っていた。

メレディスはアレックス(ジャスティン・チェンバース)から買い戻した家で妹

マギー(ケリー・マクレアリー)、アメリア(カテリーナ・スコーソン)と共同生活を始めるが

生活習慣の違いで互いにイライラが募る。一方、新たな外科部長を決めるため理事会が開かれることになるが

部長候補のベイリー(チャンドラ・ウィルソン)は思わぬ優秀なライバルの出現に動揺する。

そんな中、ERには列車にはねられた女子高校生2人が搬送されてきて……。

もう12年も見てるんですね~病院ものですが恋愛あり、ドロドロの人間関係あり

大事件もありで 毎年飽きさせてくれません。

海外ドラマは半年に1回ワンシーズン撮るので 続きは1年後になるんです

 

シャーロック・ホームズと女性のワトソンが、現代のニューヨークを舞台に難事件の捜査に挑む。

全米大ヒット中のスタイリッシュな痛快犯罪ミステリーの第4弾!

 

かつてドラッグに溺れて苦しんだホームズは、当時自分にドラッグを売ったオスカーが

ホームズの友人アルフレードを傷つけたことに激怒し、オスカーを半殺しにしたため起訴されそうになっていた。

さらにオスカーにそそのかされドラッグにまで手を出してしまう。その結果ホームズは検察に起訴される寸前となり

さらには警察に市警顧問の任を解かれてしまった。それが父親モーランドに知れ

ロンドンからニューヨークにやって来ると知らせが入った。

そのころホームズのもとに若い女性たちを殺した資産家ブルームがやって来る。

彼は妻を含む3人の女性の失踪に関わっているといわれていたが、妻は殺していないから

真犯人を見つけてくれとホームズに頼み、目前で意外な行動に出る。

1話完結の話が多いです。変人の?ホームズと女性のワトソンのやり取りも面白いんですよね。

もちろん 奇抜な事件の解決方法も 毎回楽しみにしてます。


まだまだ沢山見てるんですけど お勧めの5作品でした。

入院中に沢山録画が溜まってたので 毎日見てます

日本のドラマより ず~~と面白いですよ



コメント投稿は コメント( )内の数字クリックしてね


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝 歩いた時に膝の調子が解る? | トップ | 親戚の叔父さんが・・・お通夜へ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。