わんこーちんぐ

★わんこは無限大★

言葉が多いデメリット

2016年10月13日 | わんこ

写真は待ちくたびれているだけなのですが

言葉が多すぎて解らない言葉を放棄しているイメージにも当てはまったので

ルルちゃんの背中を借りましたルルるん有難う

 

先日「こりゃあ言葉の渦だな」と思うことがあったので言葉が多いことが、どうして良くないのか

まとめてみます!

 

 言葉を聞き流すことがクセになる

 必要な指示が届かなくなる

 言葉が多いほ犬の興奮を引き出す+人間の弱さ、不安、焦りが伝わる

 

「みてるの~?」「大丈夫だから」「イイコでしょ頑張って」「ウッって言わないよ」「これから何するか解るもんね」「散歩に行くよ散歩、散歩好きだもんね」「いい天気だ気持ちよいなぁ」これらのことをノンストップで言い続ける飼い主さん

話しかけないほうが良いですと伝えると「は?なんで?」って感じのきょとんとした顔をされていましたね

人間の子供と同じように可愛がっているから(そもそも犬を人扱いなのがツッコミたいけど)不思議で仕方がないようでした。

 

解らない言葉(音)はバックミュージック状態と同じ、聴こえるけど聴いていない ずっと話しかけていて急にスワレって知っている言葉が入ってきてもなんのことってなりますよ。

 

言葉は褒める(喜び)指示のアトエ、スワレ等(やること)だけ使う

 

今日のポイントテストにでます(笑)

説明とか、ご自身の気持ちとか言わないほうが犬は言葉が少なくて

人間が何を言っているのか解りやすいです。言葉が少ないのは犬に親切

 

犬は基本的に白か黒かの世界

説明などはグレーなんです。

グレーが長く続くと興奮します。興奮するから吠える、噛むと問題が起きるのです

なだめる為の言葉も「自信ないです」と言っているようなものです。更に「言葉に意識が向いている内にやってしまいたい」とすり替えているのと同じこと

他に気が行ってくれるうちは良いけれど、犬次第ですから気が行かなくなったらアウトです

 

ちなみに言葉が少ないメリットは犬が解りやすくて、
行動しやすい、たまにしか言葉がこないから拾える率も上がるです

 

常に一緒にいる、暇さえあれば撫ぜている!これもデメリットですよー

褒められるのが当たり前になり、何もしなくても褒められるのだから自然とやらなくなる

注意されるはずがないと教えることにもなるから、怒られても逆切れされる可能性が高いですね

 

困っているときほど新しい方法を(足し算)試したくなるけれど、辞めること(引き算)の方が好転することが

8割~9割です 今までの習慣を変えるのって大変ですよねそれは犬も一緒

だから一緒に習慣を変える必要がある

習慣を変えるお手伝いが訓練士辛口なのかもしれないけれど

飼い主さんと犬が生活しやすくなる、困っていることが扱えるようになる、

お互いが誤解なく意思の疎通が取れるようになるのが目的なので、目的に必要な事は

ハッキリと伝えます犬よりはグレーありますから(笑)ソフト対応がご希望でしたら、そっと教えてください

私も言い方をソフトに変える努力をしますから

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フルーツしつけ相談会 | トップ | 写真撮影にハマっています( *... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む