ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)

風の向くまま、気の向くままに……

地球の現実 - アマゾンの森林55%壊滅も

2007-12-10 07:57:04 | 地球環境


 日経ECOLOMY(-環境+経済+私-)ニュースコーナー12月6日付の記事である。タイトルは、「(12/6)アマゾンの森林55%壊滅も ‐ 地球温暖化加速の恐れ」である。
 タイトルにリンクを張っておくので、ニュースコーナーで公表されている他の記事も含めて、参考になると考えられ、チェックされることをお勧めする。

 記事の内容は、「世界最大級の熱帯雨林がある南米アマゾン川流域について、開発や地球温暖化で2030年までに森林の55%が壊滅的な打撃を受け、それが地球環境の悪化を加速する」恐れがあるとするものである。
 アマゾン流域と温暖化の関係は、WWFによると、「アマゾン川流域は太陽光や熱を大量に吸収、地球を冷やしている」とのこと。このアマゾン流域における「農園開発や森林伐採、火災、干ばつが現状の勢いで続くと、30年までに55%の森林が消失するか、森林機能が激しく劣化」とするものである。

 気候変動であったり、環境の変化は、地球規模で進行することは当然であり、その意味で、注目しておくべき記事である。
 参考のため、引用しておく。

 ========
 記事引用
 ========
 【ヌサドゥア(インドネシア・バリ島)6日共同】環境保護団体「世界自然保護基金」(WWF)は6日、世界最大級の熱帯雨林がある南米アマゾン川流域について、開発や地球温暖化で2030年までに森林の55%が壊滅的な打撃を受け、それが地球環境の悪化を加速する恐れがあるとする報告を発表した。

 気候変動枠組み条約締約国会議を開催中のインドネシア・バリ島でWWFが発表した報告書「アマゾンの悪循環」によると、アマゾン川流域は太陽光や熱を大量に吸収、地球を冷やしている。

 しかし、農園開発や森林伐採、火災、干ばつが現状の勢いで続くと、30年までに55%の森林が消失するか、森林機能が激しく劣化。近年の世界的なバイオ燃料、大豆、食肉の需要増大で、森林破壊のペースはさらに早まる可能性がある。

 アマゾンの森林劣化は地球規模の温暖化を加速し、南米だけでなく、北米の穀倉地帯や東アジア、インドにまで降雨量減少などの影響が及ぶという。

 今回の気候変動枠組み条約締約国会議は、今後の国際交渉の行程表づくりに次いで森林保護が重要課題。WWFの報告書は熱帯雨林の保全のため、森林火災の防止のほか、森林を保護する発展途上国に対価を与える新たな仕組みが必要と指摘している。
 ========
 Written by Tatsuro Satoh on 10th Dec., 2007

  地球は救えるか〈1〉
NHK取材班
日本放送出版協会

このアイテムの詳細をみる


  熱帯雨林の死―シコ・メンデスとアマゾンの闘い
アンドリュー レヴキン,Andrew Revkin,矢沢 聖子
早川書房

このアイテムの詳細をみる

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球温暖化検証の歴史 | トップ | 囲碁の天才、呉清源のピュア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。