ウェザーコック風見鶏(VOICE FROM KOBE)

風の向くまま、気の向くままに……

神戸ルミナリエ開幕

2007-12-09 07:59:34 | 阪神淡路大震災/震災関連

 日本経済新聞12月7日付43面で、「神戸ルミナリエ」開幕との報道がなされている。タイトルは、「鎮魂・希望の灯守れ」であるが、もうひとつ「風前の…灯」と記述してある。
 神戸ルミナリエは、阪神淡路大震災の犠牲者6434人を追悼し、復興への思いを込めた光のイベントとして、1995年末に第1回目が催され、今年で13回目である。

 

 しかし、5年ほど前から企業の協賛金や募金が減少し、警備に莫大な費用がかかることも含めて、収支が急速に悪化。来年以降の存続が危ぶまれているとのことである。
 主催者は「追悼と希望の灯を守りたい」と訴え、今年から会期を2日間短縮、来場者に「一人百円募金」を呼びかけているとのことである。

 

 阪神淡路大震災を直接体験した一人として、毎年400-500万人が訪れる神戸の一大イベントであること、また、タイトルにもあるように「鎮魂・希望の灯守れ」との観点から、継続を期待したいところである。

 

 年が明けて、2008年1月17日には、13回目の「震災の日」を迎えることになる。
 当時8歳及び3歳であった長女、次女も大きく成長し、それぞれ、大学3回生、高校1年生になっている。
 しかし、他方で、多くの子供たちの命も奪われ、そうした子供たちを失った人々にとっては、「辛い思い出」のみが心の奥底に沈殿していることになる。
 組織委員会によると、「震災10年を境に関心が薄れた」ということのようであるが、震災体験の風化を避け、「鎮魂・希望の灯守れ」との思いが貫かれて欲しいものだと感じる。。。
 Written by Tatsuro Satoh on 9th Dec., 2007

阪神大震災ノート 語り継ぎたい。命の尊さ―生かそうあの日の教訓を 阪神大震災ノート 語り継ぎたい。命の尊さ―生かそうあの日の教訓を
住田 功一
一橋出版

このアイテムの詳細をみる


小松左京の大震災 ’95―この私たちの体験を風化させないために 小松左京の大震災 ’95―この私たちの体験を風化させないために
小松 左京
毎日新聞社

このアイテムの詳細をみる

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温暖化対策が新たな雇用を創出 | トップ | 地球温暖化検証の歴史 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
エッチな動画大全集 (エッチな動画大全集)
エッチな動画大全集
セコム損害保険株式会社 (セコムとは,神戸ルミナリエ開幕)
セコム損害保険は保険事業を通してセコムグループのノウハウを最大限に活用し、信頼と安心をご提供します。 ■ セコム損害保険はセコムグループの一員です セキュリティ事業トップのセコムグループは、安らかな社会の構築に貢献する事業を発掘し実現することにより高い...
#343 -’07. 星降る光のページェント in 原村(そのニ) (週末を原村で)
星降る光のページェントin 原村の第二段です。 第一ペンションビレッジの広場とドイツトウヒとモニュメントを中心に。 昨年も訪れた時は天気に恵まれず、今回も見てる内に天気が怪しくなってきた。 それでも昨年は人気投票に一票投じる事が出来たが、今年は投票しなかっ...