狸便乱亭ノート

抽刀断水水更流 挙杯消愁愁更愁
          (李白)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワカサギ煮干しの話

2008-06-05 15:00:17 | 日録
         

マイ・ワイフ(moukunさんが令夫人さまをこうお書きになっているので、つい…)が、灯刻住宅団地の方面をウオーキングの序でに、国道沿えの産直店で仕入れた来た。
わが地方の特産物「ワカサギ煮干し」である。これで一パック分である。
勿論飯のおかずにもなるが、ここでは晩のお酒のつまみが一番と言いたい。目玉ごと食べるしかないから、深窓育ちであらせられるお方様には不向きかも知れないが。
しかしボクは、これ以上の酒の肴は、まず他にあるまいと自負している。
この地方は、日本第二の名湖を抱えているので、
ワカサギ煮干し、シラウオ煮干し、エビのかま揚げ、佃煮等が特産物である。
これまで、特産物に「美味いもの無し」などと云われても、県外の親戚や友人に、土産物として持参したり、宅配で贈ったりしてきた。
あるとき、ごく親しい間がらのワイフの友人が、
「どうやって食べるの?」と、御礼方々の電話がかかったことがあったそうである。

なるほど煮干しであるから、吸い物の出汁をとるものと考えた人もあったかもしれない。しかし塩味の味に仕立ててあるから、そんなことをしたら、まことにエキゾチックなグロテスクな料理が出来上がるであろう。やはりここは、そんのまんま食べるか、醤油をぽっちり垂らして食する以外に途はないだろう。
待てよ。インターネットで調べると、何かあるかも知れない。
あった!何と…。
「湖のワカサギ」
魚はペット(犬、猫)にとって重要なタンパク源ですが人間と比較して圧倒的に汗腺の少ない犬猫には今までの煮干は塩分が最大の問題点でしたが、「湖のワカサギ」はこの問題を解決した画期的な商品です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガソリン狂想曲 | トップ | 財源の不思議 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (moukun)
2008-06-05 23:37:33
tani様、こんばんは。
いやはやオチに切れがあります。
(笑)
ワカサギといえば北国で氷に穴を穿ち…という
イメージが強い私でしたが、そうですか。
そちらの名産でもあるのですね。

ああ。暑い。
実は、つい先ほど事件が発生したのです。
アルバイトから帰宅した長女に変質者が
露出したらしく、110番すると警察が
飛んできました。
どうやら近辺でも今日だけで3件目らしく、
どうりで警察の到着が早かったはずでした。
頭に血が上った私が大型のバールを片手に
近所を見回ってみましたが、すでに気配は
無い模様。
今から、も一度廻ってみます。
つかまえたら…ゆるしませんよ。私。
災難! (tani)
2008-06-07 20:13:14
まず無事なりしこと、お慶び申し上げます。
それにしても、最近の野郎ども、いけませんねぇ。
どんなKINTAMAの形態なのか、バールでこじ開けねばなりませぬ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
忍術の巻 (TANISHITA通信)
穏形の術には金遁・木遁・水遁・火遁・土遁の五道があるが、この術はその何れにも与しない。少女は夏休みにやってきて、地球を軽々と持ち上げてしまった。 谷流温雅平安の術である。