定年後の田舎暮らし

 定年後、神奈川県から北海道のニセコへ移住し、田舎暮らしを始めました。

百年の森の花達

2017-05-11 06:53:21 | 野菜と花

 5月7日は「えぞふじ合唱団」で、倶知安町にある百年の森で春を歌う会が行われました。

 百年の森は営林署の森の一部を倶知安町が譲り受け、出来るだけ人の手をかけずに放置?して、守っていこうと云う試みで、森を管理する一家族だけの家があるだけの静かな場所です。
 幸いに、ここにわが「えぞふじ合唱団を指導していらっしゃる先生が住んでいられるのです。

 トドマツ、ミズナラ、シラカバなどの木々が9.83ヘクタールもの広い森に植えられており、きのこ食菌活動や、ホタル観察地域があり、地域にあった森林を次世代に残すための森林作り活動が行われているのです。

 

   

     

       

  歌声の会の開始前に時間がありましたので、散策をしながらたくさんの種類の花の撮影をしてきました。まずは「ヤチブキ(エゾリュウクンカ)」と、「エゾエンゴサク」です。花の色が微妙に違います。

   

     

        

    水辺の「ミズバショウ」は清らかです。

   

       

    「キクザキイチゲ」と可憐な「カタクリ」もたくさん咲いていました。

   

     

        

   思いがけなく白い「オオバナノエンレイソウ」も咲いていました。これは北大の校章になっている花です。小さな濃い紫色の「エンレイソウ」もありました。

       

        

   こぶしの花の咲いていましたが、残念ながら桜の花はまだ硬いつぼみのままでした・・・

   森の散歩をしたり、森林浴をしたり、バードウオッチングをしたりと、倶知安町民のいこいの場所となっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛のテールのシチュウほか | トップ | 百年の森、春を歌う会 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
百年の森の清らかな花たち (のんスケ)
2017-05-11 07:24:15
 どの花もハデバデしくなく清らかでイイですねえ! 北大の校章になっているというオオバナノエンレイソウも、清楚で凛としていてステキ♪
 こんな素敵な百年の森で歌えるなんて、なんて素晴らしいんでしょう!
のんスケさんへ (じゅん)
2017-05-11 08:18:22
あいにく肌寒い日でしたが、いろいろな花が咲いていて素敵な所になっていました。夏にはホタルを放し、秋にはきのこが採れます。

コメントを投稿

野菜と花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。