定年後の田舎暮らし

 定年後、神奈川県から北海道のニセコへ移住し、田舎暮らしを始めました。

友人一家の訪れ

2017-03-30 06:52:40 | ニセコ周辺

 3月29日、親しくしている兵庫県のIさん夫妻と、その息子さん夫妻と孫二人が、雪のニセコを楽しみたいとニセコに来られました。

      

  ヒラフスキー場ではスキーの競技会が行われていたらしく、ウイークデイの割には人手が多くてホテルも満室のようでした。

 スキー場のすぐ近くのアルペンホテルに宿泊されるので、バスの終点で皆さんを出迎え、まず、ゴンドラでスキー場まで上って行きました。

     

        

          

   お天気も良かったので、羊蹄山もくっきりと見えて、皆さんを歓迎しているようでした。男の子二人はゴンドラに乗って大はしゃぎでした。

     

        

          

            

   ゴンドラを下りてすぐに、私達が用意したそり遊びです。初めての経験だったらしく、滑ったり転んだりで楽しそうでした。

     

         

   お天気続きのスキー場は、割りに良さそうなコンディションでした。スキーを履いていなくても、ゴンドラを利用することができます。

      

     ダケカンバの大きな木の間から覗いた太陽です。

    明日は子供達は一日スキースクールに入って、初めてのスキーを楽しみにしていました。

   

      

      Iさん夫妻はこの日は我が家にお泊りになるので、私達と4人で街外れの「ル カンダ」というイタリアンのレストランに行きました。

      ホタテの前彩はさっぱりとした北海道の味で、

     

         

             

    パスタ、タラのソテー、留寿都ポークのソテー、デザートなどなど・・・私達には程良い量で、とても美味しく好評でした。

    我が家ではNさんにいただいた蒸したベビーホタテをおつまみにしてお酒をいただき、夜遅くまで話が尽きませんでした。Nさん、どうもご馳走様でした!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薪運び | トップ | コハクチョウの飛来 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニセコ周辺」カテゴリの最新記事