定年後の田舎暮らし

 定年後、神奈川県から北海道のニセコへ移住し、田舎暮らしを始めました。

千綿周辺1)大村線千綿駅

2017-06-18 10:48:06 | 旅行

 6月11日の日曜日、お店が定休日のため、妹夫婦と孫を連れて近くの千綿方面にドライブに出かけました。

   

     

  ここ千綿駅は今は無人駅となっており、1-2時間に1本のディーゼルカーが停まります。

  レトロ風な昭和の面影を残す木造の駅舎は、「海の見える駅」として最近は有名になっており、私達が到着した時にも、大きなカメラを持った写真クラブのグループが、バスで来ていました。昔「青春18きっぷのポスター」にも登場したそうです。

  無人駅ですが、駅の中にはカフェが出来ていて、飲み物は勿論、おにぎりと味噌汁、サラダ付きキーマカレーライスが、すぐに売り切れになっていました。

  

     

       

          

   ホームから柵1つ遮るもの無く、海(大村湾)を望むことが出来る場所が売り物で、列車は海岸線を走ってハウステンボス、佐世保方面または長崎方面に走っています。待っている間にブルーの会急く列車が通り過ぎて行きました。

     

       

    

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰省 | トップ | 千綿周辺2)やすらぎの里と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。