ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

映画 バリー・リンドン(1975) 栄枯盛衰が描かれています

2012年02月27日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり・・・という有名な出だしで始まる平家物語。現在大河ドラマで放映中の平清盛が大活躍?する軍記物語だ。平安時代の貴族が没落していく中で武士の代表として成り上がり隆盛を極める平家だが、やがて源平合戦により源氏に滅ぼされてしまう。
 栄える者は、必ず滅びるという歴史的真理を描いた平家物語は我が国日本において既に鎌倉時代の1309年には完成されていたと言われる。このような日本史だけでなく世界史でも見受けられる歴史的真理を四文字熟語で栄枯盛衰と言う。

 さて18世紀のヨーロッパを舞台に、田舎者の1人の青年が上流社会に溶け込み成り上がって行く様子と、人生の頂上から真っ逆さまに転落していく様子が二部構成で描かれた映画が今回紹介するバリー・リンドン。前半は青年の無計画な行き当たりバッタリの行動は綱渡り人生そのものだが、恐るべき強運を発揮して上流社会に溶け込んでいく様子が描かれる。そして後半は一転して何をやっても上手くいかずに真っ逆様に転落していく様子が描かれる。
 1人の青年の波乱万丈、栄枯盛衰の人生が描かれている大河ドラマだが、個人的には何をやっても上手く行かない後半のドラマの方に恐ろしいほどリアリティを感じた。

 はっきり言ってストーリー自体に大して新鮮さがあるわけでも無く、波乱万丈の人生を描いている割には主役のライアン・オニールの演技が下手なせいなのか、それとも狙ってのことなのか、彼の表情にもあまり抑揚がないためにストーリーが淡々と進む印象すらある。
 むしろこの映画の凄いところは、歴史映画の分野に属するだけにデザイン、衣装、とても美しい映像が挙げられるだろう。完璧主義者で知られるスタンリー・キューブリック監督らしく時代考証を丹念に積み重ね、18世紀ヨーロッパを完全に再現した衣装、セットのこだわりは必見だろう、と言ってもこの映画を観たどれだけの人がその凄さに気付くか疑問ではあるが
 出来ればこのような映画は小さい画面では無く、本当は映画館で観るべき作品なのかもしれない。

 叶わぬ恋愛、逃亡、軍隊、スパイ、賭博、華やかな社交生活、愛息の死、決闘、片足切断といった普通の人間ではなかなか経験できない1人の若者の数奇な人生を描いたバリー・リンドンを紹介します

バリーリンドン [DVD]
ライアン・オニール,マリサ・ベレンソン,パトリック・マギー
ワーナー・ホーム・ビデオ


Barry Lyndon (Blu-Ray)
Ryan O'Neal
Warner Vid


 18世紀のアイルランドの農家に生まれたレイモンド・バリー(ライアン・オニール)は、従妹のノラに恋心を燃やしていたが彼女は英軍将校のジョン・クイン(レナード・ロシター)と婚約してしまう。諦めがつかないレイモンド・バリー(オニール)はジョン・クイン(レナード・ロシター)に決闘を申し込むが彼を射殺?してしまう。
 レイモンド・バリー(オニール)は友人のグローガン(ゴッドフリー・クイグレー)から射殺してしまったことが警察にばれると捕まってしまうために早くダブリンへ逃亡するように忠告される。

 大金を持ってダブリンへ行くことに楽しい気分になっていたレイモンド・バリー(オニール)だったが、逃亡中に追い剥ぎに遭ってしまい一文無しに。彼はたまたま英軍が兵隊を募集していた村に辿り付きそのまま兵隊になってしまう。そこで偶然にも英軍の兵隊になったいた友人のグローガン(ゴッドフリー・クイグレー)と再会し、決闘での真実を聞かされる。

 やがてレイモンド・バリー(オニール)とグローガン(ゴッドフリー・クイグレー)はヨーロッパ大陸に渡り、七年戦争に参加する。レイモンド・バリー(オニール)は戦場で友人のグローガン(ゴッドフリー・クイグレー)が戦死してしまう場面に遭遇してしまい、彼は戦場から逃げ出すことを決心する。
 レイモンド・バリー(オニール)は将校の軍服と身分証と馬を奪って脱走し、英軍の同盟国のプロイセンに向かうが、途中でプロイセンの将校ポツドルフ大尉(ハーディー・クリューガー)と出会い、豪華なお城に案内されるが、身分を偽装したことがバレてしまい・・・度重なるピンチを思い付きと運の良さで切り抜け、やがて人生の栄光と没落を味わうレイモンド・バリー(オニール)の生き様は映画を観てください



 アイルランドの当時の状況がわかったり、プロイセンと言う国が登場してきたり、七年戦争を背景にしていたり、ほんの少しヨーロッパの歴史を勉強した気分になることができます。ひたすら前進する戦争の場面、顔に付けた大きなホクロ、決闘シーンなど印象的な場面が多々あります。

 ちなみに監督は巨匠スタンリー・キューブリックロリータのような文芸作品、現金(げんなま)に体を張れのような犯罪サスペンス、核戦争の恐怖をブラックユーモア的に描いた博士の異常な愛情、徹底した管理社会を暴力と性で風刺した時計仕掛けのオレンジなどあらゆる分野において名作を生み出しています。
 個人的にはベトナム戦争の狂気を描いたフルメタル・ジャケットがこの監督の作品では最もお気に入りです。他にスパルタカスシャイニングもお勧めに挙げておきましょう

 主演のライアン・オニールある愛の詩が最も有名だと思います。ちなみにザ・ドライバーという映画はかなりお勧め作品でライアン・オニールがとても格好良いです。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします



 



 







 
 

 
 

 

 

 

 





 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 デッドゾーン(1983) 超能力に憧れますが

2012年02月16日 | 映画(た行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 僕は非常に特徴の無い平凡な人間。そんな僕にとって超能力を持っている人は、とても羨ましい。もし僕に超能力が備わっていたら、きっと毎日が楽しいだろうなと思ってしまう。さて今回紹介する映画デッドゾーンの主人公はある出来事をきっかけに、人に触れるとその人の過去や現在、そして未来がわかる超能力を持つようになってしまう。
 他人の過去や現在そして未来までもがわかるなんて羨ましい奴だと思ってたら、この主人公はせっかく得た超能力を自分の利益に成るように全く使えていない残念な人間だ。それどころか急に得た超能力によって苦しい思いをしてしまう悲しい展開が待っている。
 この世の人類が最悪の結末を迎えることを予知してしまったために、そんな未来を変えるための使命を感じてしまった主人公が執った行動とは?

 現在の悪い状況を打破するために過去をグチャグチャにするという映画は名作、珍作を含めてたくさんある。しかし、未来に起こる出来事を防ぐために現在を変えようとする展開の映画は意外に珍しい。自分の将来がわからなくて不安だと感じている人は多いが、未来の事は知らないままの方が良いんじゃないの?と思えるデッドゾーンを紹介します

デッドゾーン デラックス版 [DVD]
クリストファー・ウォーケン,デヴィッド・クローネンバーグ,スティーブン・キング
パイオニアLDC


 高校の教師をしているジョニー(クリストファー・ウォーケン)は同僚であるサラ(ブルック・アダムス)と付き合っていた。
 ジョニー(ウォーケン)はサラ(アダムス)とデートしていたが、その日のジョニー(ウォーケン)は体に異変を感じ、せっかくサラ(アダムス)が家の中に誘うのを断ってしまう。そして帰り道でジョニー(ウォーケン)は自動車事故に巻き込まれてしまう

 ジョニー(ウォーケン)は5年間もの昏睡状態から目が覚めるが、サラ(アダムス)は既に別の男と結婚しており、子供も居る事にショックを受けてしまう。しかし、ジョニー(ウォーケン)はそれ以来、他人と触れるとその人の過去、現在そして未来がわかる超能力を得ている事に気付く。
 彼の超能力はマスコミの間でも評判になり、次第に彼は世間から隠れたような生活を強いられるが、時に彼の超能力は未解決殺人事件を解決したり、人助けにも活かされる。

 しかし、ジョニー(ウォーケン)は地元の勢いのある政治家であるスティルソン(マーティン・シーン)に触れる。その時ジョニー(ウォーケン)は後に大統領になるスティルソン(シーン)が核兵器のボタンを押すシーンが脳裏に浮かび上がる。ジョニー(ウォーケン)は核戦争を防ぐために苦悩するが・・・他人の未来は予知できても、自分の未来を予知できなかった主人公の結末は映画を観てください。



 スティーヴン・キングの原作を映画化。彼の原作を映画化したホラー作品は失敗作が多いと言われますが、この映画は成功した部類に入ると思います。スティーヴン・キング原作のお勧めのホラー映画と言えば、ブライアン・デ・パルマ監督のキャリー、スタンリー・キューブリック監督、ジャック・ニコルソン主演のシャイニング、フランク・タラボン監督のミストあたり。

 ちなみに監督はデヴィッド・クローネンバーグエログロな映画を撮る印象がありますが、今回のデッドゾーンは、かなり真面目に撮られた映画。
 彼の作品でお勧めはヴィゴ・モーテンセンがとても格好良いイースタン・プロミスが良いです。

 主演のクリストファー・ウォーケンはとてもクールなイメージがありますが、出演している映画は駄作、端役が多いのが残念。とても凄い俳優なのですが周りにアドバイスする人間が居なかったのでしょうか?ちなみに彼の出演しているお勧め作品はマイケル・チミノ監督、ロバート・デ・ニーロ共演のディア・ハンターが良いです。

 将来の大統領候補役のマーティン・シーン。この人の代表作と言えばフランシス・フォード・コッポラ監督の地獄の黙示録、他にウォール街では強欲な資本主義と真っ向から対立する思想を持った主人公のお父さん役が印象的です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします



 

 

 






 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ショコラ(2000) チョコレートが食べたくなります

2012年02月13日 | 映画(さ行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 すっかり日本でも伝統行事となっている2月14日のバレンタインデー。女性が好きな男性にチョコレートをプレゼントする記念日として有名だが、バレンタインデーほど男性の間で勝ち組と負け組がハッキリと区別される残酷な日は無い。そんな悪しき伝統は俺がぶっ潰してやる、なんて負け組みに属する者がほざいたところで残念ながら非常に白けた気分になる。
 日本の社会において悪しき伝統、風習と言えばサービス残業がその最たるものか。まあ日本の場合は良き伝統を破壊してしまおうとする人々が居ることの方が問題のような気がするが。

 実は今回紹介する映画ショコラは、小さな村を舞台に悪しき伝統及び習慣、そしてつまらない思い込みのために不幸な目にあっている人々を幸せに導こうとする話。しかも幸せになる方法がチョコレートを食べること
 美味しそうなチョコレートがたくさん登場し、しかもチョコレートを食べることによって暗い表情に沈んでいた人々が晴れやかな表情に変わっていくのを楽しむファンタジー豊かな映画です。
 チョコレートの魅力が伝わってくるだけでなく、親子関係、夫婦関係、恋愛関係などに代表される人間同士の絆の大切さを改めて教えてくれるショコラを紹介します

ショコラ DTS特別版 [DVD]
ジョアン・ハリス
パイオニアLDC


ショコラ [Blu-ray]
ジュリエット・ビノシュ,ジョニー・デップ,ジュディ・デンチ,キャリー・アン・モス,アルフレッド・モリーナ
角川映画


 フランスの小さな村に、北風が吹く中をヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)とアヌーク(ヴィクトワール・ティヴィソン)の母娘がやって来る。

 実はその村はレノ伯爵(アルフレッド・モリーナ)が村長をしており、彼は厳格な信仰の持ち主。その厳格な信仰を村の住民にも求めており、彼の独裁が村を支配していた。
 そんな村において、他所からやって来たヴィアンヌ(ビノシュ)とアヌーク(ティヴィソン)の母娘はチョコレート店を開く。

 村の風習に従わないヴィアンヌ(ビノシュ)とアヌーク(ティヴィソン)の母娘に村の住民達は最初こそ好奇の目で見るが、母娘が作り出すチョコレートの評判は次第に村民の間でも広がっていく。さらに村民の中にはヴィアンヌ(ビノシュ)を慕う者も出てくるのだが、レノ伯爵(モリーナ)はヴィアンヌ(ビノシュ)に対して反感を持ち・・・チョコレートの魔力によって村民達が変わっていく様子は映画を観てください



 チョコレートが食べたくなり、なんだかとっても幸せな気分になれる映画です。いつまでも役に立たない風習、習慣に囚われることのバカバカしさを感じることが出来ます。

 ちなみに監督はスウェーデン人のラッセ・ハルストレム荒みきった僕の心を癒してくれる作品を多く撮ってくれるお気に入りの監督です。彼の映画でお勧めはスウェーデン時代の作品ではマイライフ・アズ・ア・ドッグが代表作ですが、スウェーデンの自然で暮らす子供たちを羨ましく感じるやかまし村の子供たちが良いです。
 ハリウッドで映画を撮るようになってからの作品ではジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ共演で、とにかく2人が若いギルバート・グレイプがお勧めです。他にトビー・マグワイア、シャーリーズ・セロン共演のサイダーハウス・ルール、ロバート・レッドフォード、モーガン・フリーマン、ジェニファー・ロペス共演のアンフィニッシュ・ライフは絶対に観ておきたい作品です

 実はこの映画はキャストが豪華でした。
 幸せになるチョコレートを作る主演のジュリエット・ビノシュ。いつまで経っても可愛いフランスを代表する女優さんです。彼女の出演作品ではイングリッシュ・ペイシェントの従軍看護婦の役が印象的です。他にミハエル・ハネケ監督の隠された記憶ではダニエル・オートゥイユと夫婦役を演じていますが、一度だけは観て欲しい映画です。

 ジプシーの役で大スタージョニー・デップが出演しています。主演ではありませんが、個人的にはこの映画の彼が一番格好良いと思います。

 独裁的なレノ伯爵をアルフレッド・モリーナが演じています。スパイダーマン2での、8本の手足を持ったスパイダーマンの敵役が印象的。

 孫になかなか会わせてもらえないおばあさんの役で名女優のジュディ・デンチ。多くの名作に出演している大女優ですが、あるスキャンダルの覚え書きがお勧め。この映画の彼女はリアルに怖いです。
 他にレナ・オリン、キャリー=アン・モス、ピーター・ストーメア等、脇役も印象的な俳優で固めています。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします





 
 





 





 

  
 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 BIUTIFUL  ビューティフル(2010) 僕の心はビューティフル(BEAUTIFUL)です

2012年02月11日 | 映画(数字、アルファベット)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 とても美しいスペインの都市であるバルセロナを舞台に、美男美女がたくさん登場する映画かと思って観ていたら全く想像と違っていた。ちなみにタイトルのスペルは間違っているが、その理由は映画を観れば理解できる。
 スペインのバルセロナと聞くと何故か僕の心はウキウキする。サッカーが恐ろしく強いクラブチームがあり、アントニ・ガウディの建築物がたくさんあり、そして情熱的なラテン美女がいる。しかし、この映画で見せるバルセロナは華やかなイメージとは真逆で、大都市の片隅で過酷な現実に直面しているお父さんの苦悩が描かれている。しかも、このお父さんの苦悩は給料が減ってしまったために家のローンが返済できなくて悩んでいるよりも、もっと深刻なレベルだ。

 その日の糧を得るのに必死のお父さんは、まだ幼い子供2人と貧困な生活をしている。しかも違法行為に手を出すなど闇の仕事に関わっているお父さんだ。ところがそんなお父さんに対して、さらなる過酷な現実が待っていた。余命2ヶ月のガン宣告。死に対する恐怖と、自分が亡くなった後のまだ幼い子供2人がどうやって生きていくのかという心配が襲ってくる。
 そんなお父さんは残りの人生をまだ幼い子供達のために何をするべきか。それは遺された子供たちが安心してこの先も生活できるように、ひたすらお金を貯めることなのか?それとももっと他に大切なことがあるのか

 実はこのお父さんは違法行為に手を出しているなど褒められるべき人間では無いかもしれないが、本当に困っている人に対しては優しさを見せるような思いやりのある人。死を宣告されるとヤケクソな行動をしてしまう人が多い世の中にあって、他人の事を考えて行動するところは多くの人が見習うべき点である
 ところがこの映画の凄いところは、死期が迫っている人間に対してさらに追い撃ちをかける様に精神的にも追い込んでいくところ。我々が見習うべき行動が、全くご利益になっていないことに対して絶望的な気分にさえなってくる。

 この映画を観終わった後、きっと誰もがいったいこの映画のどこにビューティフルがあるのか考え込んでしまいそうなBIUTIFUL  ビューティフルを紹介します
 
BIUTIFUL ビューティフル [DVD]
ハビエル・バルデム,マリセル・アルバレス,エドゥアルド・フェルナンデス
アミューズソフトエンタテインメント


 スペイン、バルセロナの片隅でウスバル(バビエル・バルデム)はまだ幼い娘と息子の2人の子供を抱えて生活している。しかも別れた妻は薬物中毒におかされており、子供たちと出会っては息子が八つ当たりの対象になってしまうように子供を育てる資格が全く無い。ウスバル(バルデム)はそんな元妻にも出せるだけのお金を渡している。
 
 ウスバル(バルデム)は2人の子供を養うために、アフリカ系の不法移民たちの麻薬の取引き、さらには中国系の不法移民に対しての仕事の斡旋など様々な不法な仕事を日々請け負っているように彼の生活には裕福感はまるで無い。そんな彼は血尿が出るなどの体調不良を感じて病院へ行くが、診断の結果は余命2ヶ月の末期ガン。
 彼は自らの病状を誰にも相談することなく、死の恐怖に怯えながら、自らが亡くなった後のまだ幼い子供達のために残りの人生を過ごそうと決意するが・・・親子の絆、大都市の裏側、そして絶望的な中に見られる小さな希望の光はぜひ映画を観てください



 実はこのお父さんは霊能力という特殊な能力を持っている。日本でこんな凄い能力を持っていたらテレビにたくさん出れたりでお金持ちになれるのに、死を目前にした人間には霊能力が全く役に立たないことが悲しくなりました。そして父と息子の同じ症状?を抱えているが故の固い絆は感動的です。

 監督はメキシコの俊英のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。この人の映画は時間軸をバラバラにした時系列をシャッフルした構成が印象的。時々そのような手法が全く活かされていない作品があったりしますが、今回のBIUTIFUL  ビューティフルはそのような手法に頼らず、ドラマ性で勝負した印象があり、成功しています。
 この人の作品でお勧めは犬が重要な役割を果たすアモーレス・ペロス。他に旧約聖書の創世記のバベルの塔をモチーフにしたバベルも一度は観て欲しい映画です。

 主演のウスバルを演じるのはバビエル・バルデム。今回はボロボロの役を演じていますが、実は男前でダンディーな役もできるスペインの実力派俳優。コーエン兄弟監督のノーカントリーでは変な頭をした殺人鬼の演技が印象的。その他にはウディ・アレン監督のそれでも恋するバルセロナ、まるで本人とはわからない老けメイクで尊厳死の問題を描いたアレハンドロ・アメナーバル監督の海を飛ぶ夢などスペイン国内のみならず、ハリウッドでも活躍する大スターです。
 しかも私生活の方もペネロペ・クルスと結婚、子供ができるなど公私ともに今や絶好調、今後も期待したい俳優です。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




 





 

 


 
 

 

 

 
 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 父 パードレ・パドローネ(1977) イタリアでは有名な言語学者みたいです

2012年02月06日 | 映画(た行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 文盲でありながら著名な言語学者になったイタリア人のガヴィーノ・レッダの青春時代を描いた自伝の映画。字をまともに読み書きできなかった人間が涙ぐましい努力によって、そんなハンデを乗り越えようとする美談が描かれているのかと思いきや、その点が主題の映画では無かった。

 男にとって父親の存在とは人生のあらゆる点において、いつかは乗り越えないといけない壁みたいなもの。さて、俺は父親を色々な面で超えたと思っていたのだが、よ~く考えてみると何ひとつ父親の壁を乗り越えていないことに気付いてしまった。自分の父親とはいえ、意外にも尊敬するべき点が多かったことに気付く。
 そんな父親の絶対支配から自立しようとする青年の姿を描いた映画が今回紹介する父 パードレ・パドローネ。しかし、この映画に登場する父親はちょっと頭が固いうえに暴力的。殴られ、蹴られる恐怖感を抱きながら、父親の支配から抜け出そうとすることの大変さがよくわかる映画だ。

 父親のおかげで小学校を退学させられ全く勉強をする機会を与えられず。さらに父親の我がままのおかげで羊飼いにさせられ、6歳から20歳までずっと山小屋で暮らしつつ孤独と恐怖に耐える訓練を受けさせられ。そんな青春時代を送りながら、いかにして著名な言語学者になることが出来たのかを描いた父 パードレ・パドローネを紹介します

父 パードレ・パドローネ [DVD]
パオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ,ガヴィーノ・レッダ
紀伊國屋書店


 イタリア、サルディーニャ島において。羊飼いをしているエフィジオ(オメロ・アントヌッティ)は、小学校にやって来て6歳の長男であるカヴィーノ(ファブリツィオ・フォルテ)を連れ戻す。
 エフィジオ(アントヌッティ)は長男が家の仕事を継ぐのは絶対という考えを持っていて、長男のカヴィーノ(ファブリツィオ・フォルテ)が早く羊飼いとして一人前になるためには小学校に通わしている場合ではなかった。

 カヴィーノ(ファブリツィオ・フォルテ)は母親から早く一人前の羊飼いになるようにと家を送り出され、周りは羊が群がっている山小屋に1人で暮らすようになる。大自然の中で孤独と恐怖を覚えて、逃げ出そうとすると父親のエフィジオ(アントヌッティ)からの体罰が飛んでくる。
 ようやく20歳になったカヴィーノ(サヴェリオ・マルコーニ)は字の読み書きはまともにできず、ほとんど口もきかないような青年になってしまった。

 やがてエフィジオ一家は事業に失敗してカヴィーノ(サヴェリオ・マルコーニ)はエフィジオ(アントヌッティ)から有無も言わさず軍隊に入れられてしまう。軍隊の中において読み書きの必要性を迫られたカヴィーノ(サヴェリオ・マルコーニ)は軍隊の中で親友となったチェーザレ(ナンニ・モレッティ)の協力を得て、イタリア語の勉強を始める。
 カヴィーノ(サヴェリオ・マルコーニ)は故郷のサルディーニャの方言の研究をすることに興味を持ち、大学受験を考えるのだが父親のエフィジオ(アントヌッティ)から反対されてしまい・・・父親の支配から抜け出し、自分の人生を切り開いていく姿は映画を観てください



 荒涼とした大自然が非常に印象的な映画。実はこの映画はカンヌ国際映画際で最高の栄誉とされるパルムドール賞を受賞した名作。映画というのは名作と呼ばれる作品が必ずしも面白いとならないのが常識。しかし、個人的には初めて観たときは大変感動した映画で、改めて良い映画だと思いました。ヨーロッパ映画が好きな人にはお勧めです。

 監督はイタリアのタヴィアーニ兄弟。この人のお勧め作品としてはイタリア人の誇りと兄弟愛を感じることが出来るグッドモーニング、バビロン!、他にストイック過ぎる修道士を描いた太陽は夜も輝く、戦争映画にしてどこか寓話的なサン★ロレンツォの夜も良いです。

 怖いお父さんを演じたのがオメロ・アントヌッティ。この人は前述したグッドモーニング、バビロン!、ビクトル・エリセ監督のエル・スールのようなヨーロッパの名作に出演しています。比較的最近の作品ではスパイク・リー監督のセントアンナの奇跡に出演していました。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします


 




 

 
 
 

 





 

 

 

 
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加