ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

競馬 根岸S予想 馬場は渋りそうだけれど、ハイペースかな

2009年01月31日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 明日の東京競馬場はみたいだそうなると先行馬が有利な気がするが、メンバーを見ればハイペースになりそうだね大外枠に入ったダンツキッスイは、何が何でも逃げるタイプしかし、ここはハイペースの感じがするね確かに馬場は先行馬向きの馬場になりそうだが、東京コースという事を考えると、なかなか前に行く馬で決まると思わないここは、好位から運べる馬から狙っていきたいね追い込み馬の台頭も考えておかないといけないかな
 それでは馬印と各馬のコメントを
 ◎ 11 フェラリーピサ
 ○  8 オフィサー
 ▲  1 ビクトリーテツニー
 ▲  2 バンブーエール
 ▲ 13 アドマイヤスバル
 △  4 ヒシカツリーダー
 ×  5 ブイチャンス
 ×  7 ボードスウィーパー
 × 14 リミットレスビッド

 僕の本命は11番のフェラリーピサを挙げる折り合いに難のある馬なだけに今回のハイペースになりそうなのは願っても無いだろう東京コースも良いし、道悪ダートも良いと思うしかし、心配なのが顔面神経痛で、間隔が開いた事顔面神経痛って馬がなってもわかるものなんだ馬が顔を痛がるところを想像出来ないが、普段馬に接している人にはわかるみたいだね渋った馬場になりそうなだけにこの馬を本命に挙げる頑張れ!岩田ジョッキー(画像)

 対抗には8番のオフィサーを挙げたいねやはり東京ダートの長い直線は差し・追い込み馬に期待したいが、ジョッキーがペリエというのが良いねこういう追わせる馬はペリエは得意そうだ他にも強そうな追い込み、差し馬はいるが、やはりこのジョッキーは怖い存在だね

 単穴にはチョッと多いが3頭挙げよう
 まずはビクトリーテツニーを挙げたいね前走のカペラSは見事な差し切り勝ち前走は1200Mだったが、今回の200M距離が伸びる1400Mは得意だし、しかも東京コースなら条件は前走よりも良いと感じるしかもペースはハイペースになりそうチョッと枠が内過ぎる気がするが、ここも引き続きチャンス横山ジョッキーの腕に期待できるね

 次に2番のバンブーエールだが、本来なら本命に挙げたい馬だが59キロは厳しいと思うがそれに、ハイペースの今回はちょっとでも無理して前に居る馬を追いかけないといけない立場なのが辛いねこの馬が動くと一気に他の馬も動きそうだしねしかし、GⅠウィナーの貫禄を見せるかもしれない新潟コースのような最後の直線の長いコースは得意問題は59キロを背負う事だねしかし、勝つチャンスは充分にあるね

 次に13番のアドマイヤスバルだけれど、マイルCS(GⅠレース)の好走で、今後は芝のレースに向かうかと思ったが、またダートに戻ってきた今回は得意の東京ダートコースしかも、湿ったダートは得意なだけにここは狙い済ましてきた感じを受けるねしかし最近は行きっぷりが悪くなってきた1400Mの距離が短い気もするが、川田ジョッキーなら、無理矢理でも馬を動かすかも

 勝つのは厳しいかもしれないが、2着ならあるかもという馬を
 4番のヒシカツリーダーを挙げたいね前走は強い競馬最近は差す競馬を完全にマスターしたここはチャンス到来だねしかも最近は充実しているようで成績も安定しているここはペースが早いようで、差し馬も多い他の有力馬との差し比べになると、チョッと見劣りする気がする

 それでは3着なら充分にありそうな馬を挙げよう
 まずは5番のブイチャレンジを挙げたいね完全な追い込み馬恐らく4コーナーでもまだ後方にいるだろう直線だけでどれだけ追い込めるかだけれど、東京のダートは得意だろうしかも、湿った馬場でも追い込んできているここは、3着なら期待出来る

 次に7番のボードスィーパーを挙げたいね8歳になってしまったが、今回の東京1400Mダートで好走しなければ、何処で走るんだという声が聞こえてくるしかし、年齢による衰えは感じるねしかし、1400Mの東京ダートコースなら好走可能3着にはマークしたいね

 次に14番のリミットレスビットを挙げるこの馬は10歳になってしまったいったい何歳まで走るつもりだろう流石に最近はズブクなってきたが、1400Mのダートで東京コースなら今ならベストかも知れないしかし、ベストといっても流石に昔の強さは無いからねしかし、こういう昔の名前で出ていますみたいな馬には、よくやられるからね念のためここは3着にはマークする

 それでは人気しそうで要らない馬を
 6番のナンヨーヒルトップだけれど、先行力は大きな武器だが今回はハイペースに巻き込まれる可能性が高いねそれに4歳世代だけれど、当初はこの世代はかなり強いと思っていたけれど、どうやら古馬のしたたかさというのがダートのレースでは出てくるね恐らくこの馬は2番手ぐらいの位置取りになりそうだが、もう少し長い距離の方がすんなり先行出来て良いと思うしかも、東京コースを先行して粘りきれる底力がこの馬にあるのか差し馬の餌食に遭いそうだね

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 11
  2着  1、2、4、8、13
  3着  1、2、4、5、7、8、13、14

 買い目 三連単フォーメーション
  1着  1、2、8、13
  2着  11
  3着  1、2、4、5、7、8、13、14 

 買い目 三連単フォーメーション
  1着 8
  2着 1、2、4、13
  3着 11                 合計 67点

 


                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競馬 京都牝馬S予想 恐らく馬場は渋化するかな?

2009年01月31日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今日は京都も東京も馬場が悪かったねしかし、明日(2/1)の京都競馬場はみたいだしかし、馬場の渋化は避けられないと思う重馬場かやや重か
 いずれにしろ、道悪の苦手な馬は斬りたいね恐らく徹底的に逃げる馬が見当たらないだけに、スローペースになりそうだねしかも、道悪という事を考えれば先行馬を本命、穴馬に考えたいね
 それでは馬印と各馬のコメントを
 ◎ 5 ザレマ
 ○10 タイキマドレーヌ
 ▲ 8 ハートオブクイーン
 ▲12 カレイジャスミン
 △ 1 オディール
 △ 4 プリンセストロイ
 △14 ハチマンダイボサツ
 × 2 スペルバインド
 × 6 チェレブリタ
 
 人気しそうで要らない馬
 7 クラウンプリンセス
 9 ニシノマナムスメ

 僕の本命馬は5番のザレマを挙げる恐らく道悪競馬は得意だろうそれと、もしかしたらこの馬が逃げる可能性が高いね前走の逃げ切りを見ると今回も逃げる可能性は高いと思う徹底的に逃げる馬が見当たらない今回のメンバーを見ると、道悪も手伝って逃げ切って押し切りそう、アンカツ(画像)頑張れ

 対抗には10番のタイキマドレーヌを挙げる恐らく人気は無いが、この馬は道悪の成績は良いね最近の成績はチョッとやばいねしかし、前走は久々の上にダートに投入今回は調子が上向きだろうそれと、京都コースは相性が良い方だし、1600Mも最も得意な距離だと思う条件がこの馬に良い事ばかりだただ、実力が無いけれど今回は本当に走る条件が揃った怖い1頭だ

 単穴には2頭挙げよう
 まずは8番のハートオブクイーンを挙げる今回去年の12月のターコイズSを走ったメンバーが多いが、4着に粘った内容ならこのメンバーなら大威張りしかも、この冬場の馬体を絞りにくい時期に、1月に1回走っているのは良いと思う前走は牡馬相手だし、今回は重賞とはいえ牝馬限定戦勝つ可能性まであると思う

 次にカレイジャスミンを挙げるもしかしてこの馬が逃げる可能性もあるかな今回は外枠に入ったのが、チョッと嫌だねしかし、先行馬で、道悪で53キロの斤量なら粘り込みも可能と見たいねこの馬はターコイズSは2着だしかし、あの時はうまく内枠で折り合いを付けられた果たして今回はその折り合いが課題前走はチョッと太かったかもしれない今回太目の体を叩いて絞れていれば好勝負可能か勝つ可能性も考えたいね

 それでは、勝つのは厳しいが2着ならあるかもしれない馬を挙げよう
 1番のオディールだが、道悪は苦手ではない調教も動いた方みたいだし、3歳クラシック戦線で好勝負してきた実力は侮れないと思う好位から進めるか、それとも脚を矯める競馬か小牧ジョッキーの作戦に注目だね

 次に4番のプリンセストロイを挙げる正直よくわからない馬だが、好位でレースを進めるセンスはありそうそれに、父がダンスインザダークで、母の父がフレンチグローリーと長距離志向の血統だが、成長力、そして道悪をこなせそうな血統だしかも今5歳だが、ダンスインザダークの子供は晩成型が多いここは、今5歳の馬だが今が充実期に入ったかもしれない正直かなり不気味な馬ここは2着まで考える

 次に14番のハチマンダイボサツを挙げる名前からして、この馬を斬ると天罰が下りそうだしかし、ターコイズSで2番人気だった馬そのレースはチョッと流れに乗れなかった今回は1番後にゲートに入るのかなならば、スタートの出遅れも考えにくいし、わりとスピードもあるので好位からのレース運びになりそう京都コースとの相性の悪さは気になるが、2着の可能性は実力的にも否定できない

 3着なら来てもおかしくない馬を挙げよう
 まずは2番のスペルバインドを挙げようここ2連勝中と本格化してきた気がするね前走はスローペースだったがうまく最内から突っ込んで来た今回も最内から突っ込んで来ると思うが、馬場が悪くなるとこの馬はどうなのかなあんまり道悪は良くない気がするけれど今回スローペースが予想されるが、決めて勝負ならこの相手でもという気もする3着にはおさえる必要がありそうだね

  次に6番のチェレブリタは押さえたいね前走のように後方からのレース運びだと苦しいが、好位からでもレースできそうだね前走の愛知杯は最内を突っ込んでうまく行き過ぎた感がある今回もあのようにうまく行くのかなジョッキーが武豊なだけに、どんな作戦で来るかわからないが頑張って3着だと思うのだが
 
 次に人気しそうで要らない馬を
 7番のクラウンプリンセスだが、前走の愛知杯の距離の2000Mは少しこの馬にとって長かったかなその点で今回の1600Mは良いのだが、どうも道悪は良くないみたいだここは斬ってしまう

 もう1頭斬る馬が、本当に人気しそうなニシノマナムスメ前走の愛知杯は完全な勝ちパターンだと思ったが、最後は止まってしまったこの馬にとってやはり、2000Mは長いのだろうしかし、切れ味が身上のこの馬にとって、馬場が心配だねしかも、陣営は控える競馬を示唆している今回の道悪を考えると先行する方が良いと思うのだがここは、斬りたいね

買い目 三連単フォーメーション
  1着 5
  2着 1、4、8、10、12、14
  3着 1、2、4、6、8、10、12、14

買い目 三連単フォーメーション
  1着 8、10、12
  2着 5 
  3着 1、2、4、6、8、10、12、14     

買い目 三連単フォーメーション
  1着 10
  2着 1、4、8、12、14
  3着 5                   合計 68点

 


                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。


 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ロスト・イン・トランスレーション(2003) 異国(東京)で、出会った恋愛ストーリー

2009年01月31日 | 映画(ら行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 僕の高校生時代にアメリカへ留学した、先輩がいたその先輩が留学した高校には他の日本人も居たみたいだ
 僕の先輩は、アメリカへ留学しながら日本人の留学生の女の子と付き合おうとして声をかけたみたいだけれど、どうやらその女の子はアメリカ人の彼がいたようだそれにしても、僕は思ったねアメリカへ行って、日本の女の子に声をかけるとは本当にその先輩は馬鹿だと思ったけれど、今回紹介するロスト・イン・トランスレーションを観て、何となく先輩の気持ちがわかったような気がするやっぱり、異国での生活に寂しさを思うと同じ日本人が居るとホッとする感情になるんだね 
 今回は東京で出会った、アメリカの年の差が離れた恋愛を描いたロスト・イン・トランスレーションを紹介しよう
 監督はソフィア・コッポラ(画像下)あのゴッド・ファーザーの監督であるフランシス・F・コッポラの娘だ

 どうも女優としては、失敗した感じのするソフィア・コッポラ監督だが、映画監督としては、成功をおさめているちなみに今回のロスト・イン・トランスレーションが、彼女の監督作品で観るのが初めてさて、彼女の監督作品を楽しみにしていた僕の感想は

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]

東北新社

このアイテムの詳細を見る


 1980年代に人気のあったアメリカの映画俳優ボブ・ハリス(ビル・マーレイ(画像下)、今はすっかり忘れられた存在になりつつあるそんな彼が東京に、日本のウィスキーのCM撮影のためにやって来た

 そして、同じホテルで彼はアメリカ人の女の子をエレベーターのホテルで見かける実はその女の子は結婚していて、夫ジョバンニ・リビシがカメラマンのために、同行していた若妻のシャーロット(スカーレット・ヨハンソン(画像下))であったしかし、夫(リビシ)は忙しそうで、彼女は東京で孤独を感じる事が多かった

 ある日、ホテルのバーでボブ(マーレイ)とシャーロット(ヨハンソン)は出会い、親しくなるお互いに東京に来て寂しさを感じている
 ある日、シャーロット(ヨハンソン)の夫(リビシ)は仕事で福岡に行くことになった独りぼっちのシャーロット(ヨハンソン)は、京都のお寺を参ったりするが、寂しさを紛らわす事が出来なかった
 一方、CM撮影の仕事が終わったボブ(マーレイ)は、アメリカの妻に電話をしたりするが、寂しさを紛らわす事が出来ずにいた
 しかし、ボブ(マーレイ)は日本のテレビ出演(何の番組かは、映画を観てください有名コメディアンが出ています)の仕事が入ってきて、その番組に出演することになるそして、日本滞在期間を延ばすことになる
 しかし、お互いに東京で寂しさを感じるボブ(マーレイ)とシャーロット(ヨハンソン)の仲は徐々に親しくなっていく2人で、東京の夜の街へ繰り出すシャーロット(ヨハンソン)の友達らしき、片言の英語を話す日本人と一緒にカラオケをしたりして、2人は楽しむ
 そして、ついに日本での仕事を終えたボブ(マーレイ)は、アメリカへ帰る日が来たそして彼は空港へ向かう途中で、シャーロット(ヨハンソン)の姿を発見し・・・

 しかし、この映画では東京が、2人の目から描かれているけれど、いかにも異国に来たという感じちなみに僕がこの映画で描かれている東京は、雑然としていてまるで同じ日本という感じがしないね時々、おかしな日本が描かれる映画があるけれど、特に違和感は無かったのは良かった時々日本人にとって恥ずかしい日本が描かれる時があるからね
 しかし、この東京を舞台にした、夫婦間の問題、言葉の壁、そして年の差の離れた男女の恋愛を描いたこの作品だけれど、娯楽性に欠けるのが残念かな
 アメリカでは、評判が良かったみたいだけれど何処かテーマに重さがあり、緊迫感も無く、ストーリーは大きな展開を見せることなく進む
 しかし、ラストは感動的だね流石はフランシス・F・コッポラ監督の娘が撮った作品なだけのことはあるね僕的には、お勧めとは言い難いけれど一度は観て欲しいですね

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください



 
 
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

競馬 東京新聞杯予想 道悪競馬が予想を悩ますね

2009年01月30日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 明日(1/31)は、どうやら道悪競馬になりそうだ東京競馬場の天気が今日から明日にかけてみたいだね
 せっかく、今年東京コース初日なのに道悪競馬とは、もったいないこの雨を歓迎する馬も居るだろうし、はっきり駄目な馬もいるだろうねしかし、ここは基本的に先行馬を本命級にしても、穴馬にしても狙っていきたいね
 それでは馬印と各馬のコメントを
 ◎ 5 ローレルゲレイロ
 ▲ 4 リザーブガード
 ▲12 タマモサポート
 △ 3 ショウワモダン
 △ 7 ゲイルスパーキー
 △11 サイレントプライド
 △13 ファストロック
 × 6 アブソリュート
 × 9 マルカシェンク
 ×16 キストゥヘブン

 僕の本命は5番のローレルゲレイロを挙げる良馬場でも、この馬を本命にしていたと思うけれどね展開は難しいが、この馬が逃げると思うんだけれど他に逃げる馬がいれば、控えても良いと思う距離も1200Mよりも、1600Mぐらい合った方がレースはしやすいと思う調教もバッチリここは、力を出し切ってくれるだろう昨年の東京新聞杯(画像)に続いての連覇を期待したいね

 単穴を2頭挙げよう
 まずは4番のリザーブガードを挙げるなかなか勝てないのが現状だがこの馬は東京コースは得意だろうねしかも、広いコースはこの馬にとって良いだろうそれに内枠に入ったけれど、この雨で馬群がバラけると思うそうなるとこの馬の差し足に要注意だね道悪は未知数だが、期待したい1頭だね勝つチャンスもあると思う

 もう1頭が12番のタマモサポートを挙げる前回の京都金杯でも勝利は、この馬の本格化を印象付けるものだった今回も間違いなく僕の本命馬のローレルゲレイロの一番の敵になりそうな気がするねしかし、今回は逃げるローレルゲレイロを捕まえる事が出来るのかというのがポイントだねこの馬は道悪で勝っているように、の影響を受ける馬場も心配ないだろう好位で流れに乗って、僕の本命馬を逆転できるのかな重賞を2回連続で勝つのは、結構厳しいと思うしかし、逆転の可能性も充分これぐらいの評価はして良いと思う

 それでは次に勝つのは厳しいが、2着ならありそうな馬を挙げよう
 まずは、ショウワモダンを挙げたいねもしかしたら、この馬が逃げる可能性があるねしかも、道悪競馬が得意このの影響を受ける馬場を喜んでいる1頭だろうねこの馬は2走前の鳴尾記念では、完敗だったが、今回の東京コースなら怖い存在2着なら充分にありえる
 次に7番のゲイルスパーキーを挙げる前走の阪神Cは痛恨の出遅れしかし、今回は舞台が東京に変わるのもこの馬にとって良い条件だろう前走の重賞の阪神Cを除いてオープンのレースでは良い勝負をしているしかも、前走の阪神Cも相手を考えればよく追い込んでいると思う着順こそは8着とはいえ、内容からは重賞レースでもメドは立ったと言えると思うここは、2着に押さえたいね

 次に11番のサイレントプライドだが、前走の阪神Cは良い感じで4コーナーで先団に取り付いたと思ったが、直線は意外なほどの失速関西のレースは合わないのかも知れないそれと1400Mの距離も微妙に短いかな今回は道悪の競馬で58キロを背負うのが不安本来は勝つチャンスも充分にある馬なのだが・・・それと、今回は斤量の58キロが重馬場(もしかして不良馬場?)で微妙に影響を受けると思うメンバー的に実力上位であっても、突出した存在ではないだけに勝つまでには至らないだろう

 次に13番のファストロックが不気味だね恐らくこの馬は前の位置でレースするだろう今回のは喜んでいる馬だろうねそれに藤澤厩舎ペリエ騎乗と重賞で好勝負をする合言葉が揃ったこれは人気に関係なく2着にはマークしておきたいね勝つのは厳しいと思うローレルゲレイロが作り出す流れは、平均ペースより早いだろうチョッと忙しい流れになりそうなだけに、勝つまでは厳しいと思うのだが

 次に3着ならありえる馬を挙げよう
 まずは6番のアブソリュートを挙げたいね差し馬なだけにこのの影響が心配されるが、しかし開幕週のパンパンの良馬場では3着も無理だろうしかし、母がプライムステージ、伯父にステージチャンプという良血馬しかし、この血統は善戦で終わる血統とも言えるだから3着にマークしたくなるね4連単というのが、あれば4着におさえたい馬だけれどね(笑)しかし、最近はすっかり成績も安定している3着なら来る可能性あるね

 次に9番のマルカシェンクだが、京都金杯は、やられたしかし、この馬はスタートが悪いね後方からのレースをする事になってしまうねそれに道悪競馬を苦手とするタイプだと思う切れ味が身上の馬なだけに、道悪は不安だ本来なら斬りたい馬だが、京都金杯の反省を活かしてここは、3着にはおさえる

 そして、16番のキストゥヘブンを挙げる意外に道悪競馬は悪くないかなしかし、この大外枠は1番馬場の良い部分を走れそうなだけに、マイナスのようで良い材料かも知れないねしかし、東京コースが向かないね一瞬の切れ味で勝負する馬なだけに、直線の短い中山コースの方が向いているかなしかし、マイルCS以来となるが、流れは早くなりそうだから3着には突っ込んでくるかも

買い目 三連単フォーメーション
  1着 5
  2着 3、4、7、11、12、13
  3着 3、4、6、7、9、11、12、13、16

買い目 三連単フォーマーション
  1着 4、12
  2着 5
  3着 3、4、6、7、9、11、12、13、16  合計64点

 


                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。





 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

競馬 平安S反省 斬った馬がまた勝っちゃった(苦笑)

2009年01月28日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今年も僕が競馬予想で人気しそうで要らない馬に挙げた馬がよく来るね今回も平安Sの予想人気しそうで要らない馬に挙げた、ワンダースピードが、勝ってしまったそういえば、最近も同じようにジェルミナルが勝ったレースも有ったしね
 今回の平安Sの反省の1番点は、ワンダースピードについてだね
 それでは、謙虚に反省します
 勝ったワンダースピードだけれど、小牧ジョッキーが、レースの流れを読んでスタートから出していったこの馬は自在性が有って、差すレースも出来るけれど、敵はエスポワールシチー1頭だけといった感じのレース振りだったねしかし、直線に向いてからのエスポワールシチーを追い詰めていく馬の執念を、テレビを見ていても伝わってきたよ本当に恐れ入りました今回はワンダースピードに脱帽です

 2着には、僕の本命◎エスポワールシチーが来た圧倒的一番人気で、しかもやや重の馬場だから、この馬が逃げ切り濃厚だと思っていたが、しかし最後上がりの3ハロンを36秒をこの馬自身がマークして差されたんだから、勝った馬を褒めるべきだろうしかし、この馬も逃げたら強いけれど、2、3番手でのレースをした時が問題だねそれに、逃げてもハイペースの流れになったりとかねそういう意味では、GⅠレースでは現状厳しいだろうねしかし、単騎逃げが出来そうな今回のようなメンバーなら、重賞制覇のチャンスありだね

 3着にはマコトスバルピエロだけれど、1、2着馬には離されたちょっと、追い出してからの伸びが、1、2着馬とは差が歴然としていたねしかし、今は調子が良さそうだね今後どんな走りを見せるかわからないけれど、相手なりに好走はするタイプだと思う今後も注意は必要だね

 4着にはネイキッドだけれど、3着の馬のマコトスバルピエロにも離されたしかし、条件戦を連勝して今回重賞に挑戦したけれど、それを考えると今回は良い経験をしたと思うね今後も馬券対象内には入れておいた方が良いね今後も注意が必要だね

 他に気になったところでは、ダークメッセージサンライズバッカスといった所かな今回は差し馬には不向きの流れになったねもしかしたら、マコトスバルピエロが、早めにエスポワールシチーを捕まえに行った時に、差し馬の出番があるかと思ったけれど、今回のように、レース自体の上がりが36秒ジャストの流れでは、後ろからでは届きようがないね特にサンライズバッカスは最後方からだから8チャ区という着順も仕方ない
 
 しかし、ワンダースピードだけれど、もう7歳になるけれど今年も活躍しそうだね陣営は元々このレースに全力投球と言ってたけれど(それが、あの調教の内容か?)フェブラリーSには、本当に出ないのかな小牧ジョッキーは、勝利インタビューでこの馬に対する信頼感は相当なものがありそうだからねしかし、問題は関東のレースとなると、輸送の問題がこの馬にはあるね、それと、京都のダート1800Mは好位から進む馬にとって有利だけれど、フェブラリーSは、前半から流れも早くなるし、最後は底力がいるコース今回の勝利は賞賛出来るけれど、フェブラリーSに出走となると、課題は大きいと思う

今年の成績
 的中率 8戦 1勝7敗 12.5パーセント
 回収率 54,100円使用 回収27,530円 50.9パーセント





                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競馬 アメリカJCC三連単的中 流石は横山典弘は名手だね(笑)

2009年01月27日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 今年、初めての馬券的中思ってたよりも配当がついてたから良かった

 あんまり反省する事は無いけれど
 馬券的中しても、どこか反省するところはあるはずそれに、これぐらいの事で喜んでもいられないので、無理矢理反省点を見つけます
 僕の本命馬であったネヴァプションは、馬場や展開を読んで横山ジョッキーが、前から3番手の位置でうまく流れに乗ってくれた本当に彼は素晴らしいジョッキーだねGⅡの重賞レースは全部彼の乗る馬を本命にしても良いぐらいだねしかし、馬も復調していたのも大きかったねとにかく人馬一体となった今回の勝利は素晴らしかったこの馬ももう少し長い距離の方が良いからね今年の目標は天皇賞(春)みたいだけれど、次走は何処を使うのかな今まで2回骨折しているだけに、今後も無事に走って欲しいね関係者の皆様、おめでとうございます

 2着にはエアシェイディが、大外から突っ込んで来た流石に能力のあるところを見せたね僕の今回の予想ではドリームジャーニーより、上に来ないと書いたけれど、結構自在性があるねそれにしても、レース前はオシッコをしたのかなどうやらしたみたいだねそれと、今回は良馬場発表だったけれど実際は、やや重の馬場よりも悪いみたいだった本来、良馬場の方が良い馬だからねしかし、この馬はもう8歳になったけれど今年も頑張れるね今後も要注意だね

 3着にはトウショウシロッコが来たけれど、また馬体重が増えていたのは誤算かなしかし、位置取りは勝ち馬のネヴァプションの直後の絶好の位置取りだったけれど、瞬発力勝負で見劣ったねうまくコースロス無く回ってきたけれども、外に並んでいたエアシェイディにも差されたから仕方のない3着だね現在の実力は出せていると思うしかし、今回のメンバーが今後のこの馬のバロメーターになると思うもし、今後のレースにおいて今回のメンバーよりレベルの低い相手なら馬券対象にできるけれど、もう少しレベルの高い相手と戦うとなると、思い切って斬る手もあるね同じような位置で前にネヴァプション、横にエアシェイディが、居ながら外にロスを覚悟で回したエアシェディに差されたのはチョッと不満はあるね

 4着にはマイネルキッツが突っ込んできたけれど、まだ善戦マンの域を出ないねしかし、今回も大外から突っ込んで来た内容は、いずれ重賞で勝ちそうな予感はさせてくれた2200Mの距離も大丈夫だし、今ならもっと距離が延びても良いぐらいだね今後が楽しみな馬になってきた

 5着にはキングストレイルが、粘ったといって良いのかなこの馬場で1000M通過が1分1秒5は、結果的に平均ペースよりもスローペースの流れもう少し踏ん張れても良かったけれど、逃げる事がこの馬に合っていると思わないけれどね2着争いまでには、頑張って粘ってたけれど別に逃げなくても良い馬しかも、馬体重がまた増えていたね確かにこの冬は馬体を絞るのに各陣営は困っているみたいだけれど、もう少し暖かくなって来た時に要注意だねGⅠレースは勝てないと思うけれど、今後も中山コースのレースは、距離は関係なく馬券対象に入れておいた方が良いね

 他に気になった馬としてアルナスラインだけれど、あの絶好の位置取りで4コーナー過ぎではもう脱落していたねチョッと今は調子落ちだと思うね今後はチョッとレース間隔を開けて立て直しに時間を掛けたほうが良いねレース運び自体には、流石は武豊だね問題は無かったけれどもう少し能力はあると思うけれど

 それと今回1番人気だったドリームジャーニーだけれど、展開に恵まれなかったねどうしても、最後方待機の馬だからねしかし、この馬はピッチ走法だから、道悪はこなせると思ってたけれど、やっぱり切れ味の持ち味を活かせない今回の馬場はマイナスだったねやっぱり、良馬場の方が良いね確かに今回は良馬場発表だったけれど,実際はかなり馬場が悪かったみたいだ流石に去年の年末から今までズット、毎週競馬が今年はあったからね最終週の馬場はこの馬には厳しかったようだねでも、今回は実力負けではないから、今後も要注目だね

今年の成績
 的中率 7戦 1勝6敗 14.2パーセント
 回収率 47,700円使用 回収27,530円 57.7パーセント





                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ブラックブック(2006) ポール・ヴァーホーベン監督の渾身の力作

2009年01月25日 | 映画(は行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 昔、マイケル・ダグラスシャロン・ストーンが共演した氷の微笑という映画があったどうもエロ~イシーンが、話題になって大ヒットしたイメージもあるが、僕にはエロサスペンスが見事に融合した素晴らしい映画だと思うこれほど両方がミックスした映画がたくさんあっても、この映画ほど効果的にエロが活かされたサスペンス映画は無いだろう
 監督はポール・ヴァーホーヴェンで、彼はオランダ人であり、元々はオランダで映画を撮っていた監督だが、ハリウッドに招かれ前述した氷の微笑ロボコップトータル・リコールなどハリウッドでもヒットメーカー監督として大成功を成し遂げた
 しかし、そんな彼が本国オランダに戻って、ヨーロッパ映画としては多大な制作費を掛けて、撮った作品ブラックブックを紹介しよう

ブラックブック [DVD]

Happinet(SB)(D)

このアイテムの詳細を見る


 1944年、ナチス占領下のオランダが舞台女性ユダヤ人歌手のラヘル(カリス・ファン・ハウテン)は、キリスト教に改宗させられる代わりに良心的なドイツ人に隠れ家と食料を提供されていた
 しかし、ドイツ軍に寄ってその隠れ家を爆破させられるだが、ラヘル(ハウテン)はドイツ占領下から解放されたオランダ南部へ逃げ延びるため、家族(両親と弟)と久しぶりの再会の末合流し他のユダヤ人と一緒に船で逃げようとするが、それはワナで家族は殺され、ラヘル(ハウテン)は何とか逃げることに成功するが、家族を亡くした彼女はナチスドイツに対して復讐を誓う

 やがて彼女はナチスドイツに対するレジスタンス組織のグループに入る彼女は名前をエリス(ハウテン)と変え、そして、彼女はレジスタンスのリーダーからの指令により髪を金髪に染め、あそこ?の毛まで金髪に染めドイツ軍のムンツェ大尉(セバスチャン・コッホ(画像下)・・・善き人のためのソナタに出演していたな)に近づく事を命令される
 そして、エリス(ハウテン)は女スパイとして,そしてムンツェ大尉(コッホ)の秘書になる事に成功し、ドイツ軍の動向を探るが、次第にエリス(ハウテン)はムンツェ大尉(コッホ)の優しさに触れ、次第に彼を愛していくようになる

 しかし、ある日レジスタンスのリーダーの息子が武器を隠し持っていた事がバレてドイツ軍に捕まってしまった正気でいられないリーダーそして、一方ドイツ軍のムンツェ大尉(コッホ)も、何者かの仕業のワナに嵌り、裏切り者としてドイツ軍の収容所へ入れられてしまう
しかもエリス(ハウテン)までもが収容所へ入れられてしまう
 そして、密かにエリス(ハウテン)を愛していたハンス(トム・ホフマン(画像下))はリーダーの息子とエリス(ハウテン)を助けるため、ハンス(ホフマン)達はドイツの収容所へ潜入する。しかし、エリス(ハウテン)は今では愛しているムンツェ(コッホ)まで助けるようにハンス(ホフマン)に頼むが

 しかし、そこにもワナが仕掛けられていた収容所はドイツ軍で守られており結局リーダーの息子は助ける途中で殺され、ムンツェ(コッホ)は収容所から脱出出来なかったそして、救出作戦失敗によりレジスタンスの中に裏切り者の存在が浮かび上がり、エリス(ハウテン)が疑われる事になる
 やがて、戦争が終わり、今やオランダはドイツ占領下から抜け出す事になったしかし、ナチスドイツ軍の手助けをしたと疑われているエリス(ハウテン)は、非国民としてオランダの刑務所に入れられていたしかし、今やオランダ人たちを助けたヒーローとなったハンス(ホフマン)から、刑務所を出ることを許され、エリス(ハウテン)はハンス(ホフマン)と一緒に刑務所から出て、今や医者としても活躍しているハンス(ホフマン)の家に2人で向かう
 しかし、一体レジスタンス内の裏切り者は誰なのか更なるドンデン返しが二転、三転と起こる結末は・・・実はその真実はブラックブックだけが、知っていた

 オランダを舞台にしたユダヤ人迫害を描いている映画は珍しいそして、この映画はポール・ヴァーホーヴェン監督らしく、エログロになっているしかし、実はこの映画はユダヤ人迫害とかナチスドイツに対する批判映画かと、僕の拙い説明ではそう思われるが、実はサスペンスタッチの娯楽映画
 しかし、この監督も現在は70歳に達しているが、まだ性に対するエネルギーは凄いねこの映画は時間はチョッと長いけれど、緊迫感あるサスペンスタッチはみんなが楽しめる映画なので観てください
 おっとこの映画はR-12の倫理規制があるんだった
 12歳以下の人は親と一緒に観てください(親にとって子供と一緒にこんなエロい、グロい映画を一緒に観ることが出来るとは思いませんが

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競馬 平安S予想  エスポワールシチーの逃げ切りに期待

2009年01月24日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 それにしても土曜日のダートのレースは前残りが多かったね実はダート戦は本当は午前中のレース傾向を見て、前残りが多いのか、それとも差しが決まりやすいのかを判断する事が大事今日は前残りが多かったけれど、明日はどうなるかわからない
 しかし、恐らく1番人気するであろうエスポワールシチーは絶好の枠に入ったねとにかく前の位置でレースがしたいこの馬には絶好枠だね京都1800Mダートコースはスタートして直ぐに1コーナーだからね外枠に入った馬は評価を下げた方が良いだろう
 それでは馬印と各馬のコメントについて
 ◎ 3 エスポワールシチー
 ▲ 6 マコトスバルピエロ
 ▲10 ネイキッッド
 △ 7 マイネルアワグラス
 △ 9 サンライズバッカス
 △11 サカラート
 △12 ダークメッセージ
 × 1 タガノエクリプス
 × 5 ナナヨーヒマワリ
 ×15 ロールオブザダイス

 人気しそうで要らない馬
 2 ワンダースピード

 僕の本命は3番のエスポワールシチー恐らくこの絶好枠を活かして逃げると思うしかし、この馬はスピードがあって最後の末脚も逃げて36秒台の脚を繰り出す事が出来るちょっと、玉砕覚悟でこの馬を追いかける馬がいるとは思えないし、単騎逃げは可能だろうここは、まず2着は外さないだろう。根性あふれるレースが伝わってくる佐藤哲三ジョッキー(画像)だが、去年は怪我に苦しんだが、今年は重賞制覇を早々とクリアするだろう。2着を外すと思わないね勝つ可能性は高いね

 単穴を2頭挙げようもし僕の本命馬を負かす可能性のある馬を探しました
 まずは6番のマコトスバルピエロを挙げる前走は早め早めのレースでダークメッセージの追撃を振り切った今回も流れに乗って、早めにエスポワールシチーを追いかけるだろうしかし、1800Mの距離ならばエスポワールシチーもどこかでラップを落として、ペースダウンさえることが出来るだろうしかし、4コーナーでエスポワールシチーに並びかけることが出来れば、叩き合いに持ち込んで勝てるかも

 次にネイキッドを挙げておく現在連勝中なだけに勢いはあるしかも、京都コースは得意そうだから怖い存在だ。恐らくこの馬は無理に競りかける事は無いだろうしかし、エスポワールシチーよりもスピードは無いだけに、マコトスバルピエロが早過ぎるくらいでエスポワールシチーを捕まえに行ったら、この馬に勝機が出てくるだろうはっきり言って展開頼みだが、しかし正直この馬が勝つのは厳しいけれどもしかしたら勝つかも知れない馬として挙げることは出来る

 それでは勝つのは厳しいが2着なら充分にありえる馬を挙げよう
 まずは7番のマイネルアワグラスを挙げよう展開は向くようで、勝つまでは行かないだろうこの馬にとって京都1800Mは忙しいかもしかし、前走で武豊が、いつもより前でレースをさせたからねもしかしたら今回はまたルメールマジック(本来は差し馬だが先行すること)が見られるかもしれないしかし、前半の3ハロンが36秒台の早いペースを無理に追いかける事をするかなここは本来の差すレースで前崩れを願った方が上の着順に来る可能性はあるねそうなると2着ならこの馬の実力なら充分にあり得る

 次に9番のサンライズバッカスを挙げておこうGⅠ馬だとはいえ、58キロの斤量はきついねエスポワールシチーが55キロだからね3キロ差はダートレースでは厳しいねしかし、それでも最後は伸びて来る馬岩田ジョッキーが腹を括って、追い込みにかけるだろうしかし、前潰れの流れになりそうだけれど、エスポワールシチーを捕まえるのは厳しいと思う

 次に11番のサカラートは注意が必要だね流石に年齢も9歳に達し往年の活躍を求めるのは無理だと思うが、それでも去年は地方ダート重賞を勝つなど、まだまだ頑張れる事を証明している久々の中央の重賞だが、今回は57キロで走れるだから久しぶりに中央競馬重賞を狙ってきたのだろうこの馬も比較的好位でレースを進めるタイプなだけに、2着には来るかも知れないね内に先行馬が揃ったのもいいね恐らくスムーズなレース運びは出来るだろうそうなると自分の持っている能力は発揮できそうとりあえず年齢には目をつぶって、2着に来る可能性もあると見た

 次に12番のダークメッセージを挙げよう。この枠順ならスタートの出遅れの心配は無いだろう好スタートを切って好位を占めたら怖い存在だが、恐らくエスポワールシチーに勝つのは無理だと思う他の馬ならまとめて面倒を観ることが出来るかもしれないけれどねしかし、この馬は斤量が56キロで出られるんだね本当は馬連の軸には良い馬だと思うしかし、僕の予想は三連単予想この馬に本命はうてない恐らくエスポワールシチーを差し切れないだろうね

 それでは、3着の可能性のある馬を
 1番のタガノエクリプスは、休養明けを緒戦を4着当然休養明け2戦目の今回は調子も上がってきている前崩れの展開になれば、3着になら食い込んでくるかこの最内枠もうまく捌ければ・・・3着にはマークしておく

 5番のナナヨーヒマワリだが、京都コースは得意有力馬が早めにエスポワールシチーを捕まえに行けば、この馬にも3着の可能性はある展開が向いても3着が精一杯かなでも、京都コースは走るからね3着にはマーク

 そして15番のロールオブザダイスも3着ならありそうだねしかし、この外枠は不運だねもう少し内の枠なら単穴▲の印をうちたかったぐらいだね前走で連勝はストップしたが、そのお陰で人気はがた落ちかなしかし、前走ではオープンレースで、勝ったエスポワールシチーに0.6秒差なら悪くないむしろ、強い相手にもまれて更にパワーアップしている可能性はあるしかし、連に絡む恐れはあるがこの外枠は痛いね本来は2、3番手でレースを進める事が出来るのにチョッと、位置取りがいつもより悪くなりそうなのが心配だね

 人気しそうで要らない馬
 2番のワンダースピードだが、父がキンググローリアスなのに、年齢を重ねて強くなってきた関西圏でのレースは非常に強い馬なので、本来ならば2着ぐらいに来てもおかしくない実力馬しかし、今週の調教の動きはひどいね新馬の馬にブッ千切られるようでは、心もとないねいつも調教は動かないけれど、それにしても今週の動きは少し不安だね今回はレベルの高い馬が揃った感じだし、この馬は斬りたいね

買い目 三連単フォーメーション
  1着 3
  2着 6、7、9、10、11、12
  3着 1、5、6、7、9、10、11、12、15

買い目 三連単フォーメーション
  1着 6、10
  2着 3
  3着 1、5、6、7、9、10、11、12、15   合計64点

 


                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。





 

 



 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

競馬 アメリカJCC予想 馬場がだいぶ悪くなってきたみたいだね

2009年01月24日 | 競馬予想
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 土曜日の中山競馬場の芝コースは4レース行われたけれど、みんな重馬場のレースだったどうやら、芝もかなり傷んできていると思うねそれに今回のレースでサンツェッペリンが、逃げ宣言をしているねしかし、どうもスローペースの流れに落ち着くと思うのが僕の展開予想でも、サンツェッペリンが逃げ残る事は考えにくいねその後の好位組みに展開は味方すると思う
 しかし、内側の馬場はかなり悪くなっているかもしれないねそうなると大外一気の馬が突っ込んで来る可能性にも要注意だね
明日の天気はみたいだ馬場が何処まで回復するかにも注意したいね
 それでは、馬印と各馬のコメントを述べよう
 ◎ 3 ネヴァプション
 ○ 4 メイショウレガーロ
 ▲11 ドリームジャーニー
 △ 6 エアシェイディ
 △ 7 トウショウシロッコ
 △ 9 マイネルキッツ
 △12 キングストレイル
 × 2 アルナスライン
 × 8 ドットコム
 ×10 グラスボンバー

 僕の本命は3番のネヴァプションを挙げたいねここ休養明け3走が着順がもう一つだが、前走の中山金杯は5着とはいえ勝ち馬からは0.2秒差しかも、距離が200M伸びるのはこの馬にとって有利な条件だと思う元々が能力のある馬ここは13頭だけという少頭数恐らく前走は差してきたが、今回はある程度先行すると思うしかも、4コーナーで先頭に並びかけての押し切りを期待頑張れ横山ジョッキー(画像)

 対抗には4番のメイショウレガーロを挙げたいねちょっとウチパクジョッキーの調子がおかしいねこれからエンジンが掛かってくるのかなそのメイショウレガーロだが、前走は1コーナーでまともに外へ振られる不利がありながらも抜け出してきた内容は評価できるもしかしたら、この馬が逃げる可能性もあるね休養明けを叩いて調子は更に上向きこの馬は去年も札幌記念で逃げ馬が下がってきたのを捌けなかったが、それでも5着に入っているこのメンバーでも引けを取らないメンバーと充分に勝負してきただけに、ここは期待の一戦だろうしかし、この馬にとってベストは2000M以下だと思うむしろマイル(1600M)ぐらいの距離ぐらいがベストかもしれない不安点をあげるとすれば、距離が前走より延びることだねしかし、今の充実振りなら距離不安を吹き飛ばして勝つかも

 単穴には11番のドリームジャーニーを挙げたいね前走の有馬記念では4着に食い込んだが、少し折り合いを欠いたため、内に入れたが外へ出す事が出来なかったしかし、狭い1頭分のスペースを突いてきたがジョッキーは追いづらかったと思うその時の3着馬のエアシェイディよりも、ドリームジャーニーのレース振りの方が僕にとっては評価が高いねそれに距離の短縮はこの馬にとって良い条件そして、今度はこの頭数なら馬場の外へ持ち出すことも可能だろう展開的に恵まれるとは思わないが、大外一気の可能性はあるね

 それでは勝つのは厳しいが2着なら、あるかもという馬を挙げよう
 まずは6番のエアシェイディだねどうもこの馬はレース前にオシッコをすれば、調子が良いらしい現在のところ、レース前にオシッコをするかどうか、わかるわけが無いそして、陣営によると今、馬は8歳だがやっと本格化してきたと言っている本格化が遅すぎるだろうしかし、良い決め手を持っているけれど、今回ドリームジャーニーと追い比べになったら負けそうだね評価はドリームジャーニーより下にしておけば良いだろう

 次に7番のトウショウシロッコを挙げるだいぶ馬もしっかりしてきたね距離も1,800M~2,200Mが良いだろうしかし、このメンバー相手に突き抜ける力は無いと思うけれどね確かに鋭い末脚を持っているのは確かだけれど、恐らく好位からのレースをすると思うけれど、頑張って2着までかな

 次に9番のマイネルキッツを挙げておく典型的な善戦マンしかし、前走の中山金杯も善戦マンらしく4着だったが、末脚の鋭さは善戦マン返上を近いうちに感じさせる追い込みだった前走の感じだとチョッとズブくなっているので、距離が200M延びるのは良いかも善戦マン返上へまずは2着になってからだねいきなり勝ってしまうことは難しいと思う

 次に12番のキングストレイルを挙げたいね前走の中山金杯は、馬体を重く作りすぎた中山金杯は叩き台で、本番は今回かも今回は調教でこの厩舎らしくなく早いタイムでの調教をしてきた冬場だけに馬体が絞れていたらいいのだが、今回の調教の内容なら絞れているかも増えていなければ良いねしかし勝つのは厳しいかなしかし、中山巧者なだけに、これ以上評価を下げたくないね

 それでは3着ならありそうな馬を
 2番のアルナスラインだけれど、最近この馬の実力がよくわからなくなってきた
前走の有馬記念にしても、後方から追い上げたわりにあんまり内容は良くなかったそれに中山コースは向いているのかなどちらかと言えば広いコース向きだと思うけれどしかし、斬るのは勇気がいるねとりあえず3着に押さえておけば良いかな

 次に8番のドットコムを挙げたいね前走の後方からの大外一捲りは能力が無いと出来ない今回もこの相手にあの作戦では着外けっていだが、ジョッキーが藤田ジョッキーに変わるからね戸田調教師は彼を信頼しているようだからねもしかしたら、好位を取りに行くかも知れないねせめて中団の位置につけて、ロングスパートで3着ならあるかもそれに前走を勝っている馬はなるべく押さえたいからね

 もう1頭は10番のグラスボンバーを挙げておく年齢がついに9歳に達してしまった年齢だけ見たらノーマークだけれど、現代競馬は高齢馬には注意しないといけない事を、去年の12月にやっとわかったステイヤーズSの時にわかった)ここはその反省を活かすチャンスだねしかも、この馬は荒れ馬場は得意この枠だけれど、道中は最内を走っているだろう他の馬が馬場の良い外の方を選んで走っている時に距離の経済コースを考えて、思い切って最後の直線も最内を突っ込んでくるかなでも、頑張っても3着までかな

買い目 三連単フォーメーション
   1着 3 
   2着 4、6、7、9、11、12
   3着 2、4、6、7、8、9、10、11、12

買い目 三連単フォーメーション
   1着 4、11
   2着 3
   3着 2、4、6、7、8、9、10、11、12

買い目 三連単フォーメーション
   1着 4
   2着 6、7、9、11、12
   3着 3                       合計69点

 


                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします。




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 レディ・キラーズ(2004) コーエン兄弟が放つクライム・サスペンス(コメディかな?)

2009年01月24日 | 映画(ら行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 僕が今活躍している映画監督で1番好きな監督はといえば、コーエン兄弟だね確かに最近では若い映画監督で才能のある人物もいるけれど、やっぱりコーエン兄弟の映画は、笑わせ方がブラック的なところがあるけれど、個性的な出演者たちにも興味が出てくる
 そして、彼らの映画のオープニングの方法は非常に斬新的で、いかにも面白い映画を魅せてくれそうだという予感がある
 しかし、今回観たレディー・キラーズだけれど、僕が耳にする限り非常に評判が悪いコーエン兄弟といえば、オリジナル脚本の映画が多いけれど、アイデアが詰まった映画が多いしかし、今回紹介するレディ・キラーズマダムと泥棒という1955年の作品の映画のリメイク実はマダムと泥棒は観ていないので、オリジナルと今回のリメイク作品を比較できないのが残念正直リメイク作品だとコーエン兄弟らしさが出ていない作品だと思ってあんまり期待してなかったのだが、その結果は、果たして・・・

レディ・キラーズ [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る


 舞台はアメリカのミシシピー州アメリカ南部である敬虔なプロテスタントのマンソン夫人(イルマ・P・ホール)は黒人の未亡人部屋に死んだ夫の肖像画が飾っているそして、1人暮らしで部屋を貸し出し中の看板が家の前に掛けられている
 そこへ自称教授(トム・ハンクス)と名乗る男が部屋を借りに、マンソン夫人(P・ホール)宅に訪問に来たしかも、地下室も借りたいとの事
 教授(ハンクス)は仲間とルネッサンス後期の音楽を仲間と一緒に練習するためという目的で地下室も借りたがっている
 身なりは紳士で、いかにも知的な雰囲気を漂わす教授(ハンクス)に部屋と地下室を貸すことに、人の良いマンソン夫人(P・ホール)は何のためらいも無く貸すことにする

 そして、教授(ハンク)は4人の仲間を呼び寄せるところが、この4人は楽器は全然使えない実はカジノ豪華遊船の大金を盗むつもりでいる

 上記の画像は音楽家達ではなくて、強盗集団実はもう1人黒人がいる

 実はカジノの豪華遊船の大金場所はマーソン夫人宅の近く(?)の大金隠し場所の地下室にあり、マーソン夫人(P・ホール)の家の地下室から穴を掘って、大金を盗む段取りになっているこれが、流石は教授(ハンクス)簡単に大金強奪が成功してしまうしかし、爆弾の操作ミスで、マーソン夫人(P・ホール)に犯行現場を目撃されてしまった
 
 盗んだ大金を、その相手に返しなさいと教授(ハンクス)にせまるマーソン夫人(P・ホール)だが、教授(ハンクス)はなんとかマーソン夫人(P・ホール)を言いくるめ、今度はマーソン夫人殺しを計画する
 そして、教授(ハンクス)を含めた5人はこの中で誰がマーソン夫人(P・ホール)を殺すかくじ引きで決めようとするが・・・
 果たして教授(ハンクス)たち5人の運命は、またマーソン夫人(P・ホール)は殺されるのかなそして、大金はどうなるのかな結末は映画を観てください
 僕は物凄く面白かったトム・ハンクスの演技も良かったよ彼は色々な演技分けが出来るのが凄いねそして、この映画の評判の悪さはどこにあるのか僕には理解できないコーエン兄弟らしいブラックユーモア炸裂していて、僕にはコーエン兄弟の映画が好きな人には当然お勧めだし、それ以外の人にも映画が好きな人ならお勧め作品です

 それにしても、プロテスタントの宗派が多いアメリカ南部(黒人が多い)が舞台だけに、ゴスペルが流れてくる
シャイン オン ミ~  シャイン オン ミ~ シャイン オン~と合唱するシーンは良いね指揮者も笑わすね

 結構僕はゴスペルが好きしかし、それを会社の日系ブラジル人のカトリックを信仰しているH間君に言うと、ブッダ(仏教)がゴスペルを歌うなんてアホだよと言われてしまったどうも、仏教の人はゴスペルを歌わない方が良いみたいだ
 しかし、人種、宗教、民族が違えど、好きな曲を歌うのにそんな隔たりは、僕にとっては無意味な事だ
 僕はH間君に言い返したウィ キャン チェンジ(We Can Chenge) 
 そして、更に何とか イズ ワン(何とか Is One)(何とかの部分は何を言ったか忘れてしまいました

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください




 


 


 
 

 
 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ローズマリーの赤ちゃん(1968) コワ~イホラー映画だと思ったけれど・・・?

2009年01月23日 | 映画(ら行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 僕はホラー映画は嫌いだと、書いているけれど今回のローズマリーの赤ちゃんだけれど、今までホラー映画と聞いていたので観たことがなかった
 しかし、監督はロマン・ポランスキー彼の作品でチャイナタウンという映画は僕の好きな作品だ悪徳政治家の陰謀に巻き込まれるジャック・ニコルソン演じる私立探偵の悲哀と悲しき運命を背負う謎のフェイ・ダナウェイ演じる女性を描いた名作だと思う
 他に彼の鬼才ぶりが出ている作品に戦場のピアニストがあるあの映画ではナチスドイツの恐怖が全面に打ち出された、実在のユダヤ人ピアニストの恐怖の体験を描いたあの戦争で荒れ果てた街の奥行きのある構図のシーンは非常に印象的
 そんな彼が始めて世界中に脚光を浴びた作品が今回紹介するローズマリーの赤ちゃんだと思う元々はポーランド人でしかも自国で水の中のナイフという映画も評判の高い作品だったが、ローズマリーの赤ちゃんの成功によってハリウッド作品を撮れる様になったと思うそれでは、ローズマリーの赤ちゃんを紹介しよう

ローズマリーの赤ちゃん [DVD]

パラマウント ジャパン

このアイテムの詳細を見る


 舞台はニューヨークラララララ~という綺麗な音楽がニューヨークの街並みを背景に流れてくるとてもこれから怖い話が起こりそうな雰囲気は無い
 その、ニューヨークのマンションに売れない俳優の夫ガイ(ジョン・カサヴェテス(画像下))とその妻のローズマリー(ミア・ファロー(画像下))が、引っ越してきた2人は幸せそうだ

 しかし、同じマンションの住人で初めて知り合った女性が、引っ越ししてきた夜に窓から飛び降り自殺?をした自殺?した女性の両親がローズマリー(ファロー)夫婦の隣の部屋に住むことになる
 だが、その隣人である老夫婦は、しつこいぐらいの親切さローズマリー(ファロー)はあまりこの隣人を好きになれないが、夫のガイ(カサヴェテス)はその隣人夫婦と仲良くしている

 上記画像は怖い親切過ぎる隣の部屋に住むおばさん

 ある日、売れない役者だった夫(カサヴェテス)に役が回ってきたいつもは違う男に重要な役を奪われていたが、その男が両目が見えなくなってしまったから、夫(カサヴェテス)に役が回ってきたのだ
 そして、夫はローズマリー(ファロー)に子供を作ろうと言い出すしかも、夫(カサヴェテス)は子供を作る日まで勝手に決めてしまったそして、その日を迎えたとき隣人のおばさんがデザートと飲み物を持ってきてくれたそして、それを食べようとしたローズマリー(ファロー)だが、あまりにもの拙さに食べ切れなかったが、半分ほど食べた
 しかし、ローズマリー(ファロー)は失神して、その夜悪魔に襲われる夢を見る
 彼女は起きると体に引っかき傷があり、そして彼女は妊娠する友人から産婦人科のお医者さんを紹介されるが、またもや隣人のおばさんが強引に産婦人科の医者を変えてしまう
 ところが、彼女は妊娠しているのに体は痩せるし、お腹に激痛を感じる友人達は心配するが、やがて激痛もなくなり、お腹も大きくなってきた
 ある日友人からローズマリー(ファロー)にがかかってくるとても重要な話みたいだその友人と待ち合わせをする事になったが、その友人は待ち合わせ場所に来なかった実はその友人は急死していた
 実はその友人はローズマリー(ファロー)にある本を渡したかったのだその内容は恐るべき事が書いてあった
 その本を読んでローズマリー(ファロー)は確信する隣人に住むおばさん達は悪魔であり、夫(カサヴェテス)は悪魔に魂を売ってしまったことをローズマリー(ファロー)は赤ちゃんを自分の手で守る事を決心するが・・・{/eq_1/
 赤ちゃんが産まれるその日に、多数の人間(悪魔)に取り押さえられ、ローズマリー(ファロー)は気絶してしまう
 ある日、知り合いが世話にローズマリー(ファロー)の所にやって来たその知り合いが言うには赤ちゃんは死産だったと言う
 しかし、ローズマリー(ファロー)は隣の部屋から赤ちゃんの泣き声を聞くそして、ローズマリー(ファロー)は赤ちゃんを助けるために大型のナイフを持って隣の部屋へ行くが・・・
 続きの衝撃的ラストシーンは映画を観てください

 
 観ていてホラー映画という意識はなかったね血が飛び出る映画でもないし、ミア・ファロー頑張れ応援しながら観てたよ
 しかし、この映画を観て疑問に感じる事があるんだけれど、最初の方のシーンで飛び降り自殺(?)の理由は何だったのかな
 そして、もう一つがこの映画は悪魔一族を描いているけれど、姿や形は人間だから、この映画を観て以来、僕は変な妄想に取り付かれています
 実は会社の人たちは全員悪魔だ
 みなさ~んもし、何故か自分だけに特別に優しくしてくれる人がいたら要注意ですよ

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください










コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 第3逃亡者(1937) ヒッチコック得意の巻き込まれサスペンスの典型映画

2009年01月22日 | 映画(た行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 ある日、僕は何の罪も犯していないのにいきなり殺人罪に問われたらどうしよう僕なら面倒だから私が殺しましたと犯してもいない罪を認めてしまうかも知れない僕は気が弱いからね
 しかし、サスペンスの神様といわれるアルフレッド・ヒッチコック監督の映画は巻き込まれ型サスペンスすなわち勝手に主人公が犯してもいない殺人の罪を着せられ、警察などの追及から逃げながらも、真犯人を探し出す展開が多いね
 今回紹介するヒッチコックが、ハリウッドで映画を撮る前、イギリス時代の作品である。まさに巻き込まれ型サスペンスの第3逃亡者を紹介しよう

第3逃亡者 [DVD]

ファーストトレーディング

このアイテムの詳細を見る


 ある夜、女優のクリスティンが、夫のガイ(ジョージ・カーゾン(画像下)と言い争っていた

 何故か、顔を黒く塗っている、ガイ(ジョージ・カーソン)

 バート(デリック・ド・マーニー)は、翌朝に海辺を散歩していると女性の死体を発見したそれは女優のクリスティンだった(何故か彼はクリスティンのことを知っている)
 バート(ド・マーニー)は、慌てて警察へ知らせるため海辺から走り去るしかし、バート(ド・マーニー)は運が悪すぎる彼が走り去る所を、女性に見られていて、しかもクリスティンの死体の側にあったレインコートのベルトが凶器なのだが、そのベルトがバート(ド・マーニー)の物であることがわかるしかし、そのベルトが付いていたレインコートを彼はウィルと言う男にあげていたのである
 しかし、彼は警察行き当然彼は無実を主張するが、執拗な警察の取調べに疲れ切ってしまう
 そこへ、父が警察署長の娘エリカ(ノヴァ・ピルビーム)に介抱され、彼女の車に隠れて警察署から逃亡そして、古い家に隠れるのである
 しかし、ついに隠れ家も警察にバレてしまい、エリカ(ピルビーム)とバート(ド・マーニー)は彼女の車で逃げるが、ついにエリカ(ピルビーム)までもが、共犯者扱いされる事に

 バート(ド・マーニー)はエリカ(ピルグリム)までもが、巻き添えを喰らった事に対して謝り、彼女を逃がしてバート(ド・マーニー)は1人で逃げようとするが、もはや彼女はバート(ド・マーニー)が犯人で無い事を確信しており、彼を助けるため警察署長の父のメンツは丸つぶれだが、2人は事件の鍵を握るバート(ド・マーニー)が犯罪の証明となったレインコートをあげたウィルという人物を探し出し、バート(ド・マーニー)の無実を証明し、そして真犯人を探し出そうとするが、警察の追及も厳しく・・・結末は映画を観てください
 最後のシーンはチョッと納得できないというか、少しまとめ方はヒッチコックらしくなかったのが残念チョッと強引かなしかし、ヒッチコックらしさは随所に出ている
 そして、今回紹介した第3逃亡者以外にもアルフレッド・ヒッチコックの作品の楽しみの1つに、本人(ヒッチコック自身)が出演している場面がある(ヒッチコックの風貌は特徴的だからね)今回は何処に出てくるかそれも楽しみの一つだね

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 天国は待ってくれる(1943)  エルンスト・ルビッチの映画は面白い

2009年01月22日 | 映画(た行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 映画のブログを書くようになってから、エルンスト・ルビッチ監督作品を記事にする事が多くなってきた
 実は僕が1番よく映画を観ていた時代に彼の映画を観たことが無かった名前は聞いた事があっても、ビデオでレンタルはあんまりなかったんじゃないのかな
 しかし、今彼の映画を生きるべきか、死ぬべきかそしてグレタ・ガルボ主演のニノチカを観ることが出来て良かったもっと早く観たかったぐらいだね
 そして、今回はエルンスト・ルビッチ監督初のカラー作品の天国は待ってくれるを紹介しよう

天国は待ってくれる [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


 ストーリーは冒頭から驚かすねヘンリー(ドン・アメチー)は死んで、地獄行きの受付にやって来たそこには、天国か地獄かを決定する閻魔大王(レアード・クリーガー)が居る(閻魔大王は人間の姿をしているんだね
 ヘンリー(アメチー)は自分の人生を振り返ると地獄行きが当然の人生だと思っていて、潔く地獄へ送ってくれる閻魔大王(クリーガー)のところに死んで直ぐにやって来た
 ヘンリー(アメチー)に興味を持った閻魔大王(クリーガー)は彼のこれまでの人生を聞く事にするが・・・
 ヘンリー(アメチー)は良いところの貴族に生まれたみたいだどうも、色々な女と遊んでばかりいるそんなヘンリー(アメチー)に対して、父(ルイス・カルハーンや母(スプリング・バイイントン)はそんな、女遊び好きのヘンリー(アメチー)が心配だ
 ヘンリー(アメチー)はある日、本屋でマーサー(ジーン・ティアニー)と出会い、ヘンリー(アメチー)は彼女に一目惚れしかし、彼女には既にフィアンセがいた

 ある日、従兄弟の勉強熱心で堅物のアルバート(アンリ・ジョスリン)がやって来た
 彼はもう直ぐ結婚するということを報告にやってくるが、その結婚相手はなんとマーサー(ティアニー)だったしかし、ヘンリー(アメチー)は祖父のヒューゴ(チャールズ・コバーンと一緒に計略と立て、ヘンリー(アメチー)はマーサー(ティアニー)を連れ出し、ヘンリー(アメチー)とマーサー(ティアニー)が結婚する事になった
 2人は子供も出来て幸せに暮らしていたが、ヘンリー(アメチー)の女好きは治らなかった結婚10年目にしてヘンリー(アメチー)の浮気がばれてしまい、マーサー(ティアニー)は実家へ帰ってしまうしかし、祖父のヒューゴ(コバーン)は、孫のヘンリー(アメチー)の事が大好きみたいで、ヒューゴ(コバーン)とヘンリー(アメチー)は彼女の帰ってしまった実家へ行き、再び説得してマーサー(ティアニー)を連れ出すことに成功する
 2人は結婚25周年を迎え、マーサー(ティアニー)が死ぬまで幸せな結婚生活は続いたしかし、ヘンリー(アメチー)は彼女が死んでから寂しさを紛らわすため、老齢に差し掛かっているのにも関わらず、女遊びが始まったしかも、その女遊びを息子に注意される始末
 そのヘンリー(アメチー)の人生を聞いた閻魔大王(クリーガー)の判断は果たしてヘンリー(アメチー)はやっぱり、地獄行きかなそれにしても、マーサー(ティアニー)は、ヘンリー(アメチー)のことが死んでも好きだったんだね結末は映画を観てください
 この映画も面白いねアメリカ映画の1940年代から1950年代にかけてのコメディーは面白いしかし、このような面白いコメディーを作ったのも限られた監督(エルンスト・ルビッチ、ビリー・ワイルダー、ハワード・ホークスなど)だけかもしれないけれどね
 エルンスト・ルビッチのコメディーは面白いし、うまいと思わせてくれるね今の監督でコメディー映画を作らせても、うまいと思わせる監督はなかなかいないね
 ぜひエルンスト・ルビッチ作品を今回紹介した天国は待っているだけでなく、他の作品も観てください僕のお勧めは生きるべきか、死ぬべきかです
 しかし、僕の人生はこのままでは地獄行きこれからは、自らの人生を反省して天国に行けるようにこれからの人生を歩みたいですね

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ゴスフォード・パーク(2001) 人間関係のわかりにくい群集劇、しかもミステリー映画

2009年01月20日 | 映画(か行)
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村 映画ブログ
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします

 グランド・ホテルという群集劇の名作がある。その時は当時の大スターを集めたみたいだ今回のゴスフォード・パークの監督であるロバート・アルトマンだが、彼は群集劇の名人と言えるだろう
 例えばショート・カッツという名作(?)が彼にはあるが、あの映画はマシュー・モディンや、ロバート・ダウニー・Jrなど、スターがたくさん出ていたが、今回の作品は目立ったスターが出演していなかったので、出演者を把握するのに1回観ただけではわからないねせいぜい知っているのはエミリー・ワトソンぐらいだったねしかし、この映画は本当にビックリするぐらいの多数の人物が出てくるね
 特にロバート・アルトマン監督も、今回の作品において登場人物を深く掘り下げることをしていないだけに、顔と登場人物が把握する事は僕には出来ないしかも、誰と誰が親戚で、しかも姉妹で、誰が誰の召使いかわからないねそこまでわかろうとすれば、この映画を続けて5回ぐらい観ないと駄目だね
 しかしストーリーは案外シンプルそれではゴスフォード・パークを紹介します

ゴスフォード・パーク [DVD]

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


 舞台は1932年のイギリスで、もはや貴族社会が廃れつつあったイギリスの田舎にサー・ウィリアム(マイケル・ガンボン(画像下))の主催で、彼の妻のシルヴィア夫人(クリスティン・スコット・トーマス)の主催で、ゴスフォード・パークでパーティーが開催されるが、映画監督、映画俳優、そして貴族たち、その貴族達の使用人などたくさんの人々がやって来る

 ゴスフォード・パークの上の部屋では華やかな貴族たちのお客様がいるが、下の階ではこのゴスフォード・パークでの召使い達の描写が、対照的に描かれている特に下の階での召使いたちの話は上の階にいる貴族達のゴシップネタが飛び交う僕の会社でも、上司達の悪口を陰で言っているのと同じだね
 そんな中にトレンサム伯爵夫人(マギー・スミス(画像下右))とその付き人であるメアリー(ケリー・マクドナルド(画像下左))も、ゴスフォード・パークのパーティーに参加している特にメアリー(マクドナルド)は、このような貴族達の集まりに慣れてなくて困っているが、そんな彼女に屋敷の使用人のメイド頭であるエルシー(エミリー・ワトソン)は、メアリー(マクドナルド)に親しく接する

 このパーティーの目的は、鷹ハンティング男たちはみんなハンティングに出かけるが、そこでサー・ウィリアム(ガンボン)が撃たれそうになる事件が起きる
 そして、貴族達の人間関係や、貴族と召使いたちの間の人間関係もどうやらおかしくなってきた
 そして、ついに晩餐の席において、サー・ウィリアム(ガンボン)が自室で殺害される事件が発生容疑者はこのパーティーに居る全員
 刑事が二人やって来るが、どうもこの刑事(偉いさんの方)は馬鹿で捜査がなかなか進展しない結局、このゴスフォード・パークから全員帰ることになってしまうが、メアリー(マクドナルド)だけは、この殺人事件の核心に迫っていた

 僕が知らない人ばかり出演していたが、殆どがイギリスを代表する演劇界の有名人みたいだしかし、これだけの多人数をうまく使うロバート・アルトマン監督の力量は凄いね実は僕は彼の映画で、ザ・プレイヤーという映画が大好きそれ以来、彼の作品は注目しているけれど、彼の映画は面白いねプレタポルテという華やかなファッション業界を皮肉った作品があるけれど、確かにファッション業界を痛烈に皮肉ったあのラストシーンは最高のブラックユーモア今回紹介したゴスフォード・パークだけれど、確かに人物がややこしいので観ていて難しいと感じるかもしれませんが、逆にこういう群集劇があるんだということを知ってもらうためにも観て欲しいですねもしかしたら、面白いと思うかもしれないですよ

にほんブログ村 映画ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします




                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ




 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

 

 
コメント (3)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

競馬 日経新春杯反省  もう少し僕の本命馬には踏ん張って欲しかったね(悲)

2009年01月20日 | 競馬予想結果
にほんブログ村 競馬ブログへ
人気blogランキングへ

 無事にテイエムプリキュアが、走ってくれたら良いなあと思ってたら、勝っちゃったねそれにしても、平均ペースの逃げが嵌ったこの馬は気分良く走れば良いレースを魅せるからねしかし、このレースを勝った荻野琢磨ジョッキー(画像下)だけれど、見事なペース配分だったね

 まだ20歳の若武者去年の愛知杯でも、若い宮崎ジョッキーが勝ったし、三浦皇生など、若手のジョッキーが頑張っている
 正直武豊に衰えが見られるし、若いジョッキーには実は大変な競馬の世界だけれど、頑張って欲しいね
 それにしてもテイエムプリキュアが今回のレースを勝ったことによって、有終の美を飾ったはずが、なんと引退を白紙にしてしまった
 僕の意見では絶対に引退するべき本当に長い間走ったからね早く繁殖にあげて良い子供を産んで欲しいね

 2着にはナムラマースが、後方から追い込んできたねそれにしても、阪神や京都では良いレースをするけれど、関東圏でのレースでは頼りないねでも、この馬は故障が多かったけれど、復活したと言って良いね今後も楽しめる馬だと思うけれど、この馬は展開に左右されるタイプなだけに、本命には挙げづらい馬だと思う今回はアドマイヤモナークが動いたのを見てから、この馬も動いたけれど、そのアドマイヤモナークに先着した事は評価できる関西圏でのレースなら今後も楽しみだね

 3着のタガノエルシコだけれど、条件級からの挑戦だったけれど重賞レベルでも戦えることを証明したと思う2着のナムラマースよりも、この馬の方が今後楽しみが大きいと思うねまだ4歳になったばかりだからねまだ強くなる可能性は充分にあるだろう本当にこれから楽しみな馬恐らく今後重賞を勝つ馬だと思うその時に本命馬に挙げて馬券をゲットしたいね

 4着のホワイトピルグリムだけれど、4コーナーでは2着はあるかと思ったけれどねこの馬が2着に踏ん張ってくれれば、良い感じで馬券ゲットだったのになドリームフライトを軽々交わしたから、2着はあるかと思ったけれど、2、3着馬の末脚が鋭かったねこの馬は平坦向きだと思うけれど、ただ京都の外回りコースはチョッと直線が長いかもしれないそれと、雨の影響を受けている馬場も秋山ジョッキーが言うには、あんまり良くなかったみたいだねでも、この馬もまだ4歳だからね今後に期待を持たせる内容だったね

 5着にはアドマイヤモナークが大外から突っ込んできたけれど、内が伸びる馬場だからねどうしても、外を回らざるを得ないこの馬にとっては不運だったね有馬記念2着馬として、納得のいかない人も居るかもしれないけれど良く走ったと僕は思う今年も長距離重賞戦線で楽しみな馬だね

 他に気になった馬として一番人気の支持を集めたヒカルカザブエだけれど、チョッと人気しすぎだね4連勝と勢いに乗っての重賞チャレンジだったけれど、1番人気は可哀想な気がした4連勝の競馬の内容がそれほどインパクトのある勝ち方では無かったからねそれと、もう少し前の位置取りが欲しかったねしかも、内枠がこたえたかな本当はもっと早く追撃したい所だったと思うけれど、動けない位置に入ってしまったでも、重賞の壁は厚いねでも、これからの馬だと思うまだ完成された馬ではないから、今後に期待しましょう

今年の成績
 的中率 6戦 0勝6敗 0.0パーセント
 回収率 40,800円使用 回収0円 0パーセント





                  
 あなたの大事な人に何かプレゼントしたいなと思う人はとりあえずクリックしてください
 何かいいものが見つかるかもしれませんよ



 この機会に上のバナーから、本やCDまたは見たいDVDが見つかるかもしれません。是非上のバナーを押して見たい本やDVD、またはCDを探してみてください

にほんブログ村 競馬ブログへ

人気blogランキングへ    
     
 人気ブログランキングに参加しております。どうかクリックお願いします。

 今週は馬券的中の自信はあったんだけれどね(いつも、自信はあるけれど)それにしても結果がともなわないチョッと今年に入って6連敗今週は平安SアメリカJCCがある
 平安Sは、フェブラリーS(GⅠ)につながるレースだし、アメリカJCCは、頭数は少なそうだけれど何だか強いのか弱いのか、わからない馬たちのレース
 今週は的中させたいね

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加