ザ・競馬予想(儲かるかも?)

競馬予想(三連単予想)をします(主に重賞)。しかし、最近は映画の記事が多いかな?

映画 自転車泥棒(1948) 戦後イタリアの不況のどん底を描く

2017年06月17日 | 映画(さ行)
 日本と同じく第二次世界大戦の敗戦国であるイタリア。その後における両国の目覚ましい経済発展、やがて訪れる不況の波。何となく現在に至るまで同じような歩みを感じるのは俺だけか。
 戦後の不況のどん底状態のイタリア社会を描いた映画が今回紹介する自転車泥棒ネオリアリズモを代表する名作だ。

 冒頭から職を求めて職業安定所に殺到する人の多さにもびっくりするが、自転車の多さにもびっくりする映画だ。
 今や歩いて5分ぐらいしか掛からないようなコンビニへ行くのにも車を使っている俺。よく考えたら自転車って30年近くも乗っていないことに気がついた。しかし、本作に描かれている戦後の間もないイタリア社会は自転車があるか、ないかは大きな死活問題の状況。盗まれた自転車を必死の思いで探し続ける父と少年の姿に泣けてきた。

 さて、こんな貧困の時代が日本にもあったんだと感じさせるストーリーの紹介をしよう。
 数年間仕事に就けなかったアントニオ(ランベルド・マジョラーニ)は、ようやく役所のポスター貼りの仕事を得ることができた。しかし、そのためには自転車があることが条件。ところが生活苦を続けていたアントニオは自転車を質に入れていた。彼は女房と相談してベッドのシーツを数枚を質に入れて、自転車をとり戻す。
 仕事初日、ポスター貼りの仕事をしていたアントニオだったが、一瞬のスキをつかれて、自転車を盗まれる。自転車を買う金もないアントニオは、息子のブルーノ(エンツォ・スタヨーラ)を連れて、自転車を探し回り、ついに犯人らしき男を見つけ、問い詰めるのだが・・・

 この世の中、必ずしも正義が勝つとは限りない不条理な世界。真面目にやっても報われないどころか、なぜか次々と災難が自分の身に降りかかる時がある。しかし、そんな時にこそ自分の真価が試される。
 本作のお父さんがまさにソレ!残念ながらこのお父さんは誤った方向に導かれてしまう。しかし、人間なんて100%心が清い人なんかいない。俺なんかいつもニコニコ、どこからどう見ても善い人にしか見えないが、実はけっこう腹黒い。
 そして、このお父さんのある行動を完全な悪人として批判できる奴がいるのか?だいたい自分を良い様に見せている奴の方がもっと信用がならない。

 そして観ている最中は「あ~、これはロクな結果にならないな~」と何となく感じる。しかし、どこにでも神様って居るんだよな~と思わせてくれるラストシーンに心が洗われる。このお父さんの場合は息子が神様だ。
 決してハッピーエンドではないが、暗闇の中にも小さな希望の灯が薄っすらと光る映画。どんな辛いことがあっても、わずかな希望を持ってさえいれば生きていける!そんな気分になれる映画として、今回は自転車泥棒をお勧め映画として挙げておこう

自転車泥棒 [DVD]
ランベルト・マジョラーニ,エンツォ・スタヨーラ
ファーストトレーディング


 監督はイタリアを代表する名匠ヴィットリオ・デ・シーカ。多くの名作を遺したイタリアのみならず彼の映画は日本を含め、世界中に愛されている。
 モンゴメリー・クリフト、ジェニファー・ジョーンズ競演の終着駅、マルチェロ・マストラヤンニ、ソフィア・ローレン競演のひまわりがお勧めです。





 
 






 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 外人部隊(1933) ラ... | トップ | 映画 太陽がいっぱい(1960... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (アスカパパ)
2010-08-29 11:29:35
ディープインパクトさんの、この映画に対する愛の心のようなものが伝わってきました。
当時の日本を知る私も、それとよく似たイタリアを描いた本作品に、共感を覚えました。

ただ、
>しかしこのような映画をどうして日本映画から生まれなかったのか本当に残念な気分です。
というディープインパクトさんのご感想ですが、
同じような内容ではないにしても、「自転車泥棒」と同じ頃の日本映画にも、当時の社会をリアルに描き、「自転車泥棒」と対等、またはそれに近接したレベルの作品はあったと思っています。
思い出すままに、
1948年「酔いどれ天使」黒澤明監督
1948年「手をつなぐ子等」稲垣浩監督
1948年「蜂の巣の子供たち」清水宏監督
1949年「野良犬」黒澤明監督
1949年「忘れられた子等」稲垣浩監督
1950年「また逢う日まで」今井正監督
などが浮かびます。
もちろん、価値観の違いで評価が変わるのが映画ですから、決して私の主張に同意を求めているものではありません。その点、よろしくご了承のほどお願い致します。
アスカパパさんへ (ディープインパクト)
2010-08-30 18:59:32
 こんにちは。黒澤明監督の「酔いどれ天使」「野良犬」は観ています。確かにこの両作品とも日本の戦後を描いた名作だと思います。
 考えてみれば私はあんまり日本映画を観ていないので日本映画のことを語る資格が無かったです。しかし、稲垣浩監督という人の映画は観たことが無いです。彼の映画を観たいと思いました。
 アドバイスありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
自転車泥棒 (アスカ・スタジオ)
イタリア、ドイツ、日本は三国同盟を結び、第2次世界大戦を共に戦って破れた。国や破れて山河ありとはいえ、イタリアの戦後がこんなに日本と良く似ているとは・・。当時の私の年齢はブルーノ少年(エンツオ・スタヨーラ)とあまり差はない。だから貧しい母子家庭で育った私...