自然発見・自然遊び

自然の中で感動を発見し、自然観察の目を高め、自然遊びに生かす。

富士山麓の帰化植物:西臼塚の葉入り口にはしっかりとヒメジュオンが伸びています。

2017-05-14 19:01:38 | 西臼塚の植物
しかし、森の中に入るとまったくといいほど帰化植物が見られません。しかし、かな入ったブナの木の根元に帰化植物と思われるツボミオオバコが生えているのです。どうなっているんでしょうかね!
帰化植物あ入り込んでいないのですが、在来種のオオバコは、入り込んでいます。靴に種がくっついて運ばれたのです。最近、街中ではツボミオオバコと言う帰化植物がはびこっています。オオバコのように靴にくっついて運ばれるので、他の帰化植物が入り込めなくてもツボミオオバコは入り込めるのでしょうか?興味ある様子です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山麓の帰化植物:ブナの... | トップ | 富士山麓の帰化植物:西臼塚... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。