コンサルティングは自転車に乗って⇒企業年金総合プランナーのブログです。

企業年金・退職金制度全般に関するご相談を行っています。
お気軽にご連絡下さい。

中小企業の退職金制度に『個人型DCへの小規模事業主掛金納付制度』を薦める理由

2017-06-20 10:33:46 | 確定拠出年金・個人型

従業員100人以下の中小企業で、個人型DCに加入する従業員の拠出に追加して、
事業主拠出を可能とする『個人型DCへの小規模事業主掛金納付制度』が始まります。

いつからかと言うと、「確定拠出年金法等の一部を改正する法律」の公布日から
2年を超えない範囲で政令で定める日からとなっています。

190 回通常国会において平成 28 年5月 24 日に成立した改正DC法の公布日は、
6月3日です。

つまり、あと1年以内に、『個人型DCへの小規模事業主掛金納付制度』が
使えるようになります。

前置きが長くなりましたが、この制度は、ぜひ従業員100名以下の企業で
使ってほしいと思います。

税制適格退職年金や厚生年金基金は、国と金融機関に任せておいて
事業主も従業員も大変な目にあいましたが、『個人型DCへの小規模
事業主掛金納付制度』は、そのような心配はいらない制度です。

毎月の掛金と運用益(損)は、従業員の退職金として守られたお金です。

事業主は、多少の事務手間はかかりますが、毎月の掛金を払えばいいので、
従業員に払う退職金を工面する苦労をしなくて済みます。

退職金制度は、一度作ると、従業員に約束したお金になります。
それは、中小企業にとって往々にしてリスクとなることがあります。

『個人型DCへの小規模事業主掛金納付制度』は、そのようなリスクを
取らなくていいい退職金制度です。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iDeCo(確定拠出年金・個人型... | トップ | グレーな退職金制度 »

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。